ドコモからmineo(マイネオ)にMNP転入する/乗り換える方法と手順


この記事では、ドコモからmineo(マイネオ)にMNP転入する方法をわかりやすく解説していきます。mineoに乗り換えるのはスマホに詳しくないとできなさそうというイメージがありますが、そんなことありません。

これから紹介する流れにそって進めていけば、誰でも簡単に乗り換えることができるので、ドコモからmineoにMNP転入したいけどちょっとよくわからない…って方はぜひ読んでいただければと思います。

▼公式サイトはこちら
mineo

ドコモからmineoへの乗り換えが完了するまでの流れ

まず、ドコモからmineoへの乗り換えが完了するまでの流れを大まかに紹介しますと以下です。

1. MNP予約番号の取得

2. mineoに申し込む

3. SIMカードを受け取る

4. MNP切り替え手続きを行う

5. 初期設定を行う

5Stepありますが、1つ1つはなんてことない手続きなのでご安心くださいね。

ドコモからmineoにMNPする前に決めておきたいこと


ドコモからmineoにMNP転入する方法の解説の前に。

MNP転入手続きを開始する前に1つ決めておきたいことがあります。それは『ドコモのスマホをそのまま使う』か『新しいスマホに買い換える』かです。

これによって、mineoの申し込みも「SIMカードのみ」か「SIMカード+スマホ」といったように変わるんですよね。

mineoはドコモ回線/au回線/ソフトバンク回線を使ってるので、ドコモから乗り換える場合はスマホがそのまま使えます

「ドコモのスマホをそのまま使うメリット」と「新しいスマホに買い換えるメリット」を紹介しますので、どうするかの参考にしてみてください。

ドコモのスマホをそのまま使うメリット

■初期費用を抑えることができる:
スマホをそのまま使うので、当然ながら新機種を購入する費用がかかりません。

■アプリの引き継ぎなし:
SIMカードを差し替えるだけなので、アプリの引き継ぎもなしです。ちなみに、LINEのID検索もそのまま使えます。格安SIMにするとLINEのID検索ができなくなるのは、格安SIMにしたあとLINEアプリのアカウントを新規取得したり、アカウントの引き継ぎをしたときなんですよね。

【要チェック】

ドコモのスマホなら基本的にそのまま使えますが、一部古いスマホなど対応していないものもあるので、乗り換え前に必ず公式の動作確認済み端末一覧で自分のスマホが使えるかチェックしてくださいね。
⇒ mineo

mineoでスマホを買い替えるメリット

■新しいスマホが手に入る:
これは言わずもがなですね。mineoでは多種多様なラインナップから、SIMとセットで新機種を購入することができます。

では、ドコモからmineoにMNP転入する方法を1番から順に解説していきますね。『ドコモのスマホをそのまま使う』か『新しいスマホに買い換える』かどっちか決まればあとは簡単です。

【手順1】ドコモからMNP予約番号を取得する

MNP予約番号は電話番号そのままでmineoに乗り換えるときに必須なものです。ドコモからMNP予約番号を取得する方法は、以下の3通りあるので好きな方法を選んくださいね。

mineoにMNP転入するときにドコモでやらなければならない手続きは、このMNP予約番号の取得のみです。乗り換えが完了すると自動的にドコモは解約されます

電話で取得する

ドコモに電話して「MNP予約番号が欲しい」と伝えると教えてくれます。この際、あとでMNP予約番号を忘れないようにメモを用意しておきましょう。

■MNP予約番号取得の際にかけるドコモの電話番号
・ドコモの携帯から → 「151」
・ドコモの携帯以外 → 「0120-800-000」

WEBで取得する

ドコモ会員サイト「My docomo」にログイン後、ドコモオンライン手続きから取得できます。但し、以下の方はこの方法では取得不可なのでご注意ください。

■My docomoから取得できない方
・一括請求/一括送付サービスの代表番号
・3回線以上でファミリー割引をご契約の主回線

店頭で取得する

お近くのドコモショップで取得できます。

【手順2】mineoに申し込む


ドコモでMNP予約番号を取得したら、次はmineoへの申し込みです。

▼公式サイトはこちら
mineo

mineoへMNP転入するにあたっていくつか注意点があるので紹介しますね。

MNP予約番号の有効期限が10日以上必要

MNP予約番号には『15日』という有効期限があります

mineoにMNP転入するときは、有効期限が10日以上残っている必要があるので、ドコモでMNP予約番号を取得したらできるだけ早くmineoに申し込むようにしましょう。

名義が同一である

mineoにMNP転入する場合、ドコモの契約者とmineoの契約者が同一でなければなりません。

例えば、ドコモにて親名義で契約してお子さんが使ってる場合、親名義でmineoにMNP転入するならそのままでOKです。

しかし、上記のケースでお子さん名義でmineoを契約するときは、ドコモの契約者名義をお子さん名義に変更してからmineoに申し込む必要があるということです。

18歳以上である

mineoを契約できるのは『18歳以上』です。

未成年でも18歳と19歳なら契約できますが、18歳未満の方がmineoを利用するには、保護者の方に契約してもらって「利用者登録」というものをしなければなりません。

【手順3】SIMカードを受け取る

申し込みが完了すると次はSIMカードの受け取りです。

ただ、mineoは配送の日時指定ができないので、確実にいつ届くというのがわからないんですよね。なので、あくまで目安の日数の紹介になりますが、mineoに申し込んでから『1週間程度』でSIMカードが届きます

【手順4】MNP切り替え手続きを行う

SIMカードを受け取ったらMNP切り替え手続きです。(PCでの手続き推奨

これはめっちゃ簡単で、mineoのマイページにPCでログインすると「MNP転入切替/回線切替手続き」という項目があるので、そこから手続きを完了させるだけです。サクッとできますよ。

なお、「ICCID/製造番号」というものを入力する必要があるんですが、送られてきたSIMカードの台紙に記載されています。

回線が切り替わるタイミング

mineoのMNP切り替え手続きができるのは『9:00~21:00(年中無休)』になります。で、手続きしたら回線はいつ切り替わるのか?というと、30分程度で切り替えが完了します。

MNP切り替えが完了するまでドコモのSIMカードは使える

ちなみに、回線の切り替えが完了するまではドコモのSIMカードが使えます

なので不通期間はないんですよね。ドコモのSIMカードが使えなくなったら回線の切り替えが完了したということです。

端末もセットで購入しているならこれでMNP転入完了!

mineoで販売されている端末は、すでにmineoで使えるように初期設定されてるので、MNP回線切り替えした時点でMNP転入が完了です。

【手順5】初期設定を行う

手持ちのドコモ端末をmineoで使う場合、最後にやらないといけないのが『初期設定』です。ネットワーク設定、APN設定、とも呼ばれているもので、これをしないとネットが利用できません。

自分でできるのかな…と心配になってくる部分ではありますが、mineoでは、公式サイトにて画像付きで初期設定方法を解説しているので、見ながらやれば誰でもできるようになっています。

Android端末は数分、iPhoneはプロファイルというものをインストールするだけなので一瞬でできますよ。
⇒ iPhoneのAPN設定方法(mineo公式)
⇒ AndroidのAPN設定方法(mineo公式)

これでドコモからmineoへの乗り換え完了!

お疲れさまでした!これでドコモ端末を使う場合においても、mineoへの乗り換え完了です。

5Stepあるんですが、1つ1つは簡単です。まとまってるから難しそうに感じるんですよね。1つずつこなしていくと、確実にmineoに乗り換えることができるので、mineoに乗り換えたいけどわからない…って方はぜひチャレンジしてみてくださいね。

以上、ドコモからmineoにMNP転入する方法と手順でした。

▼公式サイトはこちら
mineo

mineo(マイネオ)の料金プランや特徴をわかりやすく解説
毎月のスマホ料金を抑えることができれば…。そんな要望に応えてくれるのが格安SIMです。今、利用者がどんどん増加している人気のサービスなん...