ドコモから楽天モバイルにMNP転入する(乗り換える)方法と手順


この記事では、ドコモから楽天モバイルにMNP転入する方法をわかりやすく解説していきます。

楽天モバイルに乗り換えるのはスマホに詳しくないとできなさそうというイメージがありますが、そんなことありません。

これから紹介する流れにそって進めていけば、誰でも簡単に乗り換えることができるので、ドコモから楽天モバイルにMNP転入したいけどちょっとよくわからない…って方はぜひ読んでいただければと思います。

ドコモから楽天モバイルへの乗り換えが完了するまでの流れ

まず、ドコモから楽天モバイルへの乗り換えが完了するまでの流れを大まかに紹介しますと以下です。

1. MNP予約番号の取得
   ↓
2. 楽天モバイルに申し込む
   ↓
3. SIMカードを受け取る
   ↓
4. MNP切り替え手続きを行う
   ↓
5. 初期設定を行う

5Stepありますが、1つ1つはなんてことない手続きなのでご安心くださいね。

ドコモから楽天モバイルにMNPする前に決めておきたいこと


ドコモから楽天モバイルにMNP転入する方法の解説の前に。

MNP転入手続きを開始する前に1つ決めておきたいことがあります。それは『ドコモのスマホをそのまま使う』か『新しいスマホに買い換える』かです。

これによって、楽天モバイルの申し込みも「SIMカードのみ」か「SIMカード+スマホ」といったように変わるんですよね。

楽天モバイルはドコモ回線を使ってるので、ドコモから乗り換える場合はスマホがそのまま使えます

「ドコモのスマホをそのまま使うメリット」と「新しいスマホに買い換えるメリット」を紹介しますので、どうするかの参考にしてみてください。

ドコモのスマホをそのまま使うメリット

■初期費用を抑えることができる:
スマホをそのまま使うので、当然ながら新機種を購入する費用がかかりません。

■アプリの引き継ぎなし:
SIMカードを差し替えるだけなので、アプリの引き継ぎもなしです。ちなみに、LINEのID検索もそのまま使えます。格安SIMにするとLINEのID検索ができなくなるのは、格安SIMにしたあとLINEアプリのアカウントを新規取得したり、アカウントの引き継ぎをしたときなんですよね。

【要チェック】

ドコモのスマホなら基本的にそのまま使えますが、一部古いスマホなど対応していないものもあるので、乗り換え前に必ず公式の動作確認済み端末一覧で自分のスマホが使えるかチェックしてくださいね。
→ 対応端末

楽天モバイルでスマホを買い替えるメリット

■新しいスマホが手に入る:
これは言わずもがなですね。楽天モバイルはスマホ端末の取り扱い数が業界トップクラスなので、多種多様なラインナップから選ぶことができます。
→ 販売端末一覧

では、ドコモから楽天モバイルにMNP転入する方法を1番から順に解説していきますね。『ドコモのスマホをそのまま使う』か『新しいスマホに買い換える』かどっちか決まればあとは簡単です。

【手順1】ドコモからMNP予約番号を取得する


MNP予約番号は電話番号そのままで楽天モバイルに乗り換えるときに必須なものです。ドコモからMNP予約番号を取得する方法は、以下の3通りあるので好きな方法を選んくださいね。

楽天モバイルにMNP転入するときにドコモでやらなければならない手続きは、このMNP予約番号の取得のみです。乗り換えが完了すると自動的にドコモは解約されます。

電話で取得する

ドコモに電話して「MNP予約番号が欲しい」と伝えると教えてくれます。この際、あとでMNP予約番号を忘れないようにメモを用意しておきましょう。

■MNP予約番号取得の際にかけるドコモの電話番号

・ドコモの携帯から → 「151」
・ドコモの携帯以外 → 「0120-800-000」

WEBで取得する

ドコモ会員サイト「My docomo」にログイン後、ドコモオンライン手続きから取得できます。但し、以下の方はこの方法では取得不可なのでご注意ください。

■My docomoから取得できない方

・一括請求/一括送付サービスの代表番号
・3回線以上でファミリー割引をご契約の主回線

店頭で取得する

お近くのドコモショップで取得できます。

【手順2】楽天モバイルに申し込む


ドコモでMNP予約番号を取得したら、次は楽天モバイルへの申し込みです。
→ 楽天モバイル

楽天モバイルへMNP転入するにあたっていくつか注意点があるので紹介しますね。

MNP予約番号の有効期限が10日以上必要

MNP予約番号には『15日』という有効期限があります。

楽天モバイルにMNP転入するときは、有効期限が10日以上残っている必要があるので、ドコモでMNP予約番号を取得したらできるだけ早く楽天モバイルに申し込むようにしましょう。

名義が同一である

楽天モバイルにMNP転入する場合、ドコモの契約者と楽天モバイルの契約者が同一でなければなりません。

例えば、ドコモにて親名義で契約してお子さんが使ってる場合、親名義で楽天モバイルにMNP転入するならそのままでOKです。

しかし、上記のケースでお子さん名義で楽天モバイルを契約するときは、ドコモの契約者名義をお子さん名義に変更してから楽天モバイルに申し込む必要があるということです。

20歳以上である

楽天モバイルを契約できるのは『20歳以上』です。20歳未満の方が楽天モバイルを利用するには、20歳以上の方に契約してもらって「利用者登録」というものをしなければなりません。

MNP手続き方法は「電話」にする

楽天モバイルの申し込みを進めていくと、MNP手続き方法の項目で「楽天モバイル開通受付センター電話して開通する」という箇所があるので、必ずここにチェックを入れてください。

チェックを入れないと、大手キャリアも楽天モバイルも両方とも使えない期間が2~3日ほど生じるんですよね。かなり不便なことになります。

【手順3】SIMカードを受け取る


申し込みが完了すると次はSIMカードの受け取りです。楽天モバイルは配送の日時指定が可能なので、都合のいい日時を指定してSIMカードを受け取りましょう。

仮に日時指定しなかった場合は?というと最短2日でSIMカードが届きます。

【手順4】MNP切り替え手続きを行う


SIMカードを受け取ったらMNP切り替え手続きです。楽天モバイルに申し込むとき、MNP手続き方法は「電話」にしてると思うので、楽天モバイル開通受付センターに電話するだけでOKです。

■楽天モバイル開通受付センター

TEL → 「0800-805-1111」

回線が切り替わるタイミング

いつ電話するかによって、回線切替のタイミングが以下のように異なります。

・9:00~20:59 → 当日中(所要時間15分程度)

・21:00~翌8:59 → 9:00以降(所要時間60分程度)

MNP切り替えが完了するまでドコモのSIMカードは使える

MNP手続き方法を「電話」にしてる場合は、MNP手続きを申し込んで回線が切り替わるまではドコモのSIMカードが使えます。なので不通期間はないんですよね。ドコモのSIMカードが使えなくなったら回線の切り替えが完了したということです。

【手順5】初期設定を行う


最後の難関、初期設定です。SIMカードのみ購入しているなら現在利用中のスマホのSIMカードを差し替え、スマホ端末もセットで購入しているなら新しいスマホに楽天モバイルのSIMカードを差し込んで初期設定しましょう。

自分でできるのかな…と心配になってくる部分ではありますが、楽天モバイルではSIMカードの差し込みからスマホが使えるようになるまで、公式動画でわかりやすく解説しています。動画にそって進めていくだけで、誰でもできますよ。

iPhoneとAndroidで初期設定の方法が異なるので、楽天モバイルで利用するスマホ端末にあったほうをご覧ください。

iPhoneの初期設定

【iOS】楽天モバイルAPN設定方法 iPhone6S編

【iOS】楽天モバイルAPN設定方法 iPhone6S編

Androidの初期設定

【Android】楽天モバイルAPN設定方法 honor6 Plus編

【Android】楽天モバイルAPN設定方法 honor6 Plus編

これでドコモから楽天モバイルへの乗り換え完了!

お疲れさまでした!これでドコモから楽天モバイルへの乗り換え完了です。

5Stepあるんですが、1つ1つは簡単です。まとまってるから難しそうに感じるんですよね。1つずつこなしていくと、確実に楽天モバイルに乗り換えることができるので、楽天モバイルに乗り換えたいけどわからない…って方はぜひチャレンジしてみてくださいね。

以上、ドコモから楽天モバイルにMNP転入する方法と手順でした。

▼楽天モバイル公式サイト
楽天モバイル