mineo(マイネオ)の料金プランを解説。DプランとAプランの違いは?


この記事では、mineo(マイネオ)の料金プランについてわかりやすく解説していきます。mineoにはどんな料金プランがあるんだろうか…と気になってる方は参考にしてくださいね。

mineoの料金プランは2種類

mineoの料金プランは説明不要、と言ってもいいぐらいシンプルです。

ただ、mineoはドコモ回線とau回線を利用してサービスを提供しているので、料金プランも「Dプラン(ドコモ回線)」「Aプラン(au回線)」といったように2種類あるんですよね。

なので、主にDプランとAプランの違いについて、踏み込んで紹介していきます。

mineoのDプランとAプランの違い

料金が違う:

まず、月額基本料金の違いからです。以下、DプランとAプランの料金です。

■Dプランの月額基本料金

■Aプランの月額基本料金

データSIM(シングルタイプ)の料金に違いはないんですが、通話SIM(デュアルタイプ)ではAプランのほうが少し安くなっています。

なお、データSIMにSMS機能を付ける場合は、Dプランならプラス『月120円』、Aプランなら『無料』です。つまり、料金面に関してはAプランのほうが優位になっているということです。

使える機種が違う:

ドコモ回線とau回線では電波の周波数が違います。その影響で、DプランとAプランでは使える機種が違うんですよね。

なので、基本的に『mineoで使う予定の機種』っていうのが、DプランかAプランかどっちにするかの決め手になります。Dプランで使える機種ならDプラン、Aプランで使える機種ならAプランです。

mineoで使う予定の機種がどっちのプランで使えるかはmineoの動作確認端末ページで簡単に調べることができるので、申し込む前には必ずチェックするようにしましょう。
→ mineo

もちろん両方のプランで使える機種もありますよ。というか両方のプランで使える機種のほうが多いです。Dプランか?Aプランか?迷う原因になるんですが、料金含め、その他の違いを参考にしてどっちにするか決めてくださいね。

iPhoneのテザリングの違い:

mineoはiPhoneで使われている格安SIMのシェアNo.1です。しかし、プランによってiPhoneのテザリングが不可になってるんですよね。

・Dプラン → テザリング可能
・Aプラン → テザリング不可

これについては、au回線を使ってる格安SIMの中でKDDI傘下の格安SIM(UQモバイル、BIGLOBEモバイルのタイプA)でのみ、iPhoneのデザリング可能という現状があるのでいつか解決しそうです。

実際、いつになるかは不明ですがAプランでもテザリングが可能になる目処は立っているそう。(こちらを参考

ちなみに、Android端末については、プランによるというより、テザリングできるかどうかは機種によります。

通信制限の違い:

通信制限といえば、契約しているひと月のデータ容量を超過したときにかかる、というのが超有名ですよね。でも、それとは関係なしに3日で所定のデータ容量を消費すれば通信制限にかかるというものも存在します。

で、Dプランには3日制限はありませんが、Aプランにはあるというわけです。Aプランは3日で6GB以上使うと通信制限にかかります。

3日で6GBというのは、かなりヘビーに使わないと消費できないデータ容量なので、そんなに気にする必要もないんですが、参考情報としてAプランには3日制限があるということを覚えておいてくださいね。

あとは大手キャリア「ドコモ」と「au」の違い

上で紹介したものが、mineoのDプランとAプランのどっちにするかの決め手になりうる主な違いです。

あとは「通話オプション名が微妙に違う」「SMS送信料が違う」などといったような大手キャリア『ドコモ』と『au』の違いが、そのままDプランとAプランの違いとして現れています。

mineoの料金プランまとめ

以上、mineoの料金プラン、特にDプランとAプランの違いについてでした。

簡潔にまとめますと、料金が安いのはAプラン、デザリングや通信に関しての制限が少ないのがDプランということです。

▼mineo公式サイト
mineo