エキサイトモバイルの料金プランを解説。最適料金プランとは?


この記事では、エキサイトモバイルの料金プランについてわかりやすく解説していきます。エキサイトモバイル検討中の方は参考にしてくださいね。

エキサイトモバイルの料金プランは2種類

エキサイトモバイルの料金プランは『定額プラン』と『最適料金プラン』の2種類あります。

定額プランは、格安SIMとしてはよくある普通の料金プラン。最適料金プランは、いわゆる従量制の料金プランで、消費したデータ容量によって毎月のスマホ代が変動するプランになります。

定額プランの料金:

■データSIMの料金

低速通信のみの0MBから大容量の50GBまでの豊富なラインナップになっています。

なお、SMS機能をつける場合は『プラス140円』、通話SIMの場合は『プラス700円』が上の料金に加算されます。

最適料金プランの料金:

■データSIMの料金

最大10GBまでで、消費したデータ容量に応じて細かく料金が設定されています。

定額プランと同じく、最適料金プランも、SMS機能をつける場合は『プラス140円』、通話SIMの場合は『プラス700円』が上の料金に加算されます。

従量制の料金プランがある格安SIMは少ないので、以下、最適料金プランの詳細について詳しく解説していきますね。

エキサイトモバイルの最適料金プランの詳細

低速通信のみを利用するには:

上で紹介したように、最適料金プランは従量制のプランなので、利用に応じて「~500MB」「~1GB」といったように料金が変動します。

では、低速通信のみのプラン料金にするには、一切使わないしか方法はないのか?というと、そうでもなんですよね。

エキサイトモバイルはマイページから低速通信⇔高速通信の切り替えができます。なので、低速通信のみの料金で利用したい!って方は低速通信に切り替えてから利用するようにしましょう。

データ容量は繰り越しされない

最適料金プランは細かく料金が設定されていますが、端数は必ず生じます。例えば、消費したデータ容量が2.5GBとか2.6GBとかになった場合です。

そんなとき一律で「~3GB」の料金になるんですが、余りはどうなるのか?というと繰り越しされず消滅します。

複数のSIMを利用するとデータ容量の上限がUPする

エキサイトモバイルは、1つの契約で最大5枚のSIMカードが利用できます。

最適料金プランを複数のSIMを使う場合は、それぞれのSIMで消費したデータ容量の合計に対して料金が変動します。そして、使えるデータ容量の上限が『最大10GB→最大15GB』にUPします。

ちなみに、複数のSIMを使う場合、当然ながら基本料金も変わるので、最適料金プランで複数のSIMを使う場合の料金も紹介しますね。

ベースとなっているのはSIMを3枚まで追加できるという3枚コースです。

最適料金プラン3枚コース(データSIM)の料金:


3枚までは上の料金で使えますが、4枚、5枚と使いたい場合は1枚につき『プラス月390円』になります。

で、SMS機能をつける場合はSIM1枚につき『プラス140円』、通話SIMの場合はSIM1枚につき『プラス700円』がさらに加算されます。

おすすめは最適料金プラン!

以上、エキサイトモバイルの料金プランについてでした。

迷ったらおすすめは最適料金プランです。エキサイトモバイルの魅力は、他社格安SIMにはない区切りが細かい従量制の料金プランなんですよね。

ぶっちゃけ、エキサイトモバイルの定額プランにはこれといった特徴はないので、定額プランを契約するなら、楽天ポイントが貯まる楽天モバイルや多彩なデータシェアがあるmineoといったように、何か魅力的な特徴のある他社格安SIMを契約したほうがいいと思いますよ。

なので、エキサイトモバイルを契約するなら最適料金プラン一択です。

名前の通り、自動で最適な料金が適用されるので、毎月のデータ容量にムラがある方は、その都度データ容量を変更する手間/変更忘れもないので、結果的に最も安く利用できる格安SIMになります。

▼エキサイトモバイル公式サイト
エキサイトモバイル