イオンモバイルってどんな格安SIM?特徴をわかりやすく解説


毎月のスマホ料金を抑えることができれば…。そんな要望に応えてくれるのが格安SIMです。今、利用者がどんどん増加している人気のサービスなんですよね。

この記事では、その中の1つ『イオンモバイル』の特徴をわかりやすく解説していきます。

イオンモバイルってどんな格安SIM?

イオンが提供してる格安SIM

イオンモバイルは名前の通り、ショッピングセンターでお馴染みのイオンが提供している格安SIMです。

以前は「イオンスマホ」という名でサービスを提供していましたが、2016年2月にサービスを一新するとともに『イオンモバイル』という名称になりました。

イオンモバイルはドコモ回線とau回線


イオンモバイルはドコモ回線とau回線を使ってサービスを提供しています。なので、ドコモやauと同じ通話品質・通信エリアで利用することができます。

また、ドコモやauから乗り換える場合は、基本的に現在使ってるスマホをそのままイオンモバイルでも利用することができます。乗り換えるにあたってスマホ代がかかりませんし、面倒なデータ引き継ぎもなしということです。

念のため事前に対応端末はチェックしておいてくださいね。
→ イオンモバイル

2017年7月以前に販売されたauのVoLTE対応端末やソフトバンクの端末をそのままイオンモバイルで使うにはSIMロック解除する必要があります。

イオンモバイルの料金プラン

イオンモバイルの料金プランは以下です。大容量の50GBまで対応しています。

なお、ドコモ回線とau回線でプラン料金に違いはありませんが、データプランにSMS機能をつける場合は、ドコモ回線なら上の料金表に『プラス140円』、au回線なら無料になっています。

ちなみに、シェア音声プランとは、イオンモバイルにてデータシェアが可能になるというプランで、「ご契約即日お渡し店舗」でのみ申し込むことができます。

イオンモバイルのメリット/選ばれる理由


イオンモバイルのメリットは、なんといっても『イオンで申し込みができる』ということです。

店舗サービスが充実!

格安SIMといえばWEB申し込みが主流です。店舗申し込みができる格安SIMも多いですが、あくまで申し込みの補助的な意味合いで、新規申し込みのみサポートしているのがほとんどなんですよね。

つまり、プラン変更したい!端末が故障した!解約したい!などなど、契約後の手続きについては店舗に行っても対応していない格安SIMが多いということです。

そんな中、イオンモバイルは店舗でのアフターフォローが充実している数少ない格安SIMというわけです。契約後に何かあったら、店舗に行けば大概はなんとかなるようになってるんですよね。

なので、イオンモールが近くにある方、かつ格安SIMでも契約後の店舗サポートが必要!って方にイオンモバイルは一押しの格安SIMになります。

▼イオンモバイル公式サイト
イオンモバイル

イオンモバイルのその他メリットは?

イオンモバイルのその他のメリットは、通話SIMにも最低利用期間がないというぐらいで、他には特にこれといったものはありません。

といっても、イオンモバイルは基本的なサービスは網羅していますよ。

サービス面において、一昔前は格安SIMによってかけ放題がなかったり、データシェアできなかったりと、今では当たり前のようにあるサービスのあり/なしで、大きな差があったんですが、今はほぼ横並び状態なんですよね。

ようは、イオンモバイルを選ぶかどうかは、純粋に格安SIMを選ぶ基準として何よりも店舗サポートを重要視しているかどうかということです。

イオンモバイルのデメリットは?


続いて紹介するのはイオンモバイルのデメリットの話です。

『大手キャリアからイオンモバイルに乗り換えなければよかった』と後悔しないためにも、ぜひ読んでくださいね。

イオンモバイルはWEBでMNP転入すると不通期間が生じる

格安SIMのサービス向上により、今はMNP転入する際に不通期間がある格安SIMってほぼ0って言っていいぐらい『ない』んですよね。見つけるのが難しいぐらい。

しかし、イオンモバイルはWEB申し込みでMNP転入すると、申し込んでからSIMカードが届くまで(3日~5日程度)不通期間が生じます。店舗が強い反面、WEBでのサービスがちょっと弱いんですよね。

スマホが数日間使えなくなったらかなり不便なことになるので、イオンモバイルにMNP転入するときは店舗で手続きするようにしましょう。店舗ならもちろん即日に乗り換えが完了します。

イオンモバイルはキャリアメールが使えない

イオンモバイルに乗り換えると、大手キャリアを解約するわけなので、当然ながら「~@docomo.ne.jp」「~@ezweb.ne.jp」「~@softbank.ne.jp」といったキャリアメールが使えなくなります。

連絡手段はLINE!って方なら問題ないんですが、イオンモバイルでメール機能を使う場合は、独自のメールアドレスの提供はないので「Gmail」などのフリーメールを利用することになるんですよね。

フリーメールはPCメールです。で、キャリアメールが使えないことによって、どういう不都合が起こる可能性があるかというと以下です。

相手がキャリアメールだと迷惑メール扱いされるかも

メールを送る相手がキャリアメールだと、PCメール一括拒否などの設定によっては迷惑メール扱いされてメールが届かない場合があります。

対処法としては相手に受信許可設定してもらう必要があります。

キャリアメールでしか登録できないサービスがある

一部キャリアメールでしか登録できないサービスがあるので、そういったサービスは利用できなくなります。

これについては対処法なしで、該当サービスがキャリアメール以外で利用できるように待つぐらいしかありません。なので、キャリアメールで登録して利用している重要なサービスがある場合は、イオンモバイルに乗り換える前に、フリーメールなどで登録できるか確認するようにしましょう。

ちなみに、私の場合はキャリアメールがなくて登録できないサービスにまだ当たったことがありません。幼稚園の連絡網なんかもフリーメールで登録できて、ちゃんと配信されてきますよ。

イオンモバイルは混雑時に通信速度が遅くなる

イオンモバイルはじめ格安SIMは仕組み上、回線が混雑したときの影響を受けやすいんですよね。特にみんながネットを使う昼時は大手キャリアに比べて通信速度が大幅に低下する場合があります。

どれぐらい低下するかは場所や個人の体感にもよるので、一概には言えませんが、動画など多くのデータ通信が必要なコンテンツの閲覧は、昼時には避けたほうがストレスフリーで使えるかもしれません。

なお、回線が混雑している時間帯以外は大手キャリアと同じように快適にネットが使えるので、ご安心くださいね。

さぁイオンモバイルに乗り換えよう


以上、格安SIM「イオンモバイル」の紹介でした。イオンモバイルは、格安SIMに乗り換えてみたい!興味がある!けど契約後に何かあった場合に自分で対処できるか不安…って方に特におすすめの格安SIMになります。

▼イオンモバイル公式サイト
イオンモバイル