dTVの解約方法を紹介。知っておきたいことはある?


・多忙になって映画/ドラマを見る時間がなくなった。
・無料期間があるので、試してみたけどイマイチだった。

などなど、シェアNo.1の人気動画配信サービス「dTV」といえども、諸事情で解約するときは訪れるもんです。

そんなとき、どうやって解約したらいいのか?解約する際に知っておきたいことはあるのか?この記事では、dTVの解約についてわかりやすく解説していきます。

dTVの解約方法

dTVの解約方法は、とってもシンプルです。

PCでもスマホでも、dTVの公式サイトからログインし、「アカウント」の項目にある『退会』から手続きすればいいだけなんですよね。指示に従って進めていくだけなので、サクッと解約できます。

31日間もの無料期間を設定しているので、解約の際に何かトラップ的なものがあるんじゃないの?と身構えてしまいそうですが、無料期間中でも特に何もなく普通に解約できるのでご安心くださいね。
→ dTV

dTVを解約する際に知っておきたいこと

続いて、細かい話なんですが、dTVを解約する際に知っておきたいことを紹介しますね。知っていれば少し有利にdTVを解約できると思いますよ。

解約月の料金は日割りされない

dTVの料金は「末締め」です。毎月1日~末日までが1ヶ月の料金としてかかってきます。

で、月の途中で解約しても、日割りされずまるまる1ヶ月分の料金(500円)がかかってくるんですよね。

つまり、dTVの解約は月初より月末のほうがいい、ということです。

無料期間経過後は自動で解約されない

上のほうで書いたように、dTVは31日間の無料期間が設定されています。

無料期間経過後はどうなるのか?というと、何もしなければ、その翌日を含む月から自動的に継続利用、すなわち月500円かかることになります。

なので、無料期間中にやっぱり解約したい…。ってなったときは、無料期間が終わるまでに解約手続きするのを忘れないようにしましょう。

解約できない日がある

dTVではサービス品質向上のため、定期的にシステムメンテナンスを実施していて、その日は解約手続きできません。

■システムメンテナンス実施日
→ 毎週火曜の22:00から翌日の7:00まで

月末ギリギリ、もしくは無料期間ギリギリに解約しようと思っていても、毎週火曜日の深夜帯は解約手続きできないので、ご注意くださいね。

dTVの解約まとめ

以上、dTVの解約についてでした。

dTVを解約したい!dTVに申し込む前に解約について知っておきたい!と思ってる方の参考になればと思います。

▼dTV公式サイト
dTV