楽天モバイルのスーパーホーダイを徹底解説!利用方法や注意点は?


2017年9月、楽天モバイルにお得なプランが登場しました。その名も『スーパーホーダイ』。(*2018年6月14日リニューアルされました。)

この記事では、リニューアルされた楽天モバイルの新プラン『スーパーホーダイ』の詳細をわかりやすく解説していきます。

楽天モバイルのスーパーホーダイの詳細

契約している高速通信を使い切ると、格安SIMでは大概通信速度が200kbpsになるんですが、スーパーホーダイでは、高速通信を使い切っても最大速度1Mbpsでデータ通信が利用できます。これがスーパーホーダイの最大の強みです。

で、プラスαとして10分かけ放題がついているというプランです。

料金は以下です。

スーパーホーダイの月額料金

スーパーホーダイでは4種類のプランが用意されています。

■スーパーホーダイ「プランS」(高速通信2GB)

→ 月2,980円

■スーパーホーダイ「プランM」(高速通信6GB)

→ 月3,980円

■スーパーホーダイ「プランL」(高速通信14GB)

→ 月5,980円

■スーパーホーダイ「プランLL」(高速通信24GB)

→ 月6,980円

スーパーホーダイの割引制度

上記がスーパーホーダイの月額料金なんですが、「1Mbps使い放題」と「10分かけ放題」がついてるため、格安SIMとしてはちょっと料金が高めなんですよね。

『うーん…』

と思った方、ご安心ください。スーパーホーダイでは専用の割引制度が用意されているので、ここからグッと料金が安くなりますよ。

以下のすべての割引が併用できます。

■楽天会員割

楽天会員になるだけで、2年間、月500円割引になります。

楽天モバイルにすると楽天市場での買い物がお得なったりするため、楽天会員にならずに楽天モバイルを利用する方はあまりいないと思うので、ようは、スーパーホーダイの料金は2年間、月500円安くなると覚えておいてくださいね。

■ダイヤモンド会員割

なお、楽天のダイヤモンド会員なら1年目の料金がさらに月500円引きになるという特典があります。1年間はトータルで月1,000円引きになるということですね。

■長期割

そしてもう1つ、スーパーホーダイには長期割というものがあります。

スーパーホーダイの最低利用期間は普通のプランと同じです。最低利用期間1年で1年以内に解約すると違約金が「9,800円」発生します。

ただ、最低利用期間を3年まで延ばすことも可能なんですよね。縛りがきつくなる反面、その分お得な特典がついてくる、という仕組みになっています。

ちなみに、違約金が発生する期間が2年、3年と延びるだけで、違約金の金額は「9,800円」固定ですし、大手キャリアと違って最低利用期間経過後はいつ解約しても違約金は発生しません。

・最低利用期間2年にした場合の割引
→ 2年間、月500円割引

・最低利用期間3年にした場合の割引
→ 2年間、月1,000円割引

楽天モバイルの普通のプランと比較

スーパーホーダイはほんとにお得なの?ということで、楽天モバイルの普通のプラン(組み合わせプラン)と比較してみます。スーパーホーダイと同じ高速通信の容量のプランはないので、あくまで目安としてご覧くださいね。

■楽天モバイルの通話SIMの月額料金

・ベーシック(*) → 1,250円
・3.1GB → 1,600円
・5GB → 2,150円
・10GB → 2,960円
・20GB → 4,750円
・30GB → 6,150円

(*)ベーシックは低速通信のみ(最大200kbps)のプランになります。

スーパーホーダイには10分かけ放題がついてるので、楽天モバイルの普通のプランにも10分かけ放題をつけるなら上記にそれぞれプラス850円になります。

ちょっと比較しづらいですが、10分かけ放題をつける予定ならスーパーホーダイのほうがお得、10分かけ放題をつけなくても使い方によってはスーパーホーダイのほうがお得です。

というのは、スーパーホーダイの高速通信を使い切っても最大1Mbpsというのがやはりメリットが大きいんですよね。楽天モバイルはアプリで高速⇔低速を簡単に切り替えできますし、最大1Mbpsあればけっこういろんなことができます。

高速通信の容量を節約しながら、わりと快適にデータ通信ができるので、スーパーホーダイはついてる高速通信の容量以上のコスパが見込めるということです。

スーパーホーダイの利用方法

スーパーホーダイの利用方法は楽天モバイルを申し込むときに、料金プランの選択項目で『スーパーホーダイ』を選ぶだけです。スーパーホーダイだからといって特に変わった手続きはありません。
→ 楽天モバイル

すでに楽天モバイルの組み合わせプランの通話SIMを利用中の方については、マイページ(メンバーズステーション)から簡単にスーパーホーダイへ変更できます。

ただ、組み合わせプランからスーパーホーダイに変更した際には、残念ながらスーパーホーダイの割引制度の対象外になります

スーパーホーダイの注意点/知っておきたいこと

1つあります。

最大1Mbpsではない時間帯が存在する

楽天モバイルはじめ格安SIMは、混雑時には通信速度がどうしても落ちてしまうんですよね。スーパーホーダイの高速通信を使い切った後の最大1Mbpsという通信速度も普通のプランと同じように混雑時には通信速度が遅くなります。

同じように…といってもスーパーホーダイの場合はあえて制限されます。制限内容は以下です。

「12:00~13:00」と「18:00~19:00」の時間帯は最大300kbps

上記の時間はアプリで高速通信に切り替えたり、利用をできるだけ避けるなど、ちょっとした工夫が必要になります。

楽天モバイルのスーパーホーダイまとめ

個人的な感想を述べると、楽天モバイルはかなりお得なプランを打ち出したなーという印象です。

以上、楽天モバイルのスーパーホーダイについてでした。

▼楽天モバイル公式サイト
楽天モバイル