エキサイトモバイルの料金プランや特徴を解説。最適料金プランとは?


毎月のスマホ料金を抑えることができれば…。そんな要望に応えてくれるのが格安SIMです。今、利用者がどんどん増加している人気のサービスなんですよね。

この記事では、その中の1つ『エキサイトモバイル』の特徴をわかりやすく解説していきます。

\開催中のキャンペーン情報はこちら/

エキサイトモバイルってどんな格安SIM?

エキサイトが提供してる格安SIM

エキサイトモバイルは、名前の通り、ポータルサイトで有名なエキサイト株式会社が提供している格安SIMになります。

ちなみに、以前は「BB.exciteモバイルLTE」という名称でサービスを提供していましたが、2016年6月20日より『エキサイトモバイル』という名称になりました。

エキサイトモバイルはドコモ回線


エキサイトモバイルはドコモ回線を使ってサービスを提供しています。なので、ドコモと同じ通話品質・通信エリアで利用することができるんですよね。

また、ドコモから乗り換える場合は現在使ってるスマホをそのままエキサイトモバイルでも利用することができます。乗り換えるにあたってスマホ代がかかりませんし、面倒なデータ引き継ぎもなしということです。

念のため事前に対応端末はチェックしておいてくださいね。

エキサイトモバイル公式サイトへ

au、ソフトバンクの方が現在利用中のスマホをそのままエキサイトモバイルで使うにはSIMロック解除する必要があります。

エキサイトモバイルの料金プラン


エキサイトモバイルには、「定額プラン」と「最適料金プラン」の2種類の料金プランがあります

定額プラン

定額プランは、格安SIMとしてはよくある普通の料金プランです。エキサイトモバイルでは、「低速通信のみの0MB」から「大容量の50GB」までの豊富なラインナップになっています。

定額プランの月額料金(1枚コース)

SMS機能をつけるなら『+月140円』、音声通話機能をつけるなら『+月700円』、上記の料金表に加算されます。

最適料金プラン

最適料金プランは「毎月消費したデータ容量に応じて自動で料金が変動する」という従量制の料金プランになります。最大10GBまで細かく料金が設定されています。

最適料金プランの月額料金(1枚コース)

こちらも定額プランと同じく、SMS機能をつけるなら『+月140円』、音声通話機能をつけるなら『+月700円』、上記の料金表に加算されます。
最適料金プランを利用するうえで知っておきたいこと

最適料金プランは他社格安SIMにはないエキサイトモバイルならではの料金プランです。普通の料金プランと違って2つほど知っておきたいことがあるので紹介します。

低速通信のみを利用するには?

上で紹介したように、最適料金プランは従量制のプランなので、利用に応じて「~500MB」「~1GB」といったように料金が変動します。

つまり、低速通信のみのプラン料金にするには、高速通信のデータ容量を一切使わないようにする必要があります

どうすればいいのか?というと、エキサイトモバイルはマイページから低速通信⇔高速通信の切り替えができます。なので、低速通信のみの料金で利用したい!って方は、低速通信に切り替えてから利用するようにしましょう

最適料金プランのデータ容量は繰り越しされない

最適料金プランは細かく料金が設定されていますが、端数は必ず生じます。例えば、消費したデータ容量が2.5GBとか2.6GBとかになった場合です。

そんなとき一律で「~3GB」の料金になるんですが、余りはどうなるのか?というと繰り越しされず消滅します。

エキサイトモバイル公式サイトへ

エキサイトモバイルのデータシェア


エキサイトモバイルのデータシェアサービスは、主となる契約にSIMカードを追加することによって可能になります

例えば、主となる契約が3GBプランだった場合、1枚SIMカードを追加すると2枚のSIMカードで3GBを共有して消費するというかたちになるということです。

SIMカードを追加するには3枚コースを契約する必要がある

ただ、エキサイトモバイルではすべてのプランでSIMカードを追加できるわけではありません

上で紹介したように、エキサイトモバイルには「定額プラン」と「最適料金プラン」の2種類のプランがあるんですが、さらにそれぞれに『1枚コース』と『3枚コース』があるんですよね。で、3枚コースじゃないとSIMカードが追加できない、というわけです。

ちなみに、『1枚コース⇔3枚コース』の変更は、手数料無料で自由にできますよ。

エキサイトモバイルの3枚コースの料金

以下が、エキサイトモバイルでデータシェアする際にベースとなる3枚コースの料金表(データSIM3枚の場合)です。

3枚コースを契約するとSIMカードが追加できるようになるというだけで、1枚でも3枚でもデータSIMなら支払う料金は同じになります。つまり、3枚コースを契約するなら3枚のSIMカードを利用したほうがお得ということですね。
定額プランの3枚コースの月額料金

最適料金プランの3枚コースの月額料金

データSIMにSMS機能をつけたり、通話SIMにするなら料金が上がる

そして、1枚コースと同じように、データSIMにSMS機能をつけたり、通話SIMにすると、1枚につき以下の料金が上の表に追加されるという仕様です。

・データSIMにSMS機能をつける → 月140円/枚
・通話SIMにする → 月700円/枚

SIMカードの最大枚数

3枚コース…というぐらいなので、SIMカードの上限は最大3枚と思ってしまいそうになるんですが、契約するプランやデータ容量によって『最大5枚』のSIMカードが利用できます

・定額プランの3GB以下 → 最大3枚
・定額プランの4GB以上 → 最大5枚
・最適料金プラン → 最大5枚

但し、4枚目以降のSIMカードを追加するときは、1枚につき月額料金がさらに『月390円』UPします。4枚目・5枚目のSIMカードがSMS機能ありのデータSIMならプラス月530円/枚、通話SIMならプラス月1,090円/枚になるということです。

エキサイトモバイルでSIMカードをお得に追加する方法

ちなみに。

エキサイトモバイルでSIMカードを追加する方法は、「新規契約時」と「あとでマイページから」の2パターンあるんですが、新規契約するときにSIMカードを追加したほうがお得になります

新規契約時にSIMカードを追加するとSIM追加手数料不要!

というのは、あとでマイページからSIMカードを追加すると、SIM追加手数料『3,000円』とSIMカード発行手数料『394円』がかかるんですよね。(これは普通にエキサイトモバイルのSIMカード1枚を新規契約するときと同じ料金)

しかし、新規契約時にSIMカードを追加するとSIM追加手数料『3,000円』がかからない、というわけです。なので、エキサイトモバイルで複数SIMを利用する予定なら新規契約時に追加しておきましょう。(*)

(*)4枚目・5枚目のSIMカードは、あとでマイページからでしか追加できません。

なお、エキサイトモバイルでは、追加するSIMカードにもMNP転入できます

エキサイトモバイル公式サイトへ

エキサイトモバイルの初期費用


エキサイトモバイルの初期費用は以下です。

・初期登録手数料 → 3,000円
・SIMカード発行手数料 → 394円

上記の合計『3,394円』がエキサイトモバイルを契約するときに固定でかかってくる費用になります。

そして、エキサイトモバイルで機種もセット購入するなら、一括だと全額、分割だと1回目の支払いが初期費用に加わってきます

エキサイトモバイルの月額料金は日割り?初月無料?

エキサイトモバイルの利用料金は末締め翌々月払いです。なので、プラン料金やオプション料金などの月額料金は、初期費用として初回の請求には加わってこないんですよね。

ただ、月の途中でエキサイトモバイルを契約した場合、初月の月額料金はどういうふうになるのか気になると思うので、それについて紹介します。

初月の月額料金は満額請求

エキサイトモバイルの初月の月額料金は日割りされず、初月無料にもなりません。月のどのタイミングで契約しても満額請求になります。

つまり、エキサイトモバイルを契約するなら月初のほうがお得ということです。

エキサイトモバイルの利用開始日は?

エキサイトモバイルの申し込んだ日が利用開始日(起算日)ではありません

いつなのか?というと、SIMカードが到着するぐらいが利用開始日になるんですが、具体的な日は、申し込み確認が完了したらエキサイトモバイルから送られてくるメールに記載されるようになっています。

なお、SIMカードが届くまでの日数の目安は2日~1週間程度です。

データSIMのみなら利用開始日を指定できる

データSIM単品での申し込みに限り、利用開始日の指定ができます

その際は、手元にSIMカードが到着しても、指定した利用開始日までは利用することができないということを覚えておいてくださいね。

エキサイトモバイル公式サイトへ

エキサイトモバイルの支払い方法


エキサイトモバイルの支払い方法は、本人名義のクレジットカード払いのみになります。口座振替やデビットカードは使えないんですよね。

エキサイトモバイルで使えるクレジットカードは以下です。

クレジットカードの変更方法は?

エキサイトモバイルの支払いに使ってるクレジットカードを変更したい!ってときは、マイページにある「カード情報変更」から簡単に変更することができます

変更したら、翌月の請求から変更後のクレジットカードでの支払いになります。

エキサイトモバイルは領収書を発行してくれる?

エキサイトモバイルでは請求書や領収書の発行はしていません

書面で必要なときは、エキサイトモバイルのマイページにある請求内容確認ページやクレジットカードの利用明細をコピーするなりして対応するようにしましょう。

エキサイトモバイル公式サイトへ

エキサイトモバイルのメリット/選ばれる理由


エキサイトモバイルのメリットは、なんといっても『最適料金プラン』です。従量制の料金プランを提供している格安SIM自体あまりありません。

エキサイトモバイルは自動で最適な料金になる

どこの格安SIMでも、簡単に「プラン変更」の手続きができるので、サクッと毎月のデータ容量を変更することができます

しかし、簡単といっても、当然ながら手続きをしないといけないんですよね。

毎月使うデータ容量にムラがあるので、その都度プラン変更の手続きをするのが手間だ
頻繁にプラン変更が必要な利用スタイルなので、プラン変更を忘れてしまって料金面で損することがある

などなど利用状況、特に毎月消費するデータ容量に幅がある方にとって、格安SIMでよくある定額プランは、プラン変更に手間を感じたり、それゆえにそのままのプランで放っておいてしまい損することもあります

で、それを解決するのが従量制の料金プランというわけです。

エキサイトモバイルの最適料金プランは、全くデータ容量を使わなければ月500円(データSIMの場合)で利用できますし、使った場合は消費したデータ容量に応じて自動で格安SIMの相場通りの料金になります。

また、従量制の料金プランを提供している数少ない格安SIMの中で、エキサイトモバイルは使えるデータ容量の上限が一番多いです。普段ほとんど使わないけど、たまにグッとデータ容量を使うときにも対応できる格安SIMなんですよね。

エキサイトモバイルのその他メリットは?

従量制の料金プラン以外にエキサイトモバイルのメリットはあるのか?というと、あくまで個人的な見解ですが特にパッとするようなものはありません。

といっても、エキサイトモバイルは他社格安SIMより劣ってるわけではありませんよ。

サービス面において、一昔前は格安SIMによって大きな差があったんですが、今はほぼ横並び状態なんですよね。なので、エキサイトモバイルを選ぶかどうかは、純粋に従量制の料金プランである「最適料金プラン」に魅力を感じるかどうかということです。

エキサイトモバイル公式サイトへ

エキサイトモバイルのデメリットは?


続いて紹介するのはエキサイトモバイルのデメリットの話です。

『大手キャリアからエキサイトモバイルに乗り換えなければよかった』と後悔しないためにも、ぜひ読んでくださいね。

個人的には節約できるスマホ料金を考えると許容できる範囲内ですが、人によって不都合を感じることがあるかもしれません

エキサイトモバイルにはかけ放題サービスがない

今や格安SIMでは当たり前のようにかけ放題サービスを提供していますが、エキサイトモバイルはかけ放題サービスを提供していません。通話料が半額になる「専用の通話アプリ」の提供もなし。

では、エキサイトモバイルは他社と比べると通話料が高くついてしまうのか?というと、そうでもないんですよね。以下、エキサイトモバイルの通話料を安くする方法を紹介します。

エキサイトモバイルの通話料を安くする方法

他社格安SIMなど、それぞれの会社が提供している「かけ放題」や「通話料が半額になる通話アプリ」は、基本的に提供会社のSIMを契約しないと利用することができません。しかし、中には誰でも利用できるものがあるんですよね。

それを活用してエキサイトモバイルの通話料を抑える、というわけです。

エキサイトモバイルでも使える「通話料半額アプリ」

上記はその名の通り、楽天モバイルとDMMモバイルの通話アプリです。これらは利用登録さえすれば、エキサイトモバイルでも使うことができます。

基本利用料は無料、通話したら通話した分だけ通話料(半額の30秒で10円)が発生するという料金体系なので、エキサイトモバイルで使うからといって特にデメリットはありません

電話回線を利用したものなので通話品質も良く、相手にも電話番号がそのまま通知されます。
エキサイトモバイルでもつけれる「かけ放題」

上記に申し込むと、エキサイトモバイルでも10分かけ放題をつけることができます。こちらも上に同じく電話回線を利用したものになります。

エキサイトモバイルはキャリアメールが使えない

エキサイトモバイルに乗り換えると、大手キャリアを解約するわけなので、当然ながら「~@docomo.ne.jp」「~@ezweb.ne.jp」「~@softbank.ne.jp」といったキャリアメールが使えなくなります。

連絡手段はLINE!って方なら問題ないんですが、エキサイトモバイルでメール機能を使う場合は、独自のメールアドレスの提供はないので「Gmail」などのフリーメールを利用することになるんですよね。

フリーメールはPCメールです。で、キャリアメールが使えないことによって、どういう不都合が起こる可能性があるかというと以下です。

相手がキャリアメールだと迷惑メール扱いされるかも

メールを送る相手がキャリアメールだと、PCメール一括拒否などの設定によっては迷惑メール扱いされてメールが届かない場合があります。

対処法としては相手に受信許可設定してもらう必要があります。

キャリアメールでしか登録できないサービスがある

一部キャリアメールでしか登録できないサービスがあるので、そういったサービスは利用できなくなります。

これについては対処法なしで、該当サービスがキャリアメール以外で利用できるように待つぐらいしかありません。なので、キャリアメールで登録して利用している重要なサービスがある場合は、エキサイトモバイルに乗り換える前に、フリーメールで登録できるか確認するようにしましょう

ちなみに、私の場合はキャリアメールがなくて登録できないサービスにまだ当たったことがありません。幼稚園の連絡網なんかもフリーメールで登録できて、ちゃんと配信されてきますよ。

エキサイトモバイルは混雑時に通信速度が遅くなる

エキサイトモバイルはじめ格安SIMは仕組み上、回線が混雑したときの影響を受けやすいんですよね。特にみんながネットを使う昼時は大手キャリアに比べて通信速度が大幅に低下する場合があります

どれぐらい低下するかは場所や個人の体感にもよるので、一概には言えませんが、動画など多くのデータ通信が必要なコンテンツの閲覧は、昼時には避けたほうがストレスフリーで使えるかもしれません。

なお、回線が混雑している時間帯以外は大手キャリアと同じように快適にネットが使えるので、ご安心くださいね。

エキサイトモバイルには実店舗がない

大手キャリアに比べると店舗数はまだまだ少ないですが、店舗契約に対応している格安SIMは多いです。そんな中、エキサイトモバイルには実店舗がないんですよね。

エキサイトモバイルはWEB申し込みでしか契約することはできません。

エキサイトモバイル公式サイトへ

エキサイトモバイルに乗り換える方法


エキサイトモバイルに乗り換えるのはスマホに詳しくないとできなさそうというイメージがありますが、そんなことありません。

まず、エキサイトモバイルへの乗り換えが完了するまでの流れを大まかに紹介しますと以下です。

1. MNP予約番号の取得

2. エキサイトモバイルに申し込む

3. SIMカードを受け取る

4. MNP切り替え手続きを行う

5. 初期設定を行う

5Stepありますが、1つ1つはなんてことない手続きなのでご安心くださいね。

【手順1】MNP予約番号を取得する

MNP予約番号は電話番号そのままでエキサイトモバイルに乗り換えるときに必須なものです。MNP予約番号を取得する方法は、大手キャリアごとに3通りあるので好きな方法を選んください。

エキサイトモバイルにMNP転入するときに大手キャリアでやらなければならない手続きは、このMNP予約番号の取得のみです。乗り換えが完了すると自動的に大手キャリアは解約されます

ドコモでMNP予約番号を取得する方法

電話で取得する

ドコモに電話して「MNP予約番号が欲しい」と伝えると教えてくれます。この際、あとでMNP予約番号を忘れないようにメモを用意しておきましょう。

■MNP予約番号取得の際にかけるドコモの電話番号
・ドコモの携帯から → 「151」
・ドコモの携帯以外 → 「0120-800-000」
WEBで取得する

ドコモ会員サイト「My docomo」にログイン後、ドコモオンライン手続きから取得できます。但し、以下の方はこの方法では取得不可なのでご注意ください。

■My docomoから取得できない方
・一括請求/一括送付サービスの代表番号
・3回線以上でファミリー割引をご契約の主回線
店頭で取得する

お近くのドコモショップで取得できます。

auでMNP予約番号を取得する方法

電話で取得する

auで、電話にてMNP予約番号を取得する際にかける電話番号は以下です。

■MNP予約番号取得の際にかけるauの電話番号
TEL → 0077-75470
受付時間 → 9:00~20:00
WEBで取得する

EZwebから取得できます。取得までの流れは以下です。

「トップメニューまたはauポータルトップ」→「auお客さまサポート」→「申し込む/変更する」→「au携帯電話番号ポータビリティー(MNP)」
店頭で取得する

お近くのauショップで取得できます。

ソフトバンクでMNP予約番号を取得する方法

電話で取得する

ソフトバンクで、電話にてMNP予約番号を取得する際にかける電話番号は以下です。

■MNP予約番号取得の際にかけるソフトバンクの電話番号
・ソフトバンクの携帯から → 「*5533」
・ソフトバンクの携帯以外 → 「0800-100-5533」
WEBで取得する

3Gケータイのみ「My SoftBank」から取得できます。iPhone、スマートフォン、4Gケータイ、AQUOSケータイでは取得不可です。

店頭で取得する

お近くのソフトバンクショップで取得できます。

【手順2】エキサイトモバイルに申し込む


MNP予約番号を取得したら、次はエキサイトモバイルへの申し込みです。

エキサイトモバイル公式サイトへ

エキサイトモバイルへMNP転入するにあたって、いくつか注意点があるので紹介しますね。

MNP予約番号の有効期限が10日以上必要

MNP予約番号には『15日』という有効期限があります

エキサイトモバイルにMNP転入するときは、有効期限が10日以上残っている必要があるので、大手キャリアでMNP予約番号を取得したらできるだけ早くエキサイトモバイルに申し込むようにしましょう。

名義が同一である

エキサイトモバイルにMNP転入する場合、大手キャリアの契約者とエキサイトモバイルの契約者が同一でなければなりません。

例えば、大手キャリアにて親名義で契約してお子さんが使ってる場合、親名義でエキサイトモバイルにMNP転入するならそのままでOKです。

しかし、上記のケースでお子さん名義でエキサイトモバイルを契約するときは、大手キャリアの契約者名義をお子さん名義に変更してからエキサイトモバイルに申し込む必要があるということです。

20歳以上である

エキサイトモバイルを契約できるのは『20歳以上』です。

家族でまとめて乗り換える場合などで、未成年の方がエキサイトモバイルを利用する場合は、親の契約にSIMカードを追加するというかたちになります。なお、追加したSIMカードとはデータ容量をシェアすることになります。

【手順3】SIMカードを受け取る

申し込みが完了すると次はSIMカードの受け取りです。ただ、エキサイトモバイルは配送の日時指定ができないので、確実にいつ届くというのがわかりません。

目安としては『3日~1週間程度』でSIMカードが届きますが、物流の関係で前後することもあります。

【手順4】MNP切り替え手続きを行う

SIMカードを受け取ったらMNP切り替え手続きです。

これはめっちゃ簡単で、「自宅でスマホ切換え」ページから手続きを完了させるだけです。エキサイトモバイルへの申し込み完了後に届くメールを見ながらやればなんなくできます。
⇒ 自宅でスマホ切換え(要ログイン)

回線が切り替わるタイミング

エキサイトモバイルのMNP切り替え手続きができるのは『9:00~19:00』になります。

で、手続きしたら回線はどのタイミングで切り替わるのか?というと、1時間~4時間ほどで切り替わります

ちなみに、回線の切り替えが完了するまでは大手キャリアのSIMカードが使えます。なので不通期間はないんですよね。大手キャリアのSIMカードが使えなくなったら回線の切り替えが完了したということです。

【手順5】初期設定を行う

最後の難関、初期設定です。SIMカードのみ購入しているなら現在利用中のスマホのSIMカードを差し替え、スマホ端末もセットで購入しているなら新しいスマホにエキサイトモバイルのSIMカードを差し込んで初期設定しましょう。

自分でできるのかな…と心配になってくる部分ではありますが、エキサイトモバイルでは、公式サイトにて画像付きで初期設定方法を解説しているので、見ながらやれば誰でもできるようになっています。

Android端末は数分、iPhoneはプロファイルというものをインストールするだけなので一瞬でできますよ。
⇒ 初期設定方法(エキサイトモバイル公式)

エキサイトモバイルへの乗り換え完了!

これで大手キャリアからエキサイトモバイルへの乗り換え完了です。

5Stepあるんですが、1つ1つは簡単です。まとまってるから難しそうに感じるんですよね。1つずつこなしていくと、確実にエキサイトモバイルに乗り換えることができるので、エキサイトモバイルに乗り換えたいけどわからない…って方はぜひチャレンジしてみてくださいね。

エキサイトモバイル公式サイトへ

エキサイトモバイルの解約について


最後に、エキサイトモバイルの解約について紹介します。

エキサイトモバイルを解約するには、どういう手続きが必要なんだろう…?違約金はどうなっているのか?と気になってる方は読んでいってくださいね。

エキサイトモバイルの解約方法

エキサイトモバイルの解約はマイページから簡単に手続きできます。指示に従って進めていけばサクッと解約できるんですよね。特に難しいことはありません。

エキサイトモバイルを解約する際に知っておきたいこと

解約手続きした月の末日まで使える

エキサイトモバイルの解約手続きしたらすぐ使えなくなるのか?というと、そうじゃありません。解約手続きしたら、その月の末日まで利用することができるんですよね。なので、解約月の料金も日割りされず満額請求となります。

末日と末前日は解約手続きできない

エキサイトモバイルでは「末日」と「末前日」は解約手続きできません。31日まである月の場合、30日と31日は解約手続きできないということです。

上で書いたように、月のどのタイミングで解約手続きしても末日の解約になるので、解約したいけどできない…ってことにならないように、余裕をもって手続きするようにしましょう。

エキサイトモバイルからMNP転出する方法

MNP転出する場合は、エキサイトモバイルでMNP予約番号を発行後、他社でのMNP転入手続きが完了すると、エキサイトモバイルは自動で解約になるという流れです。そのため、エキサイトモバイルでする手続きはMNP予約番号の発行のみです。

なお、MNP予約番号の発行についても、解約するときと同じくエキサイトモバイルのマイページから簡単に発行できます

エキサイトモバイルからMNP転出する際に知っておきたいこと

月の途中でエキサイトモバイルが使えなくなっても料金は満額請求

他社でのMNP転入が完了するとエキサイトモバイルが解約になるということは、月の途中でエキサイトモバイルが使えなくなることももちろんあるんですよね。

その場合でも解約月の料金は、日割りされず満額請求になるのでご注意ください。ようは、月末近くにMNP転出を完了させると最も損しないということです。

MNP予約番号の発行手続きしてから実際に発行されるまで時間がかかる

手続きしてからMNP予約番号が発行されるまでの日数は?というと、『4日~7日間程度』になります。けっこう時間がかかるんですよね。

できるだけ損しないために月末付近にMNP転出を完了させたい!ってときは、上記の日数と他社でのMNP転入が完了する日数(おおむね1週間程度)を考慮する必要があるということです。

目安としては月の半ばぐらいからエキサイトモバイルでMNP転出の手続きをし始めると、月末近くにMNP転出を完了させることができます

エキサイトモバイルの最低利用期間/解約にかかる費用

解約手数料

エキサイトモバイルでは、以下の最低利用期間が設定されています。

・データSIM → なし
・通話SIM → 12ヶ月

そのため、通話SIMを12ヶ月以内に解約すると、解約手数料として『9,500円』の違約金が発生することになります。

MNP転出手数料

エキサイトモバイルからMNP転出する際に発生する費用です。これは利用期間関係なく、一律で『3,000円』になります

エキサイトモバイルの特徴まとめ


以上、格安SIM「エキサイトモバイル」の紹介でした。エキサイトモバイルは、毎月消費するデータ容量にムラがあるので、自動で最適な料金にしてほしい!って方に、特におすすめの格安SIMになります。

エキサイトモバイル公式サイトへ

格安SIMのおすすめはここ!徹底調査して本音で厳選 - 格安SIMライフ
格安SIMライフについて 格安SIMライフでは、とっつきにくい格安SIMの情報をできる限りわかりやすく解説しています。 毎月のケータ...