mineo(マイネオ)ってどんな格安SIM?特徴をわかりやすく解説

 
毎月のスマホ料金を抑えることができれば…。そんな要望に応えてくれるのが格安SIMです。今、利用者がどんどん増加している人気のサービスなんですよね。

この記事では、その中の1つ『mineo(マイネオ)』の特徴をわかりやすく解説していきます。

mineo(マイネオ)ってどんな格安SIM?

ケイ・オプティコムが提供してる格安SIM

mineoは関西電力の子会社「ケイ・オプティコム」が提供している格安SIMです。

関西以外の方は馴染みのない会社かもですが、ケイ・オプティコムといえば光回線サービス『eo光』です。関西では超有名な会社なんですよね。

最近では、メインで使われている格安SIMのシェアが2位、iPhoneで使われている格安SIMのシェア1位と、格安SIM市場での存在感が大きくなってるので、ケイ・オプティコムといえば『eo光』+『mineo』になりつつあります。

mineo(マイネオ)はドコモ回線とau回線


mineoはドコモ回線とau回線を使ってサービスを提供しています。なので、ドコモやauと同じ通話品質・通信エリアで利用することができます。

また、ドコモやauから乗り換える場合は、基本的に現在使ってるスマホをそのままmineoでも利用することができます。乗り換えるにあたってスマホ代がかかりませんし、面倒なデータ引き継ぎもなしということです。

念のため事前に対応端末はチェックしておいてくださいね。
→ mineo

2017年8月以前に販売されたauのVoLTE対応端末やソフトバンクの端末をそのままmineoで使うにはSIMロック解除する必要があります。

mineo(マイネオ)の料金プラン

mineoはドコモとauの両回線に対応しているので、料金プランも「ドコモプラン」と「auプラン」の2種類あります。

ドコモプラン

auプラン

ドコモプランとauプランの違いは?

mineoではデータSIMはシングルタイプ、通話SIMはデュアルタイプという名称になっています。

パッと見、データSIMは両方同じで、通話SIMはauプランのほうが少し安いな…ぐらいの違いしかないんですが、細かい違いがいくつかあるので紹介します。どっちにするかの参考にしてみてくださいね。

データSIMにSMS機能を付ける場合

ドコモプランだと+120円、auプランだと無料です。通話SIMについては両方とも標準搭載されてますので、上の表の料金のままです。

iPhoneでテザリングを利用する場合

ドコモプランだとiPhoneでテザリングが利用できますが、auプランはiPhoneでテザリング不可です。ちなみに、テザリングの利用料金は無料になります。

3日制限の有無

3日制限とは、契約しているひと月のデータ通信量に関係なく、3日間で所定のデータ通信量を消費すると通信制限にかかるというものです。

ドコモプランには3日制限はありませんが、auプランにはあります。auプランの場合、3日で6GBを超過すると通信速度が最大200kbpsに制限されます。

mineo(マイネオ)のメリット/選ばれる理由


一昔前は格安SIMによってかけ放題がなかったり、データシェアできなかったりと、今では当たり前のようにあるサービスのあり/なしで、大きな差がありました。しかし、今はほぼ横並び状態です。

mineoも基本的なサービスは網羅しているんですよね。

なので、mineoのメリットとして紹介するのは、基本的なものは除いて、他社と比べてmineoが特に優位になってるものです。

多彩なデータシェアサービス

mineoはデータ通信量の流動性が格安SIM業界随一です。データシェアサービスが3つもあります。

パケットシェア

余ったデータ通信量は翌月に繰り越しされるので、それをシェアするというもの。

パケットギフト

翌月を待たずして、当月中に簡単にシェアできるというもの。その容易さゆえに、ヤフオクやメルカリなどでも売買されているため、データ通信量が足りなくなっても破格で入手できます。

フリータンク

フリータンクとは、簡潔に書くとmineoユーザー全員で共有しているデータ通信量のタンクで、mineoユーザなら誰でも自由に出し入れできます。

引き出すだけも可能(少し制限あり)なため、完全にmineoユーザーの善意で成り立ってるものですが、正常に機能しているというmineoだけにしかない驚きのデータシェアサービスになります。

マイネ王の存在

mineoは公式で『マイネ王』というコミュニティサイトを運営しています。mineoスタッフやmineoユーザー同士で気軽にやりとりできるようになってるんですよね。mineoに関する疑問・トラブルはマイネ王で大概は解決できます。

もちろん、mineoは電話やメール、チャットといった公式サポートも充実していますよ。

ただ、実店舗が少なくて何かあったら自分で解決しないといけないことが多い格安SIMにおいて、相談先は多いに越したことはありません。公式サポートのプラスαとして『マイネ王』は、かなり心強い存在になってくれます。

最もユーザー目線でサービスを提供している

今当たり前のようにmineoが提供している便利なサービスは、ユーザー発案のものが多く存在します。

ユーザー目線どころか、サービスを創っているのはmineoを利用しているユーザーと言っても過言じゃないぐらいユーザーのアイデアが採用されているんですよね。

なお、上でマイネ王を紹介しましたが、そのコンテンツの1つに『アイデアファーム』というものがあって、そこでユーザーが気軽にアイデアを投稿できるようになっています。

ユーザーの皆さんと「一緒に」mineoを創っていこう!私たちはそう考えました。ユーザーに「近い」のではなく、ユーザーと「一緒に」。

上記はmineoのブランドステートメントの一部です。

こういった文言を掲げるだけ!ってサービスもありますが、実際に有言実行しているのが、mineoの良さであり魅力、そしてmineoへの信頼感へつながっています。現にmineoは格安SIMの大手というぐらいシェアを伸ばしていますしね。

▼mineo公式サイト
mineo

mineo(マイネオ)のデメリットは?


続いて紹介するのはmineoのデメリットの話です。

mineoの…というより格安SIM全般のデメリットの話になりますが、『大手キャリアからmineoに乗り換えなければよかった』と後悔しないためにも、ぜひ読んでくださいね。

個人的には節約できるスマホ料金を考えると許容できる範囲内ですが、人によって不都合を感じることがあるかもしれません。

mineoはキャリアメールが使えない

mineoに乗り換えると、大手キャリアを解約するわけなので、当然ながら「~@docomo.ne.jp」「~@ezweb.ne.jp」「~@softbank.ne.jp」といったキャリアメールが使えなくなります。

連絡手段はLINE!って方なら問題ないんですが、mineoでメール機能を使う場合は「Gmail」などのフリーメールかmineoより無料で付与される「~@mineo.jp」というメールアドレスを利用することになるんですよね。

これらは共にPCメールです。で、キャリアメールが使えないことによって、どういう不都合が起こる可能性があるかというと以下です。

相手がキャリアメールだと迷惑メール扱いされるかも

メールを送る相手がキャリアメールだと、PCメール一括拒否などの設定によっては迷惑メール扱いされてメールが届かない場合があります。

対処法としては相手に受信許可設定してもらう必要があります。

キャリアメールでしか登録できないサービスがある

一部キャリアメールでしか登録できないサービスがあるので、そういったサービスは利用できなくなります。

これについては対処法なしで、該当サービスがキャリアメール以外で利用できるように待つぐらいしかありません。なので、キャリアメールで登録して利用している重要なサービスがある場合は、mineoに乗り換える前に、フリーメールなどで登録できるか確認するようにしましょう。

ちなみに、私の場合はキャリアメールがなくて登録できないサービスにまだ当たったことがありません。幼稚園の連絡網なんかもフリーメールで登録できて、ちゃんと配信されてきますよ。

mineoは混雑時に通信速度が遅くなる

mineoはじめ格安SIMは仕組み上、回線が混雑したときの影響を受けやすいんですよね。特にみんながネットを使う昼時は大手キャリアに比べて通信速度が大幅に低下する場合があります。

どれぐらい低下するかは場所や個人の体感にもよるので、一概には言えませんが、動画など多くのデータ通信が必要なコンテンツの閲覧は、昼時には避けたほうがストレスフリーで使えるかもしれません。

なお、回線が混雑している時間帯以外は大手キャリアと同じように快適にネットが使えるので、ご安心くださいね。

mineoは実店舗が少ない

mineoの実店舗は少しずつ増えていっていますが、大手キャリアに比べるとまだまだ少ないんですよね。

格安SIMの慣れない部分ではありますが、対面でmineoを契約したい!と思っていても、実店舗が近くになければWEBからの申し込みになります。

さぁmineo(マイネオ)に乗り換えよう


以上、人気の格安SIM「mineo」のメリット/デメリットなど特徴についてでした。格安SIM選びで悩んでるけど、特にこれといったこだわりがなければmineoを選んでおけば間違いありませんよ。

個人的にはデータシェアサービスがほんと便利だなと思いました。

▼mineo公式サイト
mineo