楽天モバイルがデータ通信量超過時の制限の1つ「3日制限」を撤廃


2017年3月1日より、楽天モバイルが3日間の通信速度制限を撤廃しました。これで楽天モバイルがますます利用しやすい格安SIMになりましたよ。

この記事では「何が変わったのかわからない…」という方向けにわかりやすく解説していきます。

楽天モバイルのデータ通信量超過時の制限は2つあった

楽天モバイルのデータ通信量超過時の制限は2つあったんですよね。

ひと月のデータ通信量を超過時

1つは「データ通信量月○○GBまで!」っていう、いわゆる契約したひと月のデータ通信量を超えると通信速度制限されるというものです。これは契約するときに、誰もが何GBにするか選ぶし料金も違うしで、わかりやすい制限です。

3日間で所定のデータ通信量を超過時

上記とは別に、楽天モバイルには『3日間で所定のデータ通信量を超過すると通信速度制限される』っていうわかりにくい制限があったんですよね。それがこの度、撤廃されました。

楽天モバイルで3日間の通信速度制限あったのは10GB以下のプラン

楽天モバイルで3日間の通信速度制限あったのは10GB以下のプランです。大容量プラン(20GB、30GB)には元から3日間の通信速度制限はありませんでした。

以下が3日間の通信速度制限があったプランごとのデータ通信量の上限です。

・3.1GBプラン → 3日で540MB

・5GBプラン → 3日で1GB

・10GBプラン → 3日で1.7GB

・コミコミプランS・M/2GB(*) → 3日で400MB

・コミコミプランL・LL/4GB → 3日で800MB

(*)2017年9月よりコミコミプランの新規受付は停止し、「スーパーホーダイ」というプランが新たに登場しました。

3.1GBプランやコミコミプランS・Mなんかは、ほんとすぐにでも超過しそうなラインだったんですよね。

この上限がすべて撤廃されたので、契約してるひと月のデータ通信量に余裕があるのに、通信速度制限されるというちょっと納得のいかないことが起こらないようになりました。

毎日は使わないけど、たまに動画とか見てデータ通信量をガツンと使う方にとっても楽天モバイルは使いやすくなったというわけです。

データ通信量を超過して通信速度制限にかかるとどうなる?

続いてデータ通信量を超過して通信速度制限されるとどうなるかも紹介しますね。3日制限がなくなったので、契約してるひと月のデータ通信量を超過した場合です。

通信速度が「最大200kbps」になる

最大200kbpsってどれくらいの通信速度か個人的な体感で書くと以下になります。

・LINEのメッセージ見る → 普通に使える

・LINEで受信した画像見る → 読み込み遅っ!

・サイト閲覧 → 画像を多用していれば見る気なくす…

・動画を見る → 選択肢から完全に消去

ようするに、めちゃくちゃ通信速度が遅くなるんですよね。

最大200kbpsの使い道

上で書いたように通信速度制限にかかると使い勝手がかなり悪くなるんですが、制限にかからずとも楽天モバイルはアプリで高速⇔低速の切替ができますし、ベーシックプランという通信速度が最大200kpbsのプランがあるくらいなので、もちろん使い道もあります。参考情報としておすすめの使い道を紹介しますね。

楽天モバイルの低速通信は使い放題

楽天モバイルの低速通信(最大200kpbs)の強みは使い放題という点です。長時間利用しがち、かつ低速通信でも快適に利用できるサービスとの相性がバツグンにいいんですよね。

どんなサービスが当てはまるのか?というとネットラジオや音楽ストリーミングサービスです。これらのサービスを愛用している方は、アプリであえて低速にすることによって高速通信の容量を消費せずに楽しむことができます。

楽天モバイルはひと月のデータ通信量だけ気にすればいいように

3日制限のある格安SIMは少数派になりつつありますが、まだあります。高速通信にはないけど低速通信に3日制限があるっていう格安SIMもあるんですよね。

楽天モバイルは高速にも低速にも3日制限がない格安SIMになったので、通信制限にかからないようにするには、契約しているひと月のデータ通信量を超過しないかだけ気にすればいいようになったということです。

以上、楽天モバイルの3日間の通信速度制限の撤廃についての話でした。

▼楽天モバイル公式サイト
楽天モバイル