mineo(マイネオ)のプラン変更を解説。知っておきたいことはある?


この記事では、mineo(マイネオ)のプラン変更についてわかりやすく解説していきます。

mineo利用中で契約内容を変更したい!ってとき、どうすればいいのか?知っておきたいことはあるのか?気になる方は参考にしてくださいね。

mineoのデータ容量を変更する方法:

mineoではデータ容量を変更することを『コース変更』と呼びます。

で、コース変更はマイページから簡単に手続きできるんですよね。「ご契約サービスの変更」→「基本データ容量変更」と進んでいけばいいだけです。

もちろん手数料は無料ですよ。

コース変更する際に知っておきたいこと

コース変更する際に知っておきたいことは、変更手続きできる期間に制限がある、というぐらいです。

■コース変更できる期間
毎月1日~25日まで。

そして、手続きすると翌月1日から適用されます。

mineoのSIMカードの種別を変更する方法:

SIMカードの種別とは「データSIM(SMSなし)」「データSIM(SMSあり)」「通話SIM」といったものです。

mineoではデータSIMをシングルタイプ、通話SIMをデュアルタイプと呼ぶので、SIMカードの種別変更のことを『タイプ変更』と呼びます。

タイプ変更についてもコース変更と同じく、マイページから簡単に手続きできます。「ご契約サービスの変更」→「タイプ変更」と進んでいけばいいだけです。

ただ、コース変更に比べて知っておきたいことが多いんですよね。

タイプ変更する際に知っておきたいこと

手数料がかかる

タイプ変更する際はSIMカード自体が変わるので、それに伴い手数料が発生します。以下です。

・変更事務手数料 → 2,000円
・SIMカード発行料 → Dプランは394円、Aプランは406円

Dプランでタイプ変更するなら『2,394円』、Aプランなら『2,406円』かかるということです。

不通期間が生じる

SIMカード自体が変わるということは、mineoから新しいSIMカードを発送してもらうということなんですが、タイプ変更の手続きした時点で今使ってるSIMカードが使えなくなります

つまり、新しいSIMカードが届くまで不通期間になるということです。どれぐらいで届くのか?というと、mineoでは日時指定ができないため、あくまで目安の日数の紹介になりますが『1週間程度』になります。

タイプ変更と同時にMNP転入が可能

ちなみに、タイプ変更と同時にmineoにMNP転入することができます。

その際、上で書いたように、タイプ変更の手続きした時点で今使ってるmineoのSIMカードが使えなくなりますが、MNP転入元のSIMカードはmineoの新しいSIMカードが到着してMNP回線切替が完了した時点で使えなくなります。

ようは、タイプ変更と同時にMNP転入するといっても、普通にMNP転入するケースと同じで、MNP転入元との間に不通期間はないということです。

mineoのドコモとauの回線を変更する方法:

最後に、mineoのドコモとauの回線を変更する方法の紹介です。

mineoはドコモ回線とau回線を利用してサービスを提供しているので、プランも「Dプラン」「Aプラン」の2種類あるんですよね。

mineoではDプラン⇔Aプランの変更を『プラン変更』と呼びます。一番メジャーな呼び名ですが、一番頻度の低い変更になります。

変更方法については、こちらも同じくマイページの「ご契約サービスの変更」から簡単に手続きできます。

プラン変更する際に知っておきたいこと

手数料がかかる

タイプ変更するときと同じです。プラン変更する際には手数料がかかります。

・変更事務手数料 → 2,000円
・SIMカード発行料 → Dプランは394円、Aプランは406円

不通期間が生じる

プラン変更する際に電話番号を変えない場合は、新しいSIMカードが到着後に自分で回線切替の手続きができるので、不通期間は回線切替中のみ(30分程度)です。

しかし、プラン変更に伴い電話番号が変わる場合は、プラン変更の手続きをした時点で今使ってるSIMカードが使えなくなるんですよね。新しいSIMカードが届くまでの数日間が不通期間となる、ということです。

mineoのプラン変更まとめ

以上、mineoのプラン変更についてでした。

mineoの契約内容の変更は、総じてマイページから簡単に手続きできます。ただ、データ容量の変更は手数料無料で気軽にできますが、SIMカードの種別変更とドコモ回線⇔au回線の変更は、手数料と不通期間に注意、ということです。

▼mineo公式サイト
mineo