LINEモバイルは未成年でも契約可能!未成年で使う方法や注意点を紹介


LINEモバイルは未成年の方でも契約、もしくは利用できる格安SIMです。この記事では、LINEモバイルの未成年契約についてわかりやすく解説していきますね。

▼公式サイトはこちら▼
LINEモバイル

LINEモバイルを未成年で使う方法は?

未成年とは20歳未満のことですが、LINEモバイルでは未成年と一口に言っても、以下の2つに分かれるんですよね。

18歳と19歳
18歳未満

で、LINEモバイルを契約できる未成年は18歳と19歳の方になります。18歳未満の未成年の方がLINEモバイルを使うには、利用者として登録して使う、というかたちになります

それぞれ詳しく書いていきますね。

未成年(18歳と19歳)でLINEモバイルを契約する方法:

18歳と19歳の未成年の方がLINEモバイルを契約するには、親権者の同意が必要です。といっても、普通に契約するのと大して手間は変わらないんですよね。

LINEモバイルの申し込みで生年月日を入力すると、18歳と19歳なら以下の項目が表示されるので『親権者同意を得ている』にチェックするだけです。自分でチェックせずに、必ず親権者の方にチェックしてもらってくださいね。

チェックしたら、あとは20歳以上の方がLINEモバイルを申し込むときと同じように進めていけばOKです。

未成年(18歳未満)でLINEモバイルを利用する方法:

18歳未満の未成年の方がLINEモバイルを使うには利用者として登録する必要があります。「契約者→親」「利用者→子供」こんなかんじになるということです。

利用者登録する方法は、親名義でLINEモバイルの申し込むを進めていくと、以下のように「利用者設定について」という項目があるので『利用者と契約者が違います。』を選びます。

選んだら利用者の「名前・性別・生年月日」が入力できるようになるので、入力して申し込みを進めていくという流れになります。

なお、18歳未満の方を利用者登録する際には、フィルタリングサービスを利用するかどうかの確認もされます。

親権者の同意があれば利用しないという選択肢もありますが、LINEモバイルではフィルタリングアプリが無料で使えるのでつけときましょう。

利用者登録するとき利用者の本人確認書類は必要?

利用者の本人確認書類は不要です。利用者を登録してLINEモバイルに申し込むときでも、必要な本人確認書類は契約者のものだけでOKです。

利用者はあとからでも登録・変更可能!

ちなみに、利用者はあとからでも登録・変更可能です。LINEモバイルのマイページにログインして「契約者情報」→「利用者情報」→「修正する」と進んでいくと手続きできますよ。

未成年(18歳未満)がLINEモバイルを使うときの注意点

18歳と19歳の未成年の方は、親の同意があれば普通にLINEモバイルを契約できるので特にないんですが、18歳未満の方が利用者としてLINEモバイルを使うとき、知っておきたい注意点が2つあるので紹介しますね。

MNP転入するなら名義は同じに

まず1つは、LINEモバイルにMNP転入する際は今利用している携帯会社の契約者の名義とLINEモバイルの契約者の名義を同じにする必要があります

例えば、ドコモだと親の同意があれば中学生から契約者になれるので、18歳未満で契約者になってる方は、LINEモバイルを契約できる方の名義(親名義)に変更してからじゃないとMNP転入できないということです。

LINEモバイルは名義変更(譲渡)ができない

もう1つは、LINEモバイルでは結婚などで姓が変わるとき以外は名義変更ができないという点です。

利用者登録してLINEモバイルを使ってる未成年の方は、大人になって契約者になりたい!と思っても、解約して再契約するしか方法はないということです。

LINEモバイルはフィルタリングアプリ無料が魅力

LINEモバイルは18歳未満の方の利用においては、フィルタリングアプリが無料!というのが魅力的な格安SIMです。上で紹介した名義変更ができない、というデメリットと天秤にかけて、申し込むか検討してみてくださいね。

以上、LINEモバイルの未成年契約についてでした。

▼公式サイトはこちら▼
LINEモバイル

LINEモバイルの特徴をわかりやすく解説。料金プランはどんなかんじ?
毎月のスマホ料金を抑えることができれば…。そんな要望に応えてくれるのが格安SIMです。今、利用者がどんどん増加している人気のサービスなんですよね。 こ...