dTVの料金など特徴は?dTVのサービス内容を詳しく解説


動画配信サービスの1つ「dTV」。大手キャリアのドコモが提供しているサービス、ということで、以前はドコモユーザーしか利用できなかったんですが、2014年より誰でも利用できるようになりました。

旧名は「dビデオ」。2015年からdTVという名に変わりました。

そんなdTVなんですが、今や動画配信サービスの中でシェアNo.1なんですよね。いったいどんなサービス内容なのか?この記事では、dTVについてわかりやすく解説していきます。

dTVの詳細/特徴


dTVは、業界トップクラスのコンテンツ数を誇る動画配信サービスになります。その数は12万作品以上。

…にくわえて『ワンコイン』という料金の安さが魅力的なんですよね。

dTVの料金

dTVの料金は『月500円』。

なので、月500円で12万以上のコンテンツが見放題!…と言いたいところですが、一部有料コンテンツがあります

これはdTVに限った話ではなくて、動画配信サービスは「月額料金で見放題のコンテンツ」+「有料のコンテンツ」という料金体系になってるところが多いんですよね。有名どころで月額料金で完全見放題なのは『Hulu(月933円)』ぐらいです。

なお、dTVでは最新作や話題作の一部が有料コンテンツになっています。

dTVの有料コンテンツの料金:

映画やドラマによるんですが、だいたい1本100円~500円ほどに設定されています。といっても、月額料金で見放題の動画のほうが圧倒的に多いので、コスパが良いのは変わりありませんよ。

ちなみに、dTVでは、会員登録しなくても配信しているコンテンツを事前に見ることができるので、具体的にどんな動画が有料になっているか気になる方は申し込む前にチェックしておいてくださいね。
→ dTV

有料コンテンツは作品タイトルの前に『』マークがついています。

dポイントでdTVの有料コンテンツが見れる

ドコモのポイントサービス「dポイント」。ドコモユーザーなら気づいたらけっこう貯まっていたっ…!って経験ないでしょうか。

dポイントはdTVの支払いに対しても貯まりますし、貯まったdポイントはdTVの有料コンテンツの支払いに使えます。ようは、dポイントを活用すれば、ただでさえ安いdTVの利用料金がよりお得になるというわけです。

ただ、1点知っておきたいことがあります。

それは、dポイントはdTVの月額料金の支払いには使えないということです。dTVでの使い道は、有料コンテンツの支払いのみ、と覚えておいてくださいね。

オフライン視聴が可能

dTVでは、動画のダウンロードが可能になっています。

なので、あらかじめダウンロードしておけば、飛行機の中などインターネット環境がない場所でも動画を楽しむことができますし、また、Wi-Fi環境下でまとめてダウンロードすれば、スマホやタブレットで見る際でも、消費するデータ容量を気にせず動画を楽しむことができます。

無料期間は31日間

dTVは31日間お試しで会員になれます。

31日間使ってみて継続して利用するなら月500円を払う。そして、辞めるなら費用はかからないということです。

▼dTV公式サイト
dTV

dTVの料金など特徴まとめ


以上、動画配信サービス「dTV」の料金など特徴の紹介でした。dTVの利用を検討中の方の参考になればと思います。

少しでも興味ある方は一度無料体験してみてくださいね。