従量制の料金プランがある格安SIMを紹介。自動で最適な料金に!


格安SIMで契約したひと月のデータ通信量が「足りないな…/余ってしまうな…」と感じたら、プラン変更(会社によって名称は異なる)という手続きをすれば簡単に変更できます。そして、大概の格安SIMは手続きすると翌月から適用されます。

そんな格安SIMですが、中には自動で最適な料金にしてくれるという従量制の料金プランがある格安SIMもあるんですよね。プラン変更忘れを防ぐことができますし、プラン変更する手間も省けます。

月500MBまでなら無料で通信できる格安SIM


nuroモバイルは月500MBまでなら無料という『0SIM』を提供している格安SIMです。通話SIMなら700円加算されますが、データSIMならほんとに0円になります。

この0SIMが従量制の料金プランになります。

500MBまでは0円で、500MB以降は100MBにつき100円ずつプラスされていきます。そして2GBに達すると、定額制に切り替わり1,600円で5GBまで高速通信ができるという仕組みになっています。

なお、5GBを超えると制限にかかり低速通信になります。使わなければ0円、いっぱい使っても上限は1,600円ということですね。料金の変動をまとめると以下です。

■データSIM
・1GB以下 → 0円~500円
・1GB超~2GB → 600~1,600円
・2GB超~5GB → 1,600円定額

■通話SIM
・1GB以下 → 700円~1,200円
・1GB超~2GB → 1,300~2,300円
・2GB超~5GB → 2,300円定額

▼nuroモバイル公式サイト
nuro mobile

1GBで料金が切り替わる格安SIM


U-mobileは1GBを境に料金が切り替わる『ダブルフィックス』というプランを提供している格安SIMです。

高速通信ができる容量は3GBまでとなっており、料金は以下のように変動します。

■データSIM
・1GB以下 → 680円
・1GB超~3GB → 900円

■通話SIM
・1GB以下 → 1,480円
・1GB超~3GB → 1,780円

▼U-mobile公式サイト
U-mobile

5段階で料金が変動する格安SIM


b-mobileは1GBから5GBまで5段階で料金が変動する『おかわりSIM』というプランを提供している格安SIMです。料金は以下になります。

■データSIM
・1GBまで → 500円
・1GB~2GBまで → 750円
・2GB~3GBまで → 1,000円
・3GB~4GBまで → 1,250円
・4GB~5GBまで → 1,500円

■通話SIM
・1GBまで → 1,300円
・1GB~2GBまで → 1,550円
・2GB~3GBまで → 1,800円
・3GB~4GBまで → 2,050円
・4GB~5GBまで → 2,300円

▼b-mobile公式サイト
b-mobile

10GBまで従量制で対応できる格安SIM


エキサイトモバイルは10GBまで従量制の料金プランで対応できる格安SIMです。

ちなみに、3枚コースという複数枚のSIMカードの利用においても従量制にできる料金プランもあります。その際はすべてのSIMカードで消費したテータ通信量の合計によって料金が変動します。(3枚コースでは最大15GBまで)

この記事では上で紹介したそれぞれの格安SIMとの比較のため、1枚コースの料金を紹介しますね。

■データSIM
・500GBまで → 630円
・500GB超~1GB → 660円
・1GB超~2GB → 770円
・2GB超~3GB → 880円
・3GB超~4GB → 1,150円
・4GB超~5GB → 1,450円
・5GB超~6GB → 1,600円
・6GB超~7GB → 1,900円
・7GB超~8GB → 2,120円
・8GB超~9GB → 2,200円
・9GB超~10GB → 2,380円

■通話SIM
・500GBまで → 1,330円
・500GB超~1GB → 1,360円
・1GB超~2GB → 1,470円
・2GB超~3GB → 1,580円
・3GB超~4GB → 1,850円
・4GB超~5GB → 2,150円
・5GB超~6GB → 2,300円
・6GB超~7GB → 2,600円
・7GB超~8GB → 2,820円
・8GB超~9GB → 2,900円
・9GB超~10GB → 3,080円

▼エキサイトモバイル公式サイト
エキサイトモバイル

あまりスマホを使わない期間が多めなら従量制の格安SIMは便利

「ほとんどスマホを使わないけど、たまにグッと使うときがある」といったように、毎月使うデータ通信量に大きくムラがある方は従量制の料金プランにしておくと、自動で最適な料金にしてくれるので便利です。

基本的には安くスマホ料金を抑えることができて、使いたいときにはプラン変更の手続きせずとも使いたいだけ使えるようになります。定額制だと、あまり使わないからといってテータ通信量を少なくしておくと、不意に使いたいってときにすぐ制限にかかりますし、増やそうにも翌月まで待たないといけなかったり…。

などなど。スマホの利用スタイルによって従量制の料金プランは大いに役立つこともあるので、格安SIM選びの選択肢の1つに入れてみてくださいね。

以上、従量制の料金プランがある格安SIMの紹介でした。