AUX端子がない車にBluetoothレシーバーを設置する際に必要なもの


私の車のナビ(オーディオ機器)にはBluetooth機能がないので、車で音楽を聴くときは、「FMトランスミッター」を利用していました。

でもノイズがちょこちょこ入るんですよね…。

この”FMトランスミッターのノイズ問題”をどうにかしようと、いろいろ調べた結果、私はFMトランスミッターの利用自体を辞めて、AUX端子に差し込むタイプのBluetoothレシーバーを設置することにしました。

ということで、何が必要だったか紹介していきます。

車にBluetoothレシーバーを設置する際に必要なもの

VTRアダプター

VTRアダプターとは、車にAUX端子を用意するために必要なものです。

つまり、私の車にはAUX端子がなかったんですよね。なので、AUX端子を用意することから始めることになりました。

▼私が購入したもの

VTRアダプター (RCA メス端子:3.0m)

価格は1,180円(当時)。

使い方は、車のオーディオ機器に差し込むだけです。

ちなみに、差し込む機器がどこにあるかは車によります。カーナビの後ろやセンターコンソールなどなど。

※自分の車の場合、どこにあるかは「車種」+「VTRアダプター」でググれば出てくると思います。

私の場合はトランクルームにありましたよ。

配線を車の後部から前に持ってくる必要があったため、ケーブルの長さが3Mという比較的長めのVTRアダプターを購入したというわけです。

ステレオ変換ケーブル

VTRアダプターは、先っぽが赤・白・黄色の3つの端子(RCA端子と言います)になっています。

ステレオ変換ケーブルは、VTRアダプターのRCA端子をAUX端子にする際に必要なものです。

▼私が購入したもの

3.5mmステレオ(メス)→RCA(オス)x2変換ケーブル 0.2m

価格は598円(当時)。

で、ステレオ変換ケーブルの赤い端子はVTRアダプターの赤い端子と、そして白い端子はVTRアダプターの白い端子と繋げたら、AUX端子の設置完了です。

Bluetoothレシーバー

AUX端子を設置できたら、肝心のBluetoothレシーバーです。

たくさん種類があるので、どれにするか迷ったんですが、無難にAmazonで評価が高いものを購入しました。

▼私が購入したもの

AUKEY Bluetooth レシーバー 車載用 3.5mm

価格は3,699円(当時)。

使用感については、丸い機器にはマイクが内蔵されていて、ハンズフリー電話にも対応していますし、また、USBの差込口が3ヵ所あるので、1ヵ所Bluetoothレシーバーに使っても2ヵ所余るというのもよかったです。

※1つはスマホ充電用のUSBケーブルを設置しました。あと1つ何に使おうか検討中。

ってことで、これでノイズを気にせず車で音楽を楽しめる環境が整いました。

音楽ストリーミングサービスと車のネット環境

最後に、参考情報として、私が使ってる音楽ストリーミングサービスと車のネット環境も紹介しますね。

音楽ストリーミングサービス

Amazon Prime Music

Amazonプライム会員ってほんと便利。

よくAmazonで買い物しているので、プライム会員になっているんですが、その特典の1つとして、Amazon Prime Musicが聞き放題なので活用しています。
Amazonプライム

車のネット環境

「mineo」か「どんなときもWiFi」

動画を流すときは、使い放題、かつ持ち運びできる「どんなときもWiFi」を車に積んでいるんですが、音楽を聴くだけなら「mineo」のままです。

というのは、mineoには高速通信とは別に、”使い放題の低速モード”というのがあって、自分で切替できるんですよね。

音楽を聴くぐらいなら、mineoの低速モードでも問題ないので、どんなときもWiFiを使わずとも、音楽ストリーミングサービスの利用に伴うデータ容量の消費を気にせず楽しめるからです。

【バッテリー上がり】ジャンプスターターを使って自力で直せた話