格安SIMに乗り換えるのはいつがいい?考えるのは違約金と機種の残債


格安SIMに乗り換えるにあたっての懸念材料といえば、大手キャリアの違約金と機種の残債ですね。更新月まで待ったほうがいいのか?機種を分割で購入しているなら払いきってからのほうがいいのか?迷うところだと思います。

この記事では、それらをふまえて、格安SIMに乗り換えるのはいつがいいのかわかりやすく解説していきます。

大手キャリアの違約金はほぼ気にする必要はない

大手キャリアの解約違約金は10,000円ほどです(契約内容で異なる場合もあり)。

格安SIMに乗り換えたらどれだけ安くなるか考える

大手キャリアと同等の契約を格安SIMでしたら、大概3,000円~4,000円ほど毎月のスマホ料金が安くなります。10,000円という違約金は格安SIMにすると数ヶ月でペイできるんですよね。

つまり、あとちょっとで更新月…って方以外は、違約金を気にすることなく、早ければ早いほど格安SIMに乗り換えたほうがお得になるということです。

もし違約金が気になって、なかなか格安SIMに乗り換える踏ん切りがつかないって方がいましたら、具体的に毎月どれだけ安くなるか一度調べてみてください。更新月まで待つべきかどうかすぐわかりますよ。

格安SIMの料金の調べ方:

ちなみに、格安SIMの毎月の料金の調べ方は公式サイトの料金ページを見れば一発です。大手キャリアと違って料金体系がシンプルなので一目瞭然です。

機種の残債がある場合は…

続いて、機種の残債がある場合の話です。

結論からいうと上に同じく早ければ早いほどお得になります。格安SIMにするだけで毎月継続的に大手キャリアに比べてお金が浮いてくるので、トータルでお得になるのは当然の話ですね。

大手キャリアを解約すると機種の割引がなくなる

ただ、大手キャリアで機種を購入するときって割引が適用されてる場合がほとんどです。解約するとそれがなくなるんですよね。

例えば、機種代で月1,000円払っていたものが、月2,000円になるといった具合です。それでも格安SIMのほうがお得なんですがお得感は減ります。

解約したあと機種代でいくら払うことになるかしっかり確認しよう

大手キャリアの端末割引は多種多用、悪く言えば複雑です。

上で紹介したように毎月の割引がなくなって、毎月の支払額が増えるのもあれば、最初にドカッと割引される反面、一定の期間内に解約すると解除料として40,000円ほど一括で請求されるものもあります。

格安SIMに乗り換えたらペイできるといえども、長期になりますし、でかい出費はさすがに痛いです。なので、機種の残債が残ってる場合は、以下のことを大手キャリアのマイページなり公式サイトなりでしっかり確認するようにしましょう。

・どんな割引が適用されているか?
・解約したら毎月いくら払うことになるか?
・機種の残債はいくらか?

なお、連絡すれば残債を一括払いすることも可能ですよ。

格安SIMに乗り換えるのは更新月が近くなければいつでもいい

格安SIMに乗り換える際に確実に損すると言い切れるのは、違約金の元が取れない更新月の直前のみです。なので、更新月が近い方は、違約金がかからない更新月まで格安SIMへの乗り換えは待つようにしましょう。

以上、格安SIMに乗り換えるのはいつがいい?という話題でした。