「SIM替え」「エンタメSIM」とは?BIGLOBEモバイルは何が変わった?


BIGLOBEの格安SIMって以前はいろんな呼び方があったんですよね。サービス名は「BIGLOBE LTE・3G」だったんですが、他にも「BIGLOBE SIM」や「BIGLOBE スマホ」とも呼ばれていました。

2017年9月に、これらが統一されて『BIGLOBEモバイル』となったわけですが、名称以外にいったい何が変わったのか、際立った変化を紹介したいと思います。

「SIM替え」に注力

まず、ブランドイメージと認知度の向上を図るため、3人の俳優(染谷将太、池松壮亮、山本美月)を起用したTVCMが開始されました。そこで登場したのが『SIM替え』という言葉です。1つCMを貼っときますね。

BIGLOBEモバイルCM「SIM替え(池松壮亮)」篇

BIGLOBEモバイルCM「SIM替え(池松壮亮)」篇

最近よく流れているので見たことある方も多いのではないでしょうか。

『さぁ、SIM替え、ほら格安。』

BIGLOBEといえば、格安スマホのラインナップも充実しているんですが、あえての「SIM替え」押しです。

SIM替えとは?

SIM替えという言葉自体今まで使われてなかったんですが、ようは、手持ちのスマホをBIGLOBEモバイルでそのまま使うということです。実はどこの格安SIMでも以前から簡単な設定するだけで、できることなんですよね。

しかし、けっこう知らない方が多いんですよ。

格安SIMに乗り換えるなら格安スマホも買わなければいけないと思っていたり、なんかややこしいので簡単には乗り換えれない…と漠然としたイメージを持ってる方が、まだまだ多いんですよね。そもそも格安SIMの存在を知らなかったり。

そういった方々に、簡単に乗り換えれますよって伝えるのに『SIM替え』という言葉はかなり便利だなと今更ながら思いました。実際、手持ちのスマホが使えるならSIM替えしたほうがスマホ代がかからない分グッと初期費用が安くなりますしね。

エンタメSIMが登場

続いてサービス面の変化です。

BIGLOBEの格安SIMといえば、YouTubeやAbemaTV、U-NEXTなど多くのデータ通信量を消費するコンテンツが見放題(カウントフリー)になる『エンタメフリー』という人気オプションがあります。

このオプションがお得になるのが『エンタメSIM』です。正式名称は「エンタメフリー・オプション同時申込特典」。つまり、新たなSIMが誕生したのではなくて、エンタメフリーがお得になるキャンペーンということです。

内容は以下です。

■期間:2017年9月28日~2018年2月4日まで

■対象者:タイプDの通話SIM(3GB以上)を契約するときにエンタメフリーを同時申し込みした方

■特典:24ヶ月間エンタメフリーオプションが100円引き

▼エンタメSIMの詳細はこちら
BIGLOBEモバイル

au回線の提供開始

もう1つサービス面での大きな変化があります。

BIGLOBEはドコモ回線を利用して格安SIMサービスを提供していたんですが、au回線の提供も開始しました。マルチキャリア対応の格安SIMになったということです。ドコモ回線はタイプD、au回線はタイプAという名称になっています。

なお、上で紹介したエンタメSIMはタイプDのみの提供になっています。なので、今後タイプAでも何らかの特典がつくキャンペーンが開始されるかもしれませんね。

大きく動いたBIGLOBEモバイル

2017年1月にKDDIの完全子会社になったBIGLOBEですが、2017年秋に格安SIMのサービス名変更、au回線の提供開始と大きな動きがありました。今後のBIGLOBEモバイルの動きにも注目していきたいと思います。

ちなみに余談ですが。

auを提供しているKDDIは人気の格安SIMを2つ傘下に加えています。BIGLOBEモバイルともう1つは「UQモバイル」です。au、UQモバイル、BIGLOBEモバイルのCMがなんとなく共通する部分があると感じるのは気のせいでしょうか。シリーズ化してたりと…。サービス内容は全然違うんですけどね。

以上、「SIM替え」「エンタメSIM」とは?BIGLOBEモバイルは何が変わった?という話でした。