NifMo(ニフモ)のファミリープログラムをわかりやすく解説


NifMo(ニフモ)には、家族でまとめて乗り換えると特典がつくファミリープログラムというものがあります。

どういった内容なのか?この記事では、NifMoのファミリープログラムについてわかりやすく解説していきますね。

NifMoのファミリープログラムの詳細:

NifMoを契約するときは「@nifty ID」を取得することになります。

で、NifMoのファミリープログラムは、複数IDの@niftyの支払いを1つのIDにまとめる、という@niftyの『ファミリープラン』の仕組みを利用しているんですよね。

つまり、NifMoの支払いを1つのIDにまとめることが前提で、支払いをまとめることによって、家族みんなでNifMoのデータ容量をシェアできたり、特典が付与されたりするというものです。

ちなみに、NifMoの料金を支払うIDを「親ID」、まとめられたIDを「子ID」と呼びます。子IDは最大6個まで追加できます。

以下、NifNoのファミリープラグラムの特典を紹介していきますね。

毎月500MBのデータ容量が人数分プレゼントされる

ファミリープログラム内のNifMoの契約数に応じて、個別に毎月500MBのデータ容量が付与されるようになります。

データ容量をシェアできる

NifMoはファミリープログラム内でのみデータ容量のシェアが可能になっています。

なお、上のほうでも書いたようにファミリープログラムの概要は支払いを1つのIDにまとめる、というものなんですよね。子IDといえども親IDのNifMoの契約と料金含めて何も変わりません。

そのため、データ容量をシェアする/しないはIDごとに自分で自由に決めることができます。例えば親子3人でファミリープログラムを利用する場合、母子はデータシェアするけど父はシェアしない!ってことも可能なんですよね。

・父 → 3GB(シェアしない)
・母 → 3GB(シェアする)
・子 → 3GB(シェアする)

上記のように契約したとすると、特典として500MBを1人ずつにプレゼントされるので、父は3.5GBを1人で消費する、母子は7GBを2人で消費する、というふうになります。

データシェアを利用する際に知っておきたいこと:

シェアする/しないは、個別にそれぞれの@nifty IDでログインしたらマイページから簡単に手続きできます。

ただ、「シェアしない」→「シェアする」に変更すると、それまでに繰り越しされたデータ容量があった場合は消滅する、ということを覚えておいてくださいね。

未成年でも自分の名義で契約できる

NifMoを契約できるのは20歳以上です。しかし、ファミリープログラムを活用すると20歳未満の未成年の方でも自分名義でNifMoを契約することができます。

■未成年の方の名義でNifMoを契約する流れ

【1】親IDの方が子IDを作成する

【2】作成した子IDで未成年の方の名義でNifMoに申し込む

20歳以上になったので、自分でNifMoの利用料金を払いたい!ってときは、子IDをあとから独立させることも可能です。

NifMoのファミリープログラムを利用するときの注意点

再度書きますが、NifMoのファミリープログラムは@niftyの「ファミリープラン」の仕組みを利用しています。これ、有料なんですよね。

ちょっとややこしい話になりますが、ファミリープラン内にNifMoユーザーが2人以上存在すれば、自動的にNifMoのファミリープログラムが適用されるようになります。で、NifMoユーザーが1人でも存在していることによって、ファミリープランの月額料金が無料になっているというわけです。

ようは、NifMoを利用しているときは、なんら問題はないということです。

注意が必要なのはNifMoを解約するとき

ただ、NifMoを解約するときは注意が必要です。

@niftyのファミリープランは子IDが0になれば利用解除されます。しかし、NifMoを解約しても@nifty IDは残ります。NifMoの解約は2段階になってて、あとで@nifty IDも解約しないといけないんですよね。

ファミリープラン内にNifMoユーザーが1人でも存在すれば、ファミリープランの料金は無料になりますが、NifMoをすべて解約して@nifty IDだけ残ってる状態になれば余計なお金を払うことになります。

また、ファミリープランの料金とは別に、NifMoを解約した翌月から@nifty IDごとに@nifty基本料金も発生するようになります。

なので、NifMo以外に@niftyのサービスを利用していない方は、NifMoを解約したあとに@nifty IDの解約を忘れないようにしましょう。

NifMoのファミリープログラムを活用しよう!

以上、NifMoのファミリープログラムについてでした。

NifMoに家族での乗り換えを検討中の方は、ぜひファミリープログラムを活用してくださいね。

▼NifMo公式サイト
NifMo