「IIJmio(みおふぉん)」の料金プランなど特徴を徹底解説!


毎月のスマホ料金をグッと安くできる…!ということで、今、利用者がどんどん増えているサービス、それが格安SIMです。

IIJmioライフでは、人気の格安SIM「IIJmio」の特徴を徹底解説しているので、格安SIMへの乗り換えを検討しているって方は、ぜひいろんな記事を読んでいっていただければと思います。

\開催中のキャンペーン情報はこちら/

IIJmioの概要

読み方は「アイアイジェイミオ」、通話SIMについては「みおふぉん」とも呼ばれています。

提供している会社は「IIJ(インターネットイニシアティブ)」という上場企業、格安SIMの先駆け的な存在で、まさに格安SIMの老舗中の老舗になるんですよね。

長年にわたって安定した通信品質を提供し続けているという実績から、最も信頼性の高い格安SIMといっても過言ではないのが、IIJmioです。

IIJの光サービスを利用中の方は特典あり

ちなみに、IIJは格安SIMだけでなく光回線サービスも提供しています。

そして、「mio割」という、光回線とのセット割があって、IIJひかりなどIIJの光回線サービスを利用している方は月額料金が割引されるんですよね。

どれくらい割引されるのか?というと、『月600円割引』です。

格安SIMの月額料金からみたら、けっこう大きな割引なので、IIJの光回線サービスを利用中の方で、格安SIMをお探しの方は、IIJmio一択…!というぐらいおすすめになります。

IIJmioはドコモ回線とau回線

IIJmioの回線については、ドコモ回線とau回線を利用しています。

なので、ドコモやauと同じ通話品質・通信エリアで利用することができますし、ドコモやauから乗り換える場合は、基本的に現在使ってるスマホをそのままIIJmioでも利用することができます。

念のため、事前に公式サイトにて対応端末はチェックしておいてくださいね。

2017年7月以前に販売されたauのVoLTE対応端末をそのままIIJmioで使う場合においてはSIMロック解除する必要があります。また、ソフトバンクのスマホについてはSIMロック解除したiPhoneならIIJmioで使えます。

IIJmioの料金プラン

IIJmioの料金プランは大きく分けて以下の4種類あります。

↓クリック or タップで該当の項目に移動します。
普通の料金プラン(タイプD/タイプA)
ケータイプラン(タイプD/タイプA)
eSIM/ベータ版(タイプD限定)
エコプラン(タイプA限定)

タイプDはドコモ回線、タイプAはau回線のことです。

●タイプDとタイプAの違いは?
タイプが違うと何が違うの?というと、一番わかりやすく、かつ必ず覚えておきたいのは、「タイプによって使える端末が違う」ということです。

もちろん、どっちのタイプでも使える端末も多いですが

・SIMロック解除が必要な場合あり
・どっちかの回線でしか使えない端末あり

上記に該当する端末もあるので、『IIJmioを契約したけど、端末が使えない…』ってことにだけはならないようにご注意くださいね。

その他、利用スタイルによって影響がありそうな細かい違いについては以下です。

■その他、タイプDとタイプAの主な違い

・タイプAはSMS機能なしのデータSIMの提供がない
・SMS機能ありのデータSIMはタイプAのほうが安い
・3日制限が違う(タイプDは3日で366MBを低速通信で消費すると通信制限にかかるが、タイプAは低速/高速通信に関係なく3日で6GBを消費すると通信制限にかかる)

では、IIJmioの料金プラン4つについて紹介していきますね。

普通の料金プラン

これは格安SIMとしてよくあるプランで、特にこれといったこだわりがなければ最もおすすめのプランになります。(名称はないので、当サイトでは「普通の料金プラン」と表記しています。)

IIJmioでは、「3GB/6GB/12GB」の中から必要に応じてデータ容量を選ぶことができ、それぞれのデータ容量に対してはプラン名が付けられています。

・3GB → ミニマムスタートプラン
・6GB → ライトスタートプラン
・12GB → ファミリーシェアプラン

タイプごとの料金については以下になります。

▼IIJmioのタイプDの月額料金

データ容量 月額料金
データSIM(SMS無) データSIM(SMS有) 通話SIM
3GB 900円 1,040円 1,600円
6GB 1,520円 1,660円 2,200円
12GB 2,560円 2,700円 3,260円

▼IIJmioのタイプAの月額料金

データ容量 月額料金
データSIM(SMS無) データSIM(SMS有) 通話SIM
3GB 900円 1,600円
6GB 1,520円 2,200円
12GB 2,560円 3,260円

●大容量オプションでデータ容量を増やすことも可能
ちなみに、もうちょっとデータ容量が必要…!ってときは、オプションでデータ容量を増やすことも可能です。

増やせるデータ容量とオプション代は以下です。

・月20GB増やす → +月3,100円
・月30GB増やす → +月5,000円

「3GB/6GB/12GB」どのプランでも大容量オプションをつけることができるんですが、大容量となるとやはりいいお値段になってきますね。

ケータイプラン

ケータイプランは、通話とSMSだけできるプランになります。

データ通信は一切不可、高速通信だけでなく低速通信も利用できませんが、その分、月額料金が安くなっているので、用途が通話/SMSだけって方におすすめのプランです。

▼ケータイプランの月額料金(タイプA/D共通)

データ容量 月額料金
データSIM(SMS無) データSIM(SMS有) 通話SIM
920円

「データ容量なし」ということ以外に、普通のプランの通話SIMと特に大きな違いはありません。MNP転入もできますし、かけ放題や留守電といった通話オプションもつけることができます。

●データ容量が必要になったときは?
通話機能だけでよかったけど、やっぱりデータ容量が必要に…!ってなる可能性も0じゃないと思うんですよね。

そんなときどうすれば?というと方法は以下の2つあります。

・データ容量を追加購入する
・普通のプランへプラン変更する

なお、IIJmioに限った話じゃないんですが、追加購入するデータ容量の料金って高めに設定されています。IIJmioの場合は、100MBで200円です。1GBに換算すると2,000円、1GB追加購入するだけで、6GBのデータSIMプラン(月1,520円)より高くなるんですよね。

なので、単発ならともかく、継続的にデータ容量を購入している…といった状態になってしまったら、普通に料金プランに変更するようにしましょう。そのほうが間違いなくお得です。

eSIM/ベータ版(ドコモ回線限定)

eSIMは、物理SIMを必要としないプランで、6GBのデータSIM(SMSなし)のみ提供しています。

▼eSIMの月額料金

データ容量 月額料金
データSIM(SMS無) データSIM(SMS有) 通話SIM
6GB 1,520円

また、eSIMが利用できるのは一部端末だけとなります。

エコプラン(au回線限定)

IIJmioでは余ったデータ容量は翌月に繰り越しされます。

しかし、繰り越しされない代わりに、余ったデータ容量に応じて料金が割引されるというau回線限定のプランがあるんですよね。それが『エコプラン』です。

「3GBと7GB」からデータ容量を選べるようになっていて、エコプランにおいてもそれぞれのデータ容量に名前が付けられています。

・3GB → エコプランミニマム
・7GB → エコプランスタンダード
エコプランは、IIJmioのタイプAがベースとなってるんですが、上で紹介しているプランとは別物と思ってもらったほうがいいかもです。現に、エコプランからその他プランに変更できません。(エコプラン内でのデータ容量の変更はできます)

▼エコプランの月額料金

データ容量 月額料金
データSIM(SMS無) データSIM(SMS有) 通話SIM
3GB 900円 1,600円
7GB 1,700円 2,400円

ここからひと月に余ったデータ容量に応じて割引されます。

●エコプランの割引額
0.5GB余るごとに100円引きになります

但し、3GBプランなら2GB以上余るとそれ以降の余りに対しては100円引き、7GBプランなら6GB以上余るとそれ以降の余りに対しては100円引きになります。最後の1GBだけ0.5GBで100円引きじゃなくて、1GBで100円引きになるということです。

で、それぞれのデータ容量の最大の割引額は?というと以下です。

・3GB → 400円割引
・7GB → 1,200円割引

つまり、もしIIJmioのエコプランを契約してほとんどデータ容量を消費しなければ、3GBでも7GBでも最安値(データSIMなら500円、通話SIMなら1,200円)で使えるということです。

ちなみに、IIJmioのエコプランがおすすめなのはどんな方なのか?というと

・毎月の消費するデータ容量にムラがある
・その都度データ容量を自分で変更するのも面倒

上記に該当する方に、自動で料金を調整してくれるエコプランは特におすすめになります。

IIJmioの通話料

IIJmioの通話料は『30秒で20円』です。(大手キャリアや他社格安SIMと同じ。)

この通話料を抑えるため、IIJmioは、他社格安SIMと同じように「通話料が半額になる通話アプリ」や「かけ放題オプション」を提供しているんですが、IIJmioの場合、家族間通話だとこれらがさらにパワーアップするんですよね。

以下、それぞれの詳細とともにわかりやすく解説していきます。

IIJmioの通話料が半額になる通話アプリ「みおふぉんダイヤル」の詳細

みおふぉんダイヤルとはIIJmioユーザー専用の通話アプリです。

IIJmioの通話SIMを契約している方なら申し込み不要、かつ無料で利用できるアプリで、みおふぉんダイヤルで発信するだけで通話料が半額の『30秒で10円』になります。

いわゆる、利用しないと損!とも言える通話アプリですね。

■みおふぉんダイヤルのダウンロードページ
⇒ みおふぉんダイヤル(iPhone版)
⇒ みおふぉんダイヤル(Android版)

ちなみに、みおふぉんダイヤルは、電話回線を利用しているので通話品質も良く、相手にも電話番号がそのまま通知されます。また、アプリをインストールすると連絡先も自動で同期されるので、連絡先を再登録する手間もないのですぐ使えるようになります。

●家族間だと通話料がさらに20%OFF!
そして、IIJmioには「ファミリー通話割引」というものがあって、同一のmioID間だと通話料が自動で20%OFFになるんですよね。

みおふぉんダイヤルと併用可能なので、30秒で10円の通話料が20%OFF、つまり『30秒で8円』になります。元の『30秒で20円』という通話料から見たら、60%OFFというかなり安い通話料で家族間通話が楽しめるというわけです。

●同一のmioIDって?
IIJmioを契約するとmioIDを作成することになります。ただ、新規で個別にIIJmioを契約するとmioIDも別になってしまうんですよね。

じゃ、どうやったら同一のmioIDになるのか?というと、1つのmioIDにSIMカードを追加したらいいだけです。例えば、家族でIIJmioを使う場合に夫のmioIDで全て統一したい!ってときは、夫のmioIDでログインしてから家族用のSIMカードを申し込めばOKということです。

●みおふぉんダイヤルを利用するうえで知っておきたいこと
それは『発信できない連絡先がある』ということです。

・フリーダイヤル
・ナビダイヤル
・110番などの3桁番号

上記には「みおふぉんダイヤル」で発信できないということを覚えておいてくださいね。特に110番や119番など緊急時には使えないのでご注意ください。

IIJmioのかけ放題オプションの詳細

続いて、IIJmioのかけ放題についてです。

IIJmioでは、かけ放題オプションのことを「通話定額オプション」と呼んでいますが、わかりやすいように(かけ放題≠通話定額の格安SIMもあるため)、当サイトではかけ放題オプションの名称に統一して紹介しています。

IIJmioのかけ放題オプションには、「3分かけ放題」と「10分かけ放題」の2種類あります。

それぞれの内容と料金は以下です。

[3分かけ放題]
・1回の通話時間が3分以内の国内通話がかけ放題
・月600円

[10分かけ放題]
・1回の通話時間が10分以内の国内通話がかけ放題
・月830円

かけ放題オプションに申し込み後、みおふぉんダイヤルで発信した通話に対して適用されるという仕組みなので、3分もしくは10分を超えた通話料は『30秒で10円』になります。

●かけ放題オプションのファミリー向け特典
上のほうで紹介した『ファミリー通話割引』と同じように、同一のmioID間の通話だと、かけ放題オプションがパワーアップします。当然ながらオプション代は変わりませんよ。

[3分かけ放題(同一のeoID間の場合)]
同一のeoID間だと3分が10分に、つまり「10分かけ放題」になります。

10分超過後の通話料は、ファミリー通話割引が適用されたときと一緒で『30秒で8円』です。

[10分かけ放題(同一のeoID間の場合)]
10分かけ放題の場合は、同一のeoID間だと「30分かけ放題」になります。

30分超過後の通話料は、上に同じく『30秒で8円』です。

IIJmioのデータシェア

IIJmioは、1つのプランにSIMカードを追加することによって、追加したSIMカードとのデータシェアが可能になります

例えば、主たる契約が3GBプランだった場合、1枚SIMカードを追加したら合計2枚のSIMカードで3GBを共有して消費することになるということです。

追加できるSIMカードの最大枚数

で、こういうタイプのデータシェアサービスを提供している格安SIMは、追加できるSIMカードの上限が3枚とか5枚とかがほとんどなんですが、IIJmioでは契約しているプランによっては、最大10枚のSIMカードでデータシェアできるようになっているんですよね。

以下、プランごとのSIMカードの上限枚数です。

・3GB/6GBプラン → 2枚
・12GBプラン → 10枚(但し、通話SIMは5枚まで)
・エコプラン → 3枚

12GBプランなら、家族まとめて乗り換えたい、かつ、スマホ用だけでなくタブレット用など、1人につき必要なSIMカードが多い…!といった状況のデータシェアにも対応できるというわけです。

追加するSIMカードの料金

SIMカードを追加するたびに、初期費用として1枚につき以下の料金がかかります。

■追加SIMの初期費用
・SIMカード追加手数料 → 2,000円/枚
   +
・SIMカード発行手数料 → ドコモ回線は394円/枚、au回線は406円/枚

そして、追加するSIMカードの種別/枚数によって、主たる契約の月額料金に、以下の料金が毎月プラスされることになります。

■SIMカードの種別にかかわらず毎月プラスされる料金
・追加SIM利用料 → 月400円/枚(12GBプランの場合、追加SIM2枚まで0円)
   +
■SIMカードの種別によってさらに毎月プラスされる料金
・データSIM(SMS無) → 0円
・データSIM(SMS有) → ドコモ回線は月140円/枚、au回線は0円
・通話SIM → 月700円/枚

ちなみに、この料金は個別に契約するよりお得なのか?というとケースバイケースなんですよね。

一例を書くと、2人、月3GBの通話SIMが必要な方がいるとしたら

▼3GBプランを個別に契約した場合の月額料金
1,600円×2=『月3,200円』

▼6GBプランに1枚SIMカードを追加してシェアする場合の月額料金
2,200円+(400円+700円)=『月3,300円』

1人あたりの使えるデータ容量は3GBと同じなんですが、月額料金が1つのプランにSIMカードを追加したほうが高くなります。

もちろん、これは3GBの通話SIMの話というだけで、必要なデータ容量、はたまたSIMカードの枚数/種別によっては、お得になるのが逆になることもあります。

IIJmioの複数回線契約

IIJmioを複数回線契約する際は、料金やデータシェア可/不可の他にも考慮するポイントがあるので、詳しく書いていきますね。

IIJmioの複数回線契約する方法は、個別に契約するか1つのプランにSIMカードを追加するかだけでなく、mioIDも絡んでくるので、方法は以下の3通りになります。

・1つのプランにSIMカードを追加する(同一のmioID)
・別のプランを新たに契約する(同一のmioID)
・別のプランを新たに契約する(別のmioID)
一番上の『1つのプランにSIMカードを追加する(同一のmioID)』というのが、上で紹介したIIJmioのデータシェアに該当します。なので、他の2つの方法でSIMカードを追加してもデータシェアできません。

mioIDは、IIJmioを契約する際に必ず取得することになるIDです。

このmioIDが主たる契約と追加したSIMカードとで、「同一」か「別」かというのが、IIJmioを複数回線契約する際、料金以外におけるかなり重要なポイントなんですよね。

それぞれの特徴を紹介していきます。

同一のmioIDにSIMカードを追加する

主な特徴としては以下です。

・支払いが主たる契約者にまとめられる
・SIMカードの名義がすべて主たる契約者名義になる

つまり、SIMごとに支払いを分けることはできませんし、MNP転入する際においては名義を契約者名義に統一する必要があるということです。

●2つの追加方法
[1つのプランに追加する]
1つのプランにSIMカードを追加したい!ってときは、会員専用ページの「SIMカードの追加」という項目から申し込めばOKです。

[別のプランを新たに契約する]
同一のmioIDで別のプランを新たに契約する場合は、IIJmioの公式サイトから申し込む際、最初にログイン画面が表示されるので、すでにIIJmioを契約済みのmioIDでログイン後、普通に申し込みを進めていけば大丈夫です。

●同一のmioIDでIIJmioを利用すると受けられる特典
[通話料が安くなる]
ファミリー通話割引」が適用され、同一のmioID間の通話料が20%OFFになります。また、かけ放題オプションも「ファミリー向け特典」が適用され、同一mioID間ならグッとお得になります。

[あとからプランをまとめることができる]
別のプランを契約したけど、やっぱりデータシェアしたいから1つのプランに追加したほうがよかったかな…?ってとき、同一のmioIDなら、あとからプランをまとめることが可能です。

[追加手数料なしで追加できる(一部のケース)]
12GBプラン、かつ新規申し込みと同時にSIMカードを追加する場合、そして追加SIM2枚までなら、追加手数料「2,000円」なしで、SIMカードを追加することができます。

別のmioIDにSIMカードを追加する

これについては、IIJmioを普通に新規契約するときと同じなので、特筆すべき特徴はありません。言い換えると、同一のmioIDにSIMカードを追加する場合と比べたら、ちょっと魅力が劣るとも言えますね。(そもそもmioIDの取得は1人1つまでです。)

では、別のmioIDでのSIMカード追加には需要はないのか?というと、答えは『否!』です。

・支払いを分けたい方
・名義を別にしたい方

上記に該当する方、もしくは将来該当しそうな方は、後々の面倒がなくなるので、別のmioIDでSIMカードを追加するのがおすすめです。

というのは、上のほうで書いたように同一のmioIDにSIMカードを追加すると支払いを別にすることができませんし、また、IIJmioではあとから名義変更することができないからです。

参考IIJmioは名義変更できない。それによりどんな不都合が起こる?

その他、IIJmioの基礎知識

IIJmioの初期費用や支払い方法といったその他、基礎知識は別途個別に解説しているので、気になる記事があればご覧いただければと思います。

■初期費用
参考IIJmioの初期費用を解説。初月は日割り?いくらになる?

■支払い方法
参考IIJmioの支払い方法を紹介。デビットカードや口座振替は使える?

■最低利用期間
参考IIJmioの解約方法は?最低利用期間や解約違約金はどんな感じ?

IIJmioのデメリット

IIJmioはみんなにおすすめ!と言いたいところですが、そうではありません。

大手キャリアよりグッとスマホ代が安くなる分、デメリットが存在するんですよね。

言い換えると、デメリットを許容できる方ならIIJmioがおすすめ!ということです。

以下、IIJmioのデメリットをまとめて紹介していきますので、安くなるスマホ代とデメリットを天秤にかけて、契約するかどうか判断してくださいね。(個人的には節約できるスマホ料金を考えると余裕で許容できる範囲内ですが、人によっては不都合に感じるかもです。)

キャリアメールが使えない

IIJmioに乗り換えたら、当然ながら「~@docomo.ne.jp」「~@ezweb.ne.jp」「~@softbank.ne.jp」といったキャリアメールが使えなくなります。

メッセージのやり取りはLINEがあれば大丈夫…!って方なら特に影響ないんですが、IIJmioでメール機能を使いたい場合は、「Gmail」や「Yahoo!メール」などのフリーメールか、IIJmioが提供しているメールサービス(有料:月300円)を利用することになります。

LINEのID検索が使えなくなる

LINEアプリの便利な機能の1つ「ID検索」、この機能を利用できるようにするには、LINEアプリで年齢認証をしないといけないんですよね。

しかし、IIJmioではLINEの年齢認証ができないので、ID検索ができなくなります。(IIJmioに限らず、基本的に格安SIMではLINEの年齢認証ができません。)

すでにLINEアプリの年齢認証済みの端末をIIJmioで使う場合は、そのままID検索が利用できます。IIJmioでLINEのID検索ができなくなるのでは、新規アカウント作成やアカウント引き継ぎなど、IIJmio契約後に年齢認証が求められたとき以降です。

ちなみに、代替の機能は?というと、「ふるふる」や「QRコード」などがあります。

混雑時に通信速度が遅くなる

混雑時、特に平日の昼時は通信速度が大幅に遅くなります。

というのは、IIJmioはじめ格安SIMは大手キャリアから必要な分だけ回線を借りてサービスを提供しているので、回線が混雑したときの影響を受けやすいんですよね。(IIJmioは格安SIMの中では速く、そして安定しているほうです。)

どれだけ通信速度が低下するのか?というと、こればっかりは場所や個々人の体感によるので一概に言えませんが、動画など多くのデータ容量を消費するコンテンツの閲覧は、昼時には避けたほうがストレスフリーで使えることは間違いないです。

もちろん、回線が混雑している時間帯以外は、大手キャリアと同じように快適にネットが使えるのでご安心くださいね。

実店舗が少ない

何かあったら、お近くの店舗へ!とはいかないのが格安SIMです。

IIJmioは、ヨドバシカメラやビックカメラなど多くの家電量販店で店舗契約できるので、格安SIMの中では店舗数が多いほうなんですが、大手キャリアに比べるとまだまだ少ないんですよね。

また、店舗があるとっても、スマホ端末の故障などには対応していません。ようは、何かあったら対面ではなく、基本的に電話やネットから相談/手続きする必要があるということです。

大手キャリア契約中、ほとんど店舗に行っていないって方なら特に影響はないかと思いますが、頻繁に大手キャリアの店舗へ行っている方は、慣れるまで少し苦労するかもしれません。

\開催中のキャンペーン情報はこちら/