IIJmioの解約方法は?最低利用期間や解約違約金はどんな感じ?

この記事では、IIJmioの解約についてわかりやすく解説していきます。

諸事情でIIJmioを解約したい!ってなったとき、どうすればいいのか?最低利用期間や解約違約金はどうなってるのか?気になっている方は読んでいってくださいね。

IIJmioの解約方法

IIJmioの解約は、マイページ(会員専用ページ)から簡単に手続きすることができます

マイページにログインすると「サービスのご解約」という項目があるので、そこから指示に従って進めていくだけでサクッと解約できるんですよね。

なお、IIJmioからMNP転出する場合についても同じようなかんじです。

マイページに「MNP予約番号を発行」という項目があるので、そこからMNP予約番号を発行するだけという流れになります。

解約日はいつになる?IIJmioはいつまで使える?

MNP転出せずに普通に解約する場合とMNP転出する場合とで異なります。

■IIJmioを普通に解約する場合:
MNP転出じゃなくてIIJmioを普通に解約する場合は、解約日は『月末』になります。月のどのタイミングで解約手続きしても月末までIIJmioが使えるということです。

なので、当然ながら解約月の月額料金も満額請求されます。

■IIJmioからMNP転出する場合:
IIJmioからMNP転出する場合は、他社へのMNP転入が完了した時点でIIJmioが使えなくなります。普通の解約と違って、月の途中でIIJmioが使えなくなることもあるということですね。

ただ、月の途中でIIJmioが使えなくなっても、上に同じく解約月の月額料金は満額請求されるんですよね。つまり、損得で考えると、細かい話なんですが、月末付近に他社へのMNP転入が完了すれば最も損しないということです。

【参考情報】IIJmioからのMNP転出が完了するまでの日数

月末付近に他社へのMNP転入を完了させたい!って方向けに、参考情報として、IIJmioからMNP転出して他社へのMNP転入が完了するまでの目安の日数を紹介しますね。

[MNP予約番号の発行にかかる日数]
手続きしてから4日程度。

[他社に申し込んでからMNP転入が完了するまでの日数]
1週間程度。

他社にMNP転入が完了するまでの日数は、申し込むケータイ会社によるのであくまでザックリになりますが、上記のことから、IIJmioでMNP予約番号発行の手続きしてから乗り換えが完了するまでの日数は、おおよそ10日ほどになります。

IIJmioの最低利用期間と解約違約金

続いて、IIJmioの最低利用期間と解約違約金について紹介していきますね。

基本的には格安SIMの相場通りといったところなんですが、IIJmioの最低利用期間と解約違約金は少し変わっています。

データSIMの最低利用期間と解約違約金

データSIMには最低利用期間なし!って格安SIMがほとんどですが、IIJmioのデータSIMには最低利用期間があります。

といっても、ないみたいなもんなんですけどね。以下、詳細です。

IIJmioのデータSIMの最低利用期間は『利用開始日の翌月末日まで』です。ようは、最大2ヶ月ということですね。そして、解約違約金はありません。

なぜ、最低利用期間が設定されているのに解約違約金がないのか?というと、データSIMの場合は最低利用期間内に解約手続きできないようになっているからです。

通話SIMの最低利用期間と解約違約金

通話SIMの最低利用期間は、ほとんどの格安SIMと同様『12ヶ月』です。

ただ、IIJmioならではの部分が2点ほどあります。

①利用期間に応じて解約違約金が変動する
まず1つは、利用期間に応じて解約違約金が変動するということです。「(12ヵ月-利用開始月を0ヶ月とした利用月数)×1,000円」というふうになってるんですよね。

利用月数ごとの解約違約金を表にすると、以下です。

利用月数 解約違約金
0ヵ月 12,000円
1ヵ月 11,000円
2ヵ月 10,000円
3ヵ月 9,000円
4ヵ月 8,000円
5ヵ月 7,000円
6ヵ月 6,000円
7ヵ月 5,000円
8ヵ月 4,000円
9ヵ月 3,000円
10ヵ月 2,000円
11ヵ月 1,000円
12ヵ月 0円

利用期間が長くなるほど解約違約金が少なくなり、12ヶ月を経過すると0円になるという仕様です。ちなみに、IIJmioではこの費用のことを『音声通話機能解除調定金』と呼ばれています。

【追記】
2019年10月以降にIIJmioの通話SIMを申し込んだ方の音声通話機能解除調定金が、一律で「1,000円」になりました。

例えば、1ヶ月目に解約しても10ヶ月目に解約しても同じく1,000円ということです。

②通話SIMからデータSIMに交換した場合は音声通話機能解除調定金が発生しない
もう1つは、通話SIMからデータSIMに交換した場合は、音声通話機能解除調定金が発生しないということです。

他社格安SIMでは、そもそも通話SIMからデータSIMに交換できなかったり、できたとしても解約と同じような扱いになって違約金が発生したりするんですが、IIJmioは通話SIMからデータSIMにしても音声通話機能解除調定金が発生しない珍しい格安SIMになります。

その他、IIJmioの解約にかかる費用

最後に、上で紹介した違約金のほかに、解約するときの状況によっては、発生する/継続して支払い続ける費用があるので、それを紹介して終わりますね。

MNP転出手数料

IIJmioからMNP転出する場合は、MNP転出手数料『3,000円』が発生します。

端末費用の残債

IIJmioでスマホ端末を分割払いで購入していて、解約時に完済していない場合は、解約後も完済するまで分割払いが続きます。

なお、残債を一括払いすることも可能です。

IIJmioの解約まとめ

以上、IIJmioの解約についてでした。

最低利用期間や違約金の仕組みが少し変わっていると言っても、おおむね「良い意味で」ですし、特に大きな罠はないのでご安心くださいね。

IIJmioの解約について調べている方の参考になればと思います。

\開催中のキャンペーン情報はこちら/