mineo(マイネオ)のデータシェアサービスをわかりやすく解説


mineo(マイネオ)のデータ容量の流動性は格安SIM業界随一です。多彩なデータシェアサービスを提供しているんですよね。

いったいどんな内容なのか?この記事では、mineoのデータシェアについてわかりやすく解説していきます。

mineoのデータシェアサービスは3つ

mineoのデータシェアサービスは以下の3つあります。もちろんどれも無料で利用できますよ

・パケットシェア
・パケットギフト
・フリータンク

パケットシェアの詳細:


mineoでは、契約したひと月のデータ容量が余れば翌月に繰り越しされます。その繰り越しされたデータ容量をシェアする(最大5人まで)、というのがパケットシェアです。

パケットシェアを利用するには

主となる方(リーダー)がmineoのマイページでグループを作るだけです。メンバーには「承認依頼メール」届くので、承認すればグループ作成完了です。メンバーが承認した翌月からパケットシェアが利用できるようになります。

パケットギフトの詳細:


パケットシェアは繰り越しされたデータ容量をシェアするのに対して、パケットギフトは当月中にデータ容量をやりとりできるというものです。

すぐにデータ容量が欲しい!ってときでも対応できるんですよね。

パケットギフトを利用するには

データ容量を贈る方は、mineoのマイページの「パケットギフト」という項目にて、贈りたいデータ容量を入力すれば『ギフトコード』を発行できるので、ギフトコードをメールなりLINEなりで相手に教えるだけです。

貰う方は、教えてもらったギフトコードをマイページで入力すると、データ容量を受け取ることができます。

データ容量を安く購入できる!

ちなみに。

パケットギフトはその簡単さゆえに、mineoのデータ容量はヤフオクやメルカリなどで盛んに売買されています。(非公式)

データ容量が急遽足りない…ってときはmineo公式からでも購入できます(150円/100MB)が、ヤフオクやメルカリなど購入すると10分の1ほどの価格で購入できる、という情報を頭の片隅にでも置いておいてくださいね。

フリータンクの詳細:


フリータンクとは、簡潔に書くとmineoユーザー全員で共有しているデータ容量のタンクで、mineoユーザなら誰でも自由に出し入れできます。

引き出すだけも可能(少し制限あり)なため、完全にmineoユーザーの善意で成り立ってるものですが、正常に機能しているというmineoだけにしかない驚きのデータシェアサービスになります。

データ容量を引き出す際の制限

少し制限あり、とはどんな制限なのか?というと、以下です。

■基本的な制限

・引き出せる日 → 毎月21日〜末前日まで
・回数の上限 → 月2回まで
・データ容量の上限 → 月1,000MBまで

■利用状況による制限

フリータンクに入れたデータ容量より、引き出したデータ容量のほうが多い方は、契約しているひと月のデータ容量の残量が1,000MB以下にならないと引き出せない。

フリータンクを利用するには

フリータンクはmineoが公式で運営しているコミュニティサイト『マイネ王』のコンテンツの1つです。なので、まず、マイネ王に登録(無料)する必要があります。

そして、登録後マイネ王にログインしたら、『eoID連携』という項目があるので、そこからmineoを契約するときに作ったeoIDで再度ログインすれば、mineoとマイネ王が連携するので、フリータンクが使えるようになるという流れです。

mineoのデータシェアサービスを活用しよう!

以上、mineoのデータシェアサービスについてでした。

データ容量は、毎月のスマホ料金を決める重要な要素。そんなデータ容量を最も自由にシェアできる格安SIMがmineoです。mineoのデータシェアサービスを活用してお得に格安SIMライフを楽しんでくださいね。

▼mineo公式サイト
mineo