NifMoの通話料は「半額ダイヤル」と「かけ放題」で安くなる。詳細は?


この記事では、NifMo(ニフモ)の通話料についてわかりやすく解説していきます。NifMoに乗り換えると通話料はいくらぐらいになるんだろう…と気になってる方は参考にしてくださいね。

NifMoの通話料

NifMoの通話料は『30秒で20円』です。大手キャリアや他社格安SIMと特に変わりないんですよね。

で、各社この通話料を安くするため、かけ放題などのサービスを提供しているんですが、NifMoにはどんなサービスがあるのか?というと以下です。

・NifMo 半額ダイヤル
・10分かけ放題

上記を活用すれば、NifMoの通話料をグッと抑えることができます。それぞれどんな内容なのか詳しく紹介していきますね。

NifMo 半額ダイヤルの詳細

「NifMo 半額ダイヤル」は、NifMoの通話SIMを契約している方が利用できる専用の通話アプリです。名前の通り、「NifMo 半額ダイヤル」で発信するだけでNifMoの通話料が半額の『30秒で10円』になるんですよね。

申し込み不要で、アプリをインストールするだけ使えるようになります。なお、インストールすると連絡先が同期されるので、「NifMo 半額ダイヤル」を使う際に連絡先を再登録する手間もなしですよ。

→ NifMo 半額ダイヤル(iPhone版)
→ NifMo 半額ダイヤル(Android版)

NifMo 半額ダイヤルの特徴:

電話回線を利用したものなので通話品質も良く、相手にも電話番号がそのまま通知されます。普通の電話と同じように使えるんですよね。

なので、NifMoの通話SIMを契約している方にとっては利用必須ともいえる通話アプリになります。

NifMo 半額ダイヤルを利用する際に知っておきたいこと

ただ、NifMo 半額ダイヤルには「発信できない連絡先がある」というデメリットが存在します。主なものは以下です。

・110番や119番などの3桁番号
・フリーダイヤル
・ナビダイヤル

普段使いするうえでは、あまり支障はないかと思いますが、特に緊急時に「NifMo 半額ダイヤル」は使えない、ということを覚えておいてくださいね。

NifMoの10分かけ放題の詳細

NifMoのかけ放題は、1回の通話が10分以内なら何回でもかけ放題というものです。オプション代は『月830円』。

オプションに申し込んだあと、上で紹介した「NifMo 半額ダイヤル」で発信した通話に適用されるという仕組みです。そのため、10分超過後の通話料も半額の『30秒で10円』になります。

10分かけ放題をつけるかどうかの目安:

オプション代の月830円は、通話しなくてもかかってくる料金になります。つまり、月830円分以上、通話しないと損になるんですよね。

月830円は、「NifMo 半額ダイヤル」で発信した通話料『30秒で10円』で計算すると、月41分30秒の通話時間に相当します。あくまで単純計算になりますが、『月41分30秒』も通話しないなら、かけ放題をつけずに「NifMo 半額ダイヤル」のみの利用のほうがお得になるということです。

NifMoの通話料まとめ

以上、NifMoの通話料についてでした。

NifMoの通話料は「NifMo 半額ダイヤル」で半額に、そして、それだけじゃ通話料が抑えられない…ってときは「10分かけ放題」をつけることによって、たくさん通話する方でも通話料を安く抑えることができる、ということです。

▼NifMo公式サイト
NifMo