OCNモバイルONE契約に必要な本人確認書類と提出する際の注意点を紹介

OCNモバイルONEは、契約内容によっては本人確認書類の提出を求められます。

「どんな書類が使えるのか?」「提出はどうやってするのか?」…ということで、この記事では、OCNモバイルONEを契約する際に必要な本人確認書類と提出する方法、そして提出する際の注意点をわかりやすく紹介していきますね。

OCNモバイルONEで本人確認書類が不要なケース

まず、冒頭で「契約内容によっては」と書きましたが、OCNモバイルONEの契約に本人確認書類が不要なケースがあるんですよね。

それは『データSIMを契約するとき』です。

つまり言い換えれば、OCNモバイルONEを契約する際に本人確認書類を提出しなければならないのは、『通話SIMを契約するとき』ということです。

関連OCNモバイルONEの料金プランを解説。月額料金やプランの特徴は?

OCNモバイルONEで使える本人確認書類

では、OCNモバイルONEの通話SIMを契約する際に使える本人確認書類をザッと紹介しますね。以下です。

・運転免許証
・パスポート
・住民基本台帳カード
・健康保険証
・在留カード
・外国人登録証明書
・個人番号カード(マイナンバーカード)
・船員保険の健康保険証
・障害者手帳
・特別永住者証明書
・届出避難場所証明書
・外交官身分証明票および(外務省が発行する所定の)住居証明書

上記のいずれかの1つあればOKです。

格安SIMの本人確認だからといって特別な書類を改めて用意する必要はないんですよね。銀行口座を開設したりなど、その他サービスで提出を求められる本人確認書類と一緒です。

ただ、例外(本人確認書類1つじゃダメな場合)はあります。

OCNモバイルONEの補助書類

以下のケースに該当すれば、上で紹介した本人確認書類と一緒に『補助書類』を提出する必要があります。

■本人確認書類の住所と現住所が異なる場合
■本人確認書類に建物名や部屋番号など配送に必要な情報が記載されていない場合

で、どんな書類が補助書類として使えるのか?というと以下です。

・公共料金の領収書または請求書(発行から3ヶ月以内)
・マイナンバーが記載されていない住民票(発行から3ヶ月以内)

ちなみに、住民票の発行には所定の手数料がかかりますし、そもそも自治体によっては建物名や部屋番号まで載っていないこともあるので、補助書類に使うのは「公共料金の領収書または請求書」がいいかと思います。手軽に用意できますしね。

OCNモバイルONEの本人確認書類を提出する方法と注意点

OCNモバイルONEの本人確認書類を提出する方法は、以前は「配送時確認」と「アップロード」2パターンあったんですが、2018年4月より「アップロード」のみになりました。

方法は?というと、本人確認書類を写真に撮る、そしてOCNモバイルONEの申し込みを進めていけば、申し込みの最後のほうで、本人確認書類のアップロードを求められるので、指示に従って撮った写真をアップするというものです。

なお、スマホ申し込みが最も簡単ですよ。

スマホのカメラで本人確認書類を撮ってそのまま申し込めば、撮った写真をいちいちPCに移さなくても、スマホから写真をアップロードすることができるんですよね。

OCNモバイルONEに本人確認書類を提出する際の注意点

注意点は、提出する本人確認書類が写真であることに起因します。

■画像の加工はNG
■キレイに写真が撮れていること

端的に書くと上記2つです。

ただ、加工NGはわかりやすいんですが、キレイな写真という表現は、書いていうのもなんなんですが抽象的すぎると思うので、公式サイトで挙げられているNG例を紹介しますね。

・一部見切れている/隠れている
・写真中の書面が小さすぎる
・フラッシュで文字が読めない
・写真が暗い
・画像が粗い/ぼやけている

ようは、撮った写真を自分で見て、本人確認書類に記載の内容がすべて問題なく確認できるかどうかがキレイな写真の目安になります。

まとめ

以上、OCNモバイルONEの契約に必要な本人確認書類と提出する際の注意点でした。

OCNモバイルONE公式サイトはこちら

OCNモバイルONEへの申し込みを検討中の方の参考になればと思います。