LINEモバイルの審査基準は?審査に落ちるのはどういうとき?


LINEモバイルには審査があります。申し込めば誰でも契約できるわけじゃないんですよね。

といっても、LINEモバイルの審査はあまり気にする必要がないと言ってもいいぐらいで、大概は審査に通ります

では、LINEモバイルの審査に落ちるのはどういうときなのか?この記事では、LINEモバイルの審査についてわかりやすく解説していきますね。

▼公式サイトはこちら▼
LINEモバイル

LINEモバイルの審査基準とは:

LINEモバイルの審査基準は公式でははっきりと明言されていません。しかし、公式サイトにヒントが散りばめられているんですよね。

公式で言及してるのは「本人確認審査」のみ

まず、LINEモバイルが公式で審査について言及してるのは『本人確認審査』のみです。公式ヘルプには以下の記載があります。

お申し込み内容を確認の上、LINEモバイルの審査基準により本人確認審査を行います。審査の結果に応じて書類の再アップロードやフリーダイヤルによる架電確認、またはお申し込みをキャンセルさせていただく場合がございます。ご了承ください。
※データSIMへのお申し込みも審査対象となります。

この『本人確認審査って?』というと、ようはLINEモバイルに申し込むとき入力する個人情報と提出した本人確認書類の内容が一致していればOKだと考えられます。

現に、原因不明でLINEモバイルの審査が落ちるときは、本人確認書類との不一致・不確認がほとんどなんですよね。不一致は入力ミスなど、不確認は提出した本人確認書類の内容が読めないことから起こります。

なので、LINEモバイルに申し込むときは、申し込み内容に入力ミスがないかしっかり確認し、提出する本人確認書類は自分でも問題なく読めるものをアップロードするようにしましょう

LINEモバイルに申し込むうえでの基本的なルール

あとは、LINEモバイルに申し込むうえでの基本的なルールを守っていればOKです。どんなルールがあるのか?というと以下です。

LINEモバイルを契約できるのは18歳以上

LINEモバイルを契約できるのは18歳以上の方に限ります。

18歳未満の方がLINEモバイルを利用するには、18歳以上の方に契約してもらって自分は利用者として登録して使う、というかたちになります。

MNP転入するならMNP予約番号の有効期限が10日以上

MNP予約番号の有効期限は15日です。

LINEモバイルの申し込むとき、MNP予約番号の有効期限が10日以上残ってる必要があるので、MNP予約番号を取得したらできるだけ早く申し込むようにしましょう。

全てLINEモバイル契約者の名義でそろえる

MNP予約番号やクレジットカードなど、名義は全てLINEモバイル契約者の名義でそろえる必要があります。

クレジットカードはともかく、MNP予約番号の名義相違は、どこの格安SIMでも注意喚起されてるぐらい頻繁にあるんですよね。

もし、大手キャリアの名義とLINEモバイルの契約者になる方の名義が異なる場合は、LINEモバイルを契約する方の名義に大手キャリアで名義変更してからMNP予約番号取得、そしてLINEモバイルへ申し込む、という流れになります。

同一世帯でLINEモバイルを契約できるのは5回線まで

LINEモバイルを契約できるのは同一世帯で5回線までです。1人で5回線までじゃないので、家族でLINEモバイルを利用している方は回線数にご注意ください。

どうしてもLINEモバイルの審査に落ちてしまうってとき

入力ミスもないし本人確認書類もOK、上で紹介した基本的なルールも守ってるのにどうしても審査に落ちてしまう…ってときは他で引っかかってる場合があります。

他にどんな審査基準があるのか?というと、LINEモバイルの利用規約に「申し込みを許諾しない場合」という記載があるので紹介しますね。

要約&一部抜粋して紹介しますので、全文が気になる方はLINEモバイルの利用規約をチェックしてみてください。
⇒ LINEモバイル

【要約&一部抜粋】

・LINEモバイルの支払いを怠るおそれがある
・過去にLINEモバイルから契約を解除されたことがある
・申し込むとき虚偽の事実を通知した
・使えないクレジットカードで申し込んだ
・クレジットカードの名義が違う
・本人確認できない
・同一世帯の方がLINEモバイルを利用していて支払いを怠っている
・その他LINEモバイルの業務遂行上支障がある

「本人確認できない」など上のほうで紹介した審査基準と重複してる部分もありますが、上記に該当した場合、LINEモバイルの審査に落ちることがあります。

自分に問題なくても審査に落ちるケース

最後の『その他』に該当して審査落ちすると理不尽なかんじがしますが、まぁ稀だと思うのでひとまずおいといて、1つ個人の問題じゃないものがあるんですよね。

同一世帯の方がLINEモバイルを利用していて支払いを怠っている』というものです。自分に一切問題なくても、同一世帯の方がすでにLINEモバイルを利用していて、その支払いが滞っていれば、審査落ちの要因になりえるということです。

LINEモバイルの審査はほぼ通る

こうやって書くと、なんか難しい気になってきますが、LINEモバイルの審査は、不備と基本的なルールさえ守ればほぼ通りますよ。LINEモバイルを検討中の方は参考にしてくださいね。

以上、LINEモバイルの審査についてでした。

▼公式サイトはこちら▼
LINEモバイル

LINEモバイルの特徴をわかりやすく解説。料金プランはどんなかんじ?
毎月のスマホ料金を抑えることができれば…。そんな要望に応えてくれるのが格安SIMです。今、利用者がどんどん増加している人気のサービスなんですよね。 こ...