DMMモバイルのシェアコースを解説。最大3枚のSIMでシェアできる


DMMモバイルは1人1契約までです。複数契約できないんですよね。

なので、DMMモバイルで複数のSIMカードが必要!ってときは1つの契約にSIMカードを追加するというかたちになります。で、追加したSIMすべて(最大3枚)で1契約のデータ通信量を分け合うことになります

これが『シェアコース』です。この記事では、DMMモバイルのシェアコースについてわかりやすく解説していきますね。

\開催中のキャンペーン情報はこちら/

DMMモバイルのシェアコースのプラン料金

データSIMを追加する場合:

DMMモバイルのシェアコースは、8GB以上のプランならデータSIMを追加しても、シングルコース、いわゆるSIM1枚で使う場合とプラン料金が変わらないというのが特徴的です。

以下、シングルコースのプラン料金です。

ライトプランはシェアコース適用外なので省いています。

8GB以上のプランなら、データSIM3枚でも上のデータ通信SIMプランの料金のまま、通話SIMにデータSIMを2枚追加しても上の通話対応SIMプランのままなんですよね。

スマホとタブレット用など複数の端末でSIMが必要なとき、DMMモバイルのシェアコースを活用すれば、まさに格安で運用できます。

通話SIMを追加する場合:

なお、通話SIMを追加する場合は、上で紹介したシングルコースの通話対応SIMプランをベースとして、1枚につき『プラス月700円』されます

7GB以下でシェアコースを利用するとき知っておきたいこと

DMMモバイルのシェアコースは、最初8GB以上のプランでしか利用することができなかったんですよね。7GB以下はあとからシェアコース可能になったというわけです。なので、2点ほど知っておきたいことがあるので紹介しますね。

追加したSIM1枚につき『SIM追加料』がかかる

7GB以下のプランでシェアコースを利用する際は、プラン料金とは別にSIM追加料が『月300円』かかってきます

7GBと8GBのプラン料金の差は120円しかないので、7GBでシェアコースを利用するなら、間違いなく8GBでシェアコースを利用したほうがお得になります。

8GB以上のシェアコースを申し込んでからプラン変更しよう

なぜなのか?というと、8GB以上のシェアコースを申し込んでから7GB以下にプラン変更したほうがお得に契約できるからです。公式でもこの方法が推奨されています。

理由を詳しく

まず、DMMモバイルを申し込むときにシェアコースを選択した場合、8GB以上のプランしか選べないようになっています。

そのため、7GB以下でシェアコースを利用したい方は、シングルコースを契約して、あとからSIMを追加しそうになるんですが、ひとまず「ストップ!」です。かかる初期費用が全然違います

シェアコースを申し込んで3枚のSIMを利用するときの費用:

仮に3枚のSIMを利用するとしたら、かかってくる費用は以下です。

・新規契約手数料 → 3,000円×1
・SIMカード準備料 → 394円×3

【合計4,182円】

シングルコースを申し込んであとからSIMを追加する場合の費用:

同様に3枚のSIMを利用する場合にかかってくる費用は以下です。

■シングルコース契約時
・新規契約手数料 → 3,000円×1
・SIMカード準備料 → 394円×1

■SIMを追加するとき
・SIMカード発行手数料 → 3,000円×2
・SIMカード準備料 → 394円×2

【合計10,182円】

あとからSIMを追加するときは、SIMカード発行料(3,000円)が追加するSIMカードの枚数分かかってくるようになるので、上記のように、倍以上かかる費用が異なってきます。

家族でシェアコースを利用する際に知っておきたいこと

続いて、家族でDMMモバイルのシェアコースを利用する際に知っておきたいことについてです。請求関連とMNP関連の2つになります。

SIMごとの支払いは不可

DMMモバイルのシェアコースの料金は、契約者に一括請求となります

SIMごとの支払いは不可です。

MNP転入できるのは1回線ずつ

DMMモバイルのMNP転入できるのは1回線ずつになります。そのため、新規契約時にシェアコースを申し込んだ際は1回線しかMNP転入できません

家族3人がMNP転入してシェアコースを利用するには:

例えば、家族3人でDMMモバイルにMNP転入してシェアコースを利用したい!ってときは、1人がまずシングルコースにMNP転入します。そして、残り2人はSIMを追加すると同時に1人ずつMNP転入してくるという流れになります。

上のほうで紹介したように、新規契約時にシェアコースを申し込むより、費用は高くなるんですが、これしか方法はないんですよね。

追加SIMにMNP転入するときは不通期間が生じる

なお、DMMモバイルの契約者となる方がMNP転入する際は不通期間なしですが、追加SIMにMNP転入するときは、追加SIMが手元に届く1~2日前から、現在利用中のSIMカードが使えなくなるのでご注意ください。

ちなみに、現在利用中のSIMカードの名義がDMMモバイルの契約者の名義と異なる場合、DMMモバイルの契約者の名義に変更してからMNP転入手続きを開始する必要があります。

DMMモバイルのシェアコースを活用しよう

DMMモバイルのシェアコースは、MNP転入の不便さから家族向けというより、個人向けだと思います。

8GB以上のプランならデータSIMを追加しても月額料金は変わらない、という魅力的なメリットがあるので、複数端末でSIMが必要な方は、ぜひシェアコースを活用してみてくださいね。

以上、DMMモバイルのシェアコースについてでした。

DMMモバイルの公式サイトへ

DMMモバイルの料金プランや通話料は?初期費用など特徴を徹底解説
毎月のスマホ料金を抑えることができれば…。そんな要望に応えてくれるのが格安SIMです。今、利用者がどんどん増加している人気のサービスなん...