mineo(マイネオ)の解約方法は?最低利用期間や違約金はどうなってる?


この記事ではmineo(マイネオ)の解約についてわかりやすく解説していきます。

mineoは簡単に解約できるのか?最低利用期間はどうなっているのか?mineoを諸事情で解約したい!もしくは契約する前に解約について知っておきたい!って方は参考にしてくださいね。

▼公式サイトはこちら
mineo

mineoの解約方法:

mineoの解約は、mineo公式サイトの「解約・他社へのMNP転出をご検討中のお客さまへ」というページから簡単に手続きできます
⇒ 解約・他社へのMNP転出をご検討中のお客さまへ(mineo公式)

当該ページに行くと以下の4択が表示されるのでどれかをクリックします。

そして、遷移したページの最下部にスクロールすると以下の4択が表示されるので、手続きしたい項目を選びます。解約するなら上から2番目(赤枠)、MNP転出するなら上から3番目(青枠)です。

あとはeoIDでログインして指示に従って手続きを進めていくという流れです。

解約手続きしたらいつまで使える?

解約手続きした日にmineoは使えなくなります。(MNP転出する場合は、他社でのMNP転入手続きが完了した時点)

なお、解約月のmineoの月額基本料金は日割り計算されて請求となります。いつ解約手続きしても損はしないということですね。

SIMカードは返却する必要はある?

mineoのAプランとSプランの場合はSIMカードの返却は不要ですが、Dプランを解約するときはSIMカードを返却する必要があります

解約時に送られてくるメールに返送先の住所が記載されているので、Dプランの方は最後にSIMカードの返却を忘れないようにしましょう。

mineoの最低利用期間や違約金:

続いてmineoの最低利用期間や違約金など解約にかかる費用の紹介です。

上で書いたようにmineoは簡単に解約できるんですが、最低利用期間はどうなっているのか?というと、ないんですよね。ゆえに違約金もありません

データSIMには最低利用期間はない、という格安SIMは多いんですが、mineoは通話SIMにも最低利用期間がないという珍しい格安SIMになります

1年以内のMNP転出手数料は高く設定されている

その代わり、1年以内のMNP転出手数料が高く設定されています。

■mineoのMNP転出手数料
・12ヶ月以内 → 11,500円
・13ヶ月以降 → 2,000円

MNP転出手数料の相場はだいたい2,000円~3,000円ほどなので、1年以内だとかなり高くなるんですよね。ようは、違約金が上乗せされているということです。

そのため、1年以内にmineoからMNP転出する場合は、違約金がないといっても、他社格安SIMを解約するときと同じぐらいの費用が発生することになります。

12ヶ月以内のMNP転出手数料「11,500円」が、MNP転出手数料「2,000円」とMNP転出時契約解除料「9,500円」に分かれました。なお、合計額に変更はなく、名前が変わっただけなので、かかる費用は今までと同じです。

mineoで購入した機種の残債について:

最後に、解約したとき機種の残債はどうなるのかについてです。

解約時に分割払いの残債が残っている場合は、そのまま分割払いで完済するまで支払いが続きます。解約するから残りは一括払い!とはならないのでご安心くださいね。

ちなみに、希望すれば残りを一括払いで支払うことも可能です。その際の連絡先は以下です。

■mineoサポートダイヤル
・TEL → 0120-977-384
・受付時間 → 9:00~21:00(年中無休)

mineoの解約まとめ

以上、mineoの解約についてでした。

mineoはWEBページから簡単に解約できます。また、データSIMだけでなく通話SIMにも最低利用期間がないので、MNP転出しない限り、いつ解約しても違約金がかからない格安SIMになります。

▼公式サイトはこちら
mineo

最後になりますが、mineoの解約を検討中の方で「乗り換え先をどこにしようかな…」と、まだ決めかねている方は、以下の記事にておすすめ格安SIMを紹介していますので、ぜひ参考にしてみてください…!

≫格安SIMのおすすめはここ!徹底調査して本音で厳選