格安SIMってなに?格安SIMはなぜ安いの?わかりやすく解説


安いサービスって、安い理由を知らないとなんか不気味で利用するのをちょっと躊躇しますよね。『安かろう悪かろう』という言葉あるぐらいです。

今人気のサービス「格安SIM」も今まで払ってたスマホ料金はなんだったんだ…っていうぐらい安くなるので、逆に心配になってくるレベルなんですよね。でも格安SIMにはちゃんとした安い理由があります。

この記事では、格安SIMという言葉だけは知ってるという方向けに、格安SIMについてわかりやすく解説していきますね。

格安SIMって?

利用しているスマホには「SIMカード」という小さいICカードが必ず差さってるんですよね。SIMカードはスマホを利用するときに必要なものです。

で、ただ単に大手キャリアより格段に利用料金が安いから『格安SIM』と呼ばれているというだけです。

SIMカードを指す言葉というより大手キャリアより安いサービスという意味合いで使われることが多いです。

ちなみに、格安SIMとセットのようによくみかける『格安スマホ』という言葉。これはそのまま安いスマホ端末を指す言葉として使われることもあれば、格安SIMと同じような意味合いで使われることもあります。

格安SIMが安い理由

続いて、格安SIMの安い理由です。

格安SIMが安いのは、端的に書くと大手キャリアから必要な分だけ回線を借りてサービスを提供しているからです。

ケータイの電波って目に見えないのでわかりづらいですが、維持コストってけっこうかかるんですよね。通信設備の管理・運営には人件費もかかりますし、通信エリアを拡大していこうものなら新たな通信設備も必要になってきます。

格安SIMは、こういった費用が浮いてくるので、その分、価格に反映されているというわけです。だから安いんですよね。

しかも、大手キャリアの回線を借りてるので、大手キャリアと同じ通話品質・通信エリアで利用することができるようになっています。

格安SIMはいいとこ取りではない

これで格安SIMにデメリットがなければ、まさにいいとこ取りです。それこそ怪しいサービスですね。

しかし、格安SIMは大手キャリアから「必要な分だけ」回線を借りているというのがポイントで、回線が混雑したときの影響を受けやすいんですよね。なので、昼時などの混雑する時間帯はグッと通信速度が低下するようになります。

他にも格安SIMならではのデメリットが存在する

他にもスマホ料金が安い反面、格安SIMならではのデメリットがちゃんと存在してるんですよね。箇条書きすると以下です。

・キャリアメールが使えなくなる

・LINEアプリのID検索ができなくなる

・一部端末でテザリングできなくなる

・初期設定を自分でしないといけない

・利用中にスマホが壊れたとき困るかも

それぞれのデメリットの詳細はまとめて別記事で解説しているので、気になるデメリットがあれば確認してみてくださいね。

格安SIMは安くて良いサービス

上で紹介したとおり、格安SIMには安い理由がしっかりとあって、それ相応のデメリットもあります。ただ、デメリットは大して影響を受けない方がほどんどなんですよね。知らなければ戸惑うぐらいで、知っていれば対策はできます。

つまり、格安SIMは『安かろう悪かろう』というサービスではなく、大手キャリアより劣る部分を考慮しても、料金が安くなるメリットのほうがでかいサービスということです。

以上、格安SIMってなに?格安SIMはなぜ安いの?…というお話でした。コスパがバツグンにいいので、デメリットが特に気にならない方は格安SIMおすすめですよ。