格安SIMにするとキャリアメールが使えない。メールはどうなる?


大手キャリアから格安SIMに乗り換えると、大手キャリアを解約するわけなので、当然ながら「~@docomo.ne.jp」「~@ezweb.ne.jp」「~@softbank.ne.jp」といったキャリアメールが使えなくなります。

最近はLINE等の普及により、キャリアメールをほぼ使ってないって方も増えたので、格安SIMにしても影響ない方が多いです。

ただ、格安SIMにしなければよかった…とあとで後悔しないように、キャリアメールが使えなくなることによるデメリットは知っておいたほうが良いと思うので、この記事では、それも含めて格安SIMのメールについて書いていきます。

格安SIMにするとメールはどうなる?

まず、格安SIMにしてもメール機能は使えますのでご安心くださいね。格安SIMでメール機能を使うには以下の2パターンあります。

格安SIMが独自で提供しているメールを使う

一部提供していなかったり、有料だったりしますが、格安SIMは基本的に無料で独自のメールアドレスを提供しています。楽天モバイルだったら「@rakuten.jp」、mineoだったら「@mineo.jp」といったメールアドレスが無料で使えます。

フリーメールを使う

フリーメールとは「Gmail」や「Yahoo!メール」といったもので、名前の通りもちろん無料で利用できるメールサービスです。

個人的には格安SIMでメール機能を使うときは、フリーメールをメインとして、格安SIMの独自で提供しているメールはサブでの利用がおすすめです。フリーメールだと、今後どこの会社に乗り換えてもそのまま使えますしね。

キャリアメールが使えないことによるデメリットは?

上で書いたようにキャリアメールは使えませんが、格安SIMでもメール機能は特に不自由なく使えるんですよね。

では、どんなデメリットがあるのか?というと、人によって大きな影響がありそうなものは以下の2つです。

迷惑メール扱いされるかもしれない

格安SIMが独自に提供しているメールとフリーメールは共に『PCメール』です。(UQモバイルは除く)

なので、メールのやりとりしている相手がキャリアメールを使ってる方だと、迷惑メール扱いされてメールが届かない場合があるんですよね。これはキャリアメールの『迷惑メール機能』によるものです。

ちなみに、UQモバイルが独自で提供しているメール「@uqmobile.jp」は携帯メール扱いになるので、PCメール一括拒否は免れます。

といっても、大手キャリアのメールしか受けつけないように設定されていればUQモバイルのメールも届かないですし、UQモバイルのメールを利用するには月200円かかるというデメリットもあります。
→ UQモバイル

迷惑メール扱いされたときの対処法:

迷惑メール扱いされたときは、相手に自分のメールアドレスを受信許可設定してもらいましょう。

キャリアメールでしか登録できないサービスがある

もう1つのデメリットは、キャリアメールでしか登録できないサービスがあるという点です。ただ、ネットの情報を見てると年々そういったサービスが少なくなってきている印象です。

ガラケーの頃とは違って、ケータイのメールといえばキャリアメール!って時代でもないですしね。まだキャリアメールでしか登録できないサービスは大きな機会損失が生じていると思います。フリーメールの登録はちょっと…っていうならSMS認証を採用するなりいろいろ方法があるわけで。

ともかく、私の場合はキャリアメールがなくて登録できないサービスにまだ当たったことがないんですよね。幼稚園の連絡網なんかもフリーメールで登録できて、ちゃんと配信されてきます。

キャリアメールでしか登録できないサービスがあったときの対処法:

この場合の対処法はなしです。そういったサービスがキャリアメール以外に対応するまで待つしかありません。

なので、事前に確認することが重要です。

キャリアメールで登録して利用している重要なサービスがある場合は、格安SIMにする前に、フリーメール、もしくは格安SIMが独自に提供しているメールで登録できるか確認しましょう。

キャリアメールを多用している方が格安SIMにするには

キャリアメールを多用している方が格安SIMにすると、上で書いたデメリットの影響を大きく受ける可能性があります。

なので、格安SIMに乗り換える前、いわゆるまだキャリアメールが使える時期に、フリーメールへのメール変更を相手に伝えたり、利用しているサービスはキャリアメールがなくても問題なく使えるか調べてからがおすすめです。

以上、キャリアメールが使えなくなることによるデメリットや格安SIMのメールについての話でした。