mineo(マイネオ)の料金プランや通話料、支払い方法など特徴を徹底解説


毎月のスマホ料金を抑えることができれば…。そんな要望に応えてくれるのが格安SIMです。今、利用者がどんどん増加している人気のサービスなんですよね。

この記事では、その中の1つ『mineo(マイネオ)』の特徴をわかりやすく解説していきます。

\開催中のキャンペーン情報はこちら/

mineo(マイネオ)ってどんな格安SIM?

ケイ・オプティコムが提供してる格安SIM

mineoは関西電力の子会社「ケイ・オプティコム」が提供している格安SIMです。

関西以外の方は馴染みのない会社かもですが、ケイ・オプティコムといえば光回線サービス『eo光』です。関西では超有名な会社なんですよね。

最近では、メインで使われている格安SIMのシェアが2位、iPhoneで使われている格安SIMのシェア1位と、格安SIM市場での存在感が大きくなってるので、ケイ・オプティコムといえば『eo光』+『mineo』になりつつあります。

mineo(マイネオ)はドコモ回線/au回線/ソフトバンク回線


mineoはドコモ/au/ソフトバンクの3回線を使ってサービスを提供しています。なので、ドコモやau、ソフトバンクと同じ通話品質・通信エリアで利用することができます。

また、大手キャリアから乗り換える場合は、基本的に現在使ってるスマホをそのままmineoでも利用することができます。乗り換えるにあたってスマホ代がかかりませんし、面倒なデータ引き継ぎもなしということです。

念のため事前に対応端末はチェックしておいてくださいね。

mineoの公式サイトへ

2017年7月以前に販売されたauのVoLTE対応端末や、ソフトバンクの一部端末については、そのままmineoで使うにはSIMロック解除する必要があります。

mineo(マイネオ)の料金プラン


mineoは大手キャリア3回線に対応しているので、料金プランも「ドコモプラン」「auプラン」「ソフトバンクプラン」の3種類あります。

ドコモプラン

auプラン

ソフトバンクプラン

ドコモ/au/ソフトバンクプランの違いは?

回線によって料金が微妙に違うのは、料金表を見れば一目瞭然ですが、他にも細かい違いがいくつかあるので、どのプランにするかの決め手になり得る主なものを紹介しますね。

mineoではデータSIMは「シングルタイプ」、通話SIMは「デュアルタイプ」という名称になっています。

使える機種が違う

大手キャリアによって電波の周波数が違います。その影響で、ドコモプランとauプランとソフトバンクプランでは使える機種が違うんですよね。

なので、基本的に『mineoで使う予定の機種』っていうのが、どのプランにするかの決め手となる大きな要因になります

mineoで使う予定の機種がどのプランで使えるかはmineoの動作確認端末ページで簡単に調べることができます!⇒mineo

もちろん全てのプランで使える機種もありますよ。どのプランにすればいいのか…と迷う原因になるんですが、料金含め、その他の違いを参考にしてどれにするか決めてくださいね。

データSIMにSMS機能を付ける場合の料金が違う

auプランだと無料ですが、ドコモプランだと月120円、ソフトバンクプランだと月180円の料金が追加でかかってきます

通話SIMについては、すべてのプランでSMS機能が標準搭載されてますので、上の表の料金のままです。

iPhoneでテザリングができるかどうか

ドコモプランやソフトバンクプランだとiPhoneでテザリングが利用できますが、auプランはiPhoneでテザリング不可です。

ちなみに、Android端末は機種によります。傾向としては、比較的新しい機種だとどの回線でもテザリングできるようになっています。

2018年10月末より、auプランでもiPhoneでテザリングできるようになりました。

3日制限の有無

3日制限とは、契約しているひと月のデータ通信量に関係なく、3日間で所定のデータ通信量を消費すると通信制限にかかるというものです。

ドコモプランやソフトバンクプランには3日制限はありませんが、auプランにはあります。auプランの場合、3日で6GBを超過すると通信速度が最大200kbpsに制限されます。

mineoの公式サイトへ

mineo(マイネオ)の通話料


mineo(マイネオ)の通話料は、他社格安SIMや大手キャリア同様『30秒で20円』です。

ただ、この通話料は「mineoでんわ」や「かけ放題」などを活用することによって安くできるんですよね。詳しく書いていきます。

『30秒で20円』というmineoの通話料を安くする方法は以下の4つあります。

mineoでんわを利用する
10分かけ放題オプションをつける
通話定額30/60オプションをつける
IP電話を利用する

mineoでんわを利用する


「mineoでんわ」とは、mineoが提供しているmineoユーザー専用の通話アプリです。mineoでんわで発信するだけで通話料が半額の『30秒で10円』になります

基本料金は無料で、通話したら通話した分だけ料金が発生する、という仕組みになっています。mineoユーザーなら利用必須!ともいえる通話アプリですね。

電話回線を利用したものなので通話品質も良く、相手に通知される電話番号もそのままです。

mineoでんわを利用するには:

mineoでんわは無料で使えますが、利用には申し込みが必要です。

新規契約する方は申し込み画面から、すでにmineoを利用中の方はマイページから簡単に申し込めます。mineoでんわを申し込んだあと、アプリをインストールすると使えるようになるという流れです。

mineoでんわアプリのダウンロードページは以下です。

mineoでんわを利用する際に知っておきたいこと

お得な「mineoでんわ」ですが、知っておきたいこともあるので紹介します。

それは『発信できない連絡先がある』ということです。以下です。

3桁特番
着信課金サービス
統一番号サービス
情報提供ダイヤル

特に3桁特番。いわゆる110番や119番などですね。緊急時にはmineoでんわは使えないということを覚えておいてくださいね。

10分かけ放題オプションをつける


mineoでは「10分以内の通話なら何回でもかけ放題」という通話オプションを提供してますオプション代は『月850円』

短い通話を頻繁にする!って方は、10分かけ放題オプションをつけたほうが、mineoの通話料を安くすることができます

10分かけ放題を利用するには:

10分かけ放題は、上で紹介した「mineoでんわ」がベースとなってるサービスです。そのため、10分経過後の通話料は『30秒で10円』になりますし、10分かけ放題が適用されるには「mineoでんわ」で発信する必要があります。

つまり、10分かけ放題を利用する方法は、10分かけ放題オプションに申し込んでからmineoでんわで発信するだけ、ということです。

10分かけ放題をつけるかどうかの目安:

10分かけ放題は通話しなくても月850円の料金が発生します。ようは、ひと月に850円も通話料がかからないのであれば、10分かけ放題をつけないほうがお得になるんですよね。

850円でどれだけ電話できるのか?というと、mineoでんわの通話料(30秒で10円)で計算すると42分30秒です。

30秒で10円というのは、1秒でも29秒でも10円が発生する料金体系なので、あくまで目安になりますが、ひと月に42分30秒も電話しないなら10分かけ放題オプションをつけずに「mineoでんわ」のみの利用のほうが安くつきます

通話定額30/60オプションをつける


mineoの通話定額オプションは、はっきり言って全然お得じゃないので、つけないほうがいいです。ただ単に、『30秒で20円』という通話料に対して安くなるだけであって、通話料が半額になる「mineoでんわ」で電話したほうがお得ですよ。

参考情報として、mineoの通話定額がどれだけお得じゃないか紹介しますね。

通話定額をつけるよりmineoでんわで通話したほうが通話時間が長い

通話定額は30分と60分の2種類あります。料金は以下です。

・通話定額30分 → 月840円
・通話定額60分 → 月1,680円

そして、通話定額のオプション料金があれば「mineoでんわ」で、どれくらい電話できるか?というと以下です。

・840円 → 42分
・1,680円 → 84分

ご覧のとおり、mineoでんわを活用したほうが同等の料金で長く通話することができます。

他社格安SIMの同等のサービスと比較しても料金が高い

mineoの通話定額は割高です。例えば、BIGLOBEモバイルの通話定額60分は『月600円』で利用できます。mineoの通話定額30分より安いんですよね。

なぜ、mineoの通話定額は存在しているのか?

ここで疑問ですよね。なぜ、mineoの通話定額は存在しているのか?と。

mineoの通話定額は「mineoでんわ」や「10分かけ放題」が登場する前からあったものなんですよね。格安SIMは通話料が高い!と言われていた時代のものです。当時はお得なオプションだったんですが、mineoのサービス向上に伴い、価値が薄れていった…というわけです。

IP電話を利用する


最後にIP電話を活用してmineoの通話料を抑えるという方法です。

mineoユーザーは、運営会社が同じ「ケイ・オプティコム」ということで、IP電話『LaLa Call』がお得に利用できます
⇒ LaLa Call

IP電話の主な特徴:
・050から始まる電話番号が新たに付与される
・通話料が安いが、電話回線を利用した電話より通話品質が劣る
・通話するときデータ通信量を消費する
mineoユーザーがLaLa Callを使う際のメリット:
・LaLa Callは基本料金が月100円かかるが、mineoユーザーなら毎月、無料通話100円分付与されるので、基本料金が実質無料になる
・mineoユーザーなら通話してもデータ通信量を消費しない

mineoの公式サイトへ

mineo(マイネオ)の初期費用

・契約事務手数料 → 3,000円
・SIMカード発行料 → Dプラン341円/Aプラン230円/Sプラン337円

上記の合計がmineoの初期費用になります。Dプランなら『3,341円』、Aプランなら『3,230円』、Sプランなら『3,337円』です。

mineoの利用料金は初月日割り!

上の初期費用に加えて、契約内容によって月額基本料金やオプション代などもかかってきます。ただ、これらは日割りされるんですよね。(通話定額30/60を除く)

なので、mineoは月のどのタイミングで契約しても基本的に損することがありません

機種を購入するなら機種費用も

mineoでは機種もセット購入することができます。

当然ながら機種をセット購入すると機種費用も加わってくるんですよね。なので、機種費用を抑えたい!って方は、手持ちのスマホをそのままmineoで使うのがおすすめです。

mineoに申し込むならお得になる日を紹介

上で紹介したようにmineoの利用料金は日割りされるので、いつ申し込んでも料金面で損することはありません。

しかし、mineoは初月のデータ容量は日割りされないんですよね。日割りされた数日分の料金で1ヶ月分のデータ容量がまるまる付与されるということです。

つまり、月末に近ければ近いほどお得になります

mineoの起算日は?

ここで知っておきたいことは、『mineoの申し込み日=起算日(利用開始日)ではない』ということです。では、いつになるのか?というと、MNP転入する/しないで微妙に異なります。

■MNP転入しない場合のmineoの起算日:

「mineoがSIMカードを発送した10日後」か「初めてmineoのSIMカードを利用した日」の早いほうが起算日になります。

■MNP転入する場合のmineoの起算日:

SIMカードが到着したあと、MNP回線切替を実施した日が起算日になります。

SIMカードが届くまでの日数が最重要ポイント

ようは、mineoにMNP転入する/しないで起算日に微妙は違いがあるといっても、最重要ポイントはSIMカードが手元に届くまでの日数ということです。

で、mineoに申し込んでからSIMカードが手元に届く日数は?というと3日~1週間程度になります。mineoでは配送の日時指定ができないんですよね。なので、届くまでの日数はあくまで目安で、申し込みの混雑状況などにより多少前後します。

mineoは『月の半ば過ぎ』に申し込むとお得

上記を考慮すると、月末を狙い過ぎると月をまたぐ可能性があるので、少しでもお得にmineoを契約したい!って方は、余裕をもって月の半ば過ぎごろに申し込むのがおすすめです。

「20日頃→無難」「25日頃→月末ギリギリいけそうだけど微妙なライン」といったところです。

mineoの公式サイトへ

mineo(マイネオ)の支払い方法


mineoの支払い方法は、原則、本人名義のクレジットカードのみになります。

mineoで使えるクレジットカードは以下です。

Visa
MasterCard
JCB
Diners Club
American Express

上記および、それぞれの提携会社が発行するクレジットカードがmineoの支払い方法として使うことができます。

mineoの支払い方法の例外

では、クレジットカードを持っていないとmineoは契約できないのか?というと、一部ですがmineoの支払い方法の例外もあるので紹介しますね。

口座振替

mineoでは、条件付きで支払い方法に口座振替を利用できます

■mineoで口座振替を利用するための条件:

『eo光』を契約中の方が、その支払いを口座振替に設定している方に限り、mineoでも口座振替が利用できるようになります

ちなみに、eo光とはmineoの運営会社「ケイ・オプティコム」が関西圏で提供している光回線サービスです。

デビットカード

デビットカードについては、mineoでもしかしたら使えるかもしれない…という支払い方法になります

というのは、どこのデビットカードなら使えるとはっきり明言していないんですよね。公式でデビットカードについて触れている文言は以下のみです。

デビットカードはご登録いただけない場合があります。クレジットカードをご登録ください。

つまり、デビットカードはmineoの支払い方法として推奨されていないということです。

他社格安SIMの話ですが、以前はデビットカードが使えたけど、2015年ごろから不可となった格安SIMもいくつかあるぐらいなので、mineoでこのデビットカードが使えた!という過去の情報はあまり参考にしないほうが良さげです。

公式で推奨されていない以上、今現在そのカードがほんとに使えるかどうかは、自分で今申し込んでみるしか知る由はありません。

mineoの公式サイトへ

mineo(マイネオ)のメリット/選ばれる理由


一昔前は格安SIMによってかけ放題がなかったり、データシェアできなかったりと、今では当たり前のようにあるサービスのあり/なしで、大きな差がありました。しかし、今はほぼ横並び状態。

mineoも基本的なサービスは網羅しているんですよね。

なので、mineoのメリットとして紹介するのは、基本的なものは除いて、他社と比べてmineoが特に優位になってるものです。

トリプルキャリア対応

2018年9月、mineoでソフトバンク回線のプランが加わり業界初のトリプルキャリア対応の格安SIMになりました。

すなわち、mineoはどの大手キャリアからでも、手持ちの機種のまま乗り換えることができるようになったんですよね。対応端末が業界トップということです。

大手キャリアユーザーなら、基本的に誰もが「新機種の購入費用」という出費を抑えつつmineoに乗り換えることができます

多彩なデータシェアサービス

mineoはデータ通信量の流動性が格安SIM業界随一です。データシェアサービスが以下の3つもあるんですよね。

パケットシェア
パケットギフト
フリータンク

もちろんどれも無料で利用できます

パケットシェア


mineoでは、契約したひと月のデータ容量が余れば翌月に繰り越しされます。その繰り越しされたデータ容量をシェアする(最大5人まで)、というのがパケットシェアです。

パケットシェアを利用するには

主となる方(リーダー)がmineoのマイページでグループを作るだけです。メンバーには「承認依頼メール」届くので、承認すればグループ作成完了です。メンバーが承認した翌月からパケットシェアが利用できるようになります。

パケットギフト


パケットシェアは繰り越しされたデータ容量をシェアするのに対して、パケットギフトは当月中にデータ容量をやりとりできるというものです。

すぐにデータ容量が欲しい!ってときでも対応できるんですよね。

パケットギフトを利用するには

データ容量を贈る方は、mineoのマイページの「パケットギフト」という項目にて、贈りたいデータ容量を入力すれば『ギフトコード』を発行できるので、ギフトコードをメールなりLINEなりで相手に教えるだけです。

貰う方は、教えてもらったギフトコードをマイページで入力すると、データ容量を受け取ることができます。

データ容量を安く購入できる!

ちなみに。

パケットギフトはその簡単さゆえに、mineoのデータ容量はヤフオクやメルカリなどで盛んに売買されています。(非公式)

データ容量が急遽足りない…ってときはmineo公式からでも購入できます(150円/100MB)が、ヤフオクやメルカリなど購入すると10分の1ほどの価格で購入できる、という情報を頭の片隅にでも入れておいてくださいね。

フリータンク


フリータンクとは、簡潔に書くとmineoユーザー全員で共有しているデータ容量のタンクで、mineoユーザなら誰でも自由に出し入れできるというものです。

引き出すだけも可能(少し制限あり)なため、完全にmineoユーザーの善意で成り立ってるものですが、正常に機能しているというmineoだけにしかない驚きのデータシェアサービスになります。

データ容量を引き出す際の制限

少し制限あり、とはどんな制限なのか?というと、以下です。

■基本的な制限
・引き出せる日 → 毎月21日〜末前日まで
・回数の上限 → 月2回まで
・データ容量の上限 → 月1,000MBまで

■利用状況による制限
フリータンクに入れたデータ容量より、引き出したデータ容量のほうが多い方は、契約しているひと月のデータ容量の残量が1,000MB以下にならないと引き出せない。

フリータンクを利用するには

フリータンクはmineoが公式で運営しているコミュニティサイト『マイネ王』のコンテンツの1つです。なので、まず、マイネ王に登録(無料)する必要があります。

そして、登録後マイネ王にログインしたら、『eoID連携』という項目があるので、そこからmineoを契約するときに作ったeoIDで再度ログインすれば、mineoとマイネ王が連携するので、フリータンクが使えるようになるという流れです。

mineoの公式サイトへ

まとめて乗り換えると割引が適用される

mineo(マイネオ)は家族でまとめて乗り換えると1回線につき毎月50円割引!という特典がある珍しい格安SIMになります。

ただ、ひとくちに毎月50円割引!といっても、mineoの割引サービスは以下の2種類あります

複数回線割
家族割

両方とも『最大5回線まで』、そして『1回線につき50円割引』といったようにほとんど同じような内容です。では、どっちの割引サービスを利用しても大差ないのか?というとそんなこともないんですよね。

ちなみに、併用はできません

以下、違いとともに「複数回線割」「家族割」について詳しく紹介しますね。結論から言うと家族で利用するなら家族割を適用させるのがおすすめです。

mineoの複数回線割の詳細


mineoを契約するときは必ずeoIDを取得することになります。

複数回線割は、同一のeoIDに回線を追加すると自動で適用される割引サービスです。なので、マイページからSIMカードを追加したり、mineoを利用中のeoIDにログインしてから新規申し込みすると、それだけで複数回線割が適用されます。

特に手間いらずで利用できる割引サービスなんですよね。ただ、複数回線割にはデメリットが1つ存在します

複数回線割のデメリット
■パケットギフトできない

上で紹介したように、mineoには「パケットシェア」「パケットギフト」「フリータンク」の3つのデータシェアサービスがあります。

で、その中の1つ「パケットギフト」は同一のeoID間ではできないんですよね。例えは、mineoを夫婦で利用するということで同一eoIDで2回線契約すると、夫婦間でパケットギフトができないということです。

パケットギフトは当月中にデータ容量を気軽に分け合う、という便利なデータシェアサービスなので、家族間で使えないのはちょっともったいないです。

複数回線割は同一のeoIDに回線を追加するのでマイページも1つです。そのため、管理しやすいというメリットがあるので、どっちかというと1人で複数端末用にSIMカードが必要な方におすすめの割引サービスになります。

mineoの家族割の詳細


複数回線割とは違って、家族間でパケットギフトが使えるのが家族割です。

家族割は自動では適用されず、申し込み手続きをする必要がありますが、「マイページ」→「ご契約サービスの変更」→「家族割変更」と進んでいけば簡単に申し込めますのでご安心くださいね。

なお、eoIDは同一名義・同一住所でもメールアドレスを変えれば複数取得できます。また、家族割はeoIDが異なれば同一名義でも組むことができます。

つまり、回線を追加するときにメールアドレスを変えてmineoを新規申し込みすれば同一名義でも普通に家族割が組めるんですよね。

追加した回線とパケットギフトしたい!って方はeoIDを分けて家族割を適用させるようにしましょう。割引額は複数回線割と一緒なんですが、家族割のほうがパケットギフトを利用できる分お得にmineoライフを楽しむことができますよ。

家族の範囲は?

ちなみに、家族と言っても姓や住所が異なる場合もありますよね。そんなときmineoの家族割はどこまで適用されるのか?というと『3親等以内』になります

■mineoの家族割の適用範囲:

mineoの公式サイトへ

マイネ王の存在

フリータンクの項目でチラッと登場したんですが、mineoは公式で『マイネ王』というサイトを運営しています。

マイネ王では、「フリータンク」というコンテンツ以外にも、mineoスタッフやmineoユーザー同士で気軽にやりとりできるようになっていて、mineoに関する疑問・トラブルはマイネ王で大概は解決できるんですよね。

もちろん、mineoは電話やメール、チャットといった公式サポートも充実していますよ。

ただ、実店舗が少なくて何かあったら自分で解決しないといけないことが多い格安SIMにおいて、相談先は多いに越したことはありません。公式サポートのプラスαとして『マイネ王』は、かなり心強い存在になってくれます

最もユーザー目線でサービスを提供している

今当たり前のようにmineoが提供している便利なサービスは、ユーザー発案のものが多く存在します。ユーザー目線どころか、サービスを創っているのはmineoを利用しているユーザーと言っても過言じゃないぐらいユーザーのアイデアが採用されているんですよね。

なお、マイネ王のコンテンツの1つに『アイデアファーム』というものがあって、そこでユーザーが気軽にアイデアを投稿できるようになっています。

ユーザーの皆さんと「一緒に」mineoを創っていこう!私たちはそう考えました。ユーザーに「近い」のではなく、ユーザーと「一緒に」。

上記はmineoのブランドステートメントの一部です。

こういった文言を掲げるだけ!ってサービスもありますが、実際に有言実行しているのが、mineoの良さであり魅力、そしてmineoへの信頼感へつながっています。(現にmineoは格安SIMの大手と呼ぶにふさわしいぐらいシェアを伸ばしています。)

mineoの公式サイトへ

mineo(マイネオ)のデメリットは?


続いて紹介するのはmineoのデメリットの話です。

mineoの…というより格安SIM全般のデメリットの話になりますが、『大手キャリアからmineoに乗り換えなければよかった』と後悔しないためにも、ぜひ読んでくださいね。

個人的には節約できるスマホ料金を考えると許容できる範囲内ですが、人によって不都合を感じることがあるかもしれません

mineoはキャリアメールが使えない

mineoに乗り換えると、大手キャリアを解約するわけなので、当然ながら「~@docomo.ne.jp」「~@ezweb.ne.jp」「~@softbank.ne.jp」といったキャリアメールが使えなくなります。

連絡手段はLINE!って方なら問題ないんですが、mineoでメール機能を使う場合は「Gmail」などのフリーメールかmineoより無料で付与される「~@mineo.jp」というメールアドレスを利用することになるんですよね。

これらは共にPCメールです。で、キャリアメールが使えないことによって、どういう不都合が起こる可能性があるかというと以下です。

相手がキャリアメールだと迷惑メール扱いされるかも

メールを送る相手がキャリアメールだと、PCメール一括拒否などの設定によっては迷惑メール扱いされてメールが届かない場合があります。

対処法としては相手に受信許可設定してもらう必要があります。

キャリアメールでしか登録できないサービスがある

一部キャリアメールでしか登録できないサービスがあるので、そういったサービスは利用できなくなります。

これについては対処法なしで、該当サービスがキャリアメール以外で利用できるように待つぐらいしかありません。なので、キャリアメールで登録して利用している重要なサービスがある場合は、mineoに乗り換える前に、フリーメールなどで登録できるか確認するようにしましょう

ちなみに、私の場合はキャリアメールがなくて登録できないサービスにまだ当たったことがありません。幼稚園の連絡網なんかもフリーメールで登録できて、ちゃんと配信されてきますよ。

mineoは混雑時に通信速度が遅くなる

mineoはじめ格安SIMは仕組み上、回線が混雑したときの影響を受けやすいんですよね。特にみんながネットを使う昼時は大手キャリアに比べて通信速度が大幅に低下する場合があります

どれぐらい低下するかは場所や個人の体感にもよるので、一概には言えませんが、動画など多くのデータ通信が必要なコンテンツの閲覧は、昼時には避けたほうがストレスフリーで使えるかもしれません。

なお、回線が混雑している時間帯以外は大手キャリアと同じように快適にネットが使えるので、ご安心くださいね。

mineoは実店舗が少ない

mineoの実店舗は少しずつ増えていっていますが、大手キャリアに比べるとまだまだ少ないんですよね。

格安SIMの慣れない部分ではありますが、対面でmineoを契約したい!と思っていても、実店舗が近くになければWEBからの申し込みになります。

mineoの公式サイトへ

mineo(マイネオ)に乗り換える方法


mineoに乗り換えるのはスマホに詳しくないとできなさそうというイメージがありますが、そんなことありません。

まず、mineoへの乗り換えが完了するまでの流れを大まかに紹介しますと以下です。

1. MNP予約番号の取得

2. mineoに申し込む

3. SIMカードを受け取る

4. MNP切り替え手続きを行う

5. 初期設定を行う

5Stepありますが、1つ1つはなんてことない手続きなのでご安心くださいね。

【手順1】MNP予約番号を取得する

MNP予約番号は電話番号そのままでmineoに乗り換えるときに必須なものです。MNP予約番号を取得する方法は、大手キャリアごとに3通りあるので好きな方法を選んくださいね。

mineoにMNP転入するときに大手キャリアでやらなければならない手続きは、このMNP予約番号の取得のみです。乗り換えが完了すると自動的に大手キャリアは解約されます

ドコモでMNP予約番号を取得する方法

電話で取得する

ドコモに電話して「MNP予約番号が欲しい」と伝えると教えてくれます。この際、あとでMNP予約番号を忘れないようにメモを用意しておきましょう。

■MNP予約番号取得の際にかけるドコモの電話番号
・ドコモの携帯から → 「151」
・ドコモの携帯以外 → 「0120-800-000」
WEBで取得する

ドコモ会員サイト「My docomo」にログイン後、ドコモオンライン手続きから取得できます。但し、以下の方はこの方法では取得不可なのでご注意ください。

■My docomoから取得できない方
・一括請求/一括送付サービスの代表番号
・3回線以上でファミリー割引をご契約の主回線
店頭で取得する

お近くのドコモショップで取得できます。

auでMNP予約番号を取得する方法

電話で取得する

auで、電話にてMNP予約番号を取得する際にかける電話番号は以下です。

■MNP予約番号取得の際にかけるauの電話番号
TEL → 0077-75470
受付時間 → 9:00~20:00
WEBで取得する

EZwebから取得できます。取得までの流れは以下です。

「トップメニューまたはauポータルトップ」→「auお客さまサポート」→「申し込む/変更する」→「au携帯電話番号ポータビリティー(MNP)」
店頭で取得する

お近くのauショップで取得できます。

ソフトバンクでMNP予約番号を取得する方法

電話で取得する

ソフトバンクで、電話にてMNP予約番号を取得する際にかける電話番号は以下です。

■MNP予約番号取得の際にかけるソフトバンクの電話番号
・ソフトバンクの携帯から → 「*5533」
・ソフトバンクの携帯以外 → 「0800-100-5533」
WEBで取得する

3Gケータイのみ「My SoftBank」から取得できます。iPhone、スマートフォン、4Gケータイ、AQUOSケータイでは取得不可です。

店頭で取得する

お近くのソフトバンクショップで取得できます。

【手順2】mineoに申し込む


MNP予約番号を取得したら、次はmineoへの申し込みです。

mineoの公式サイトへ

mineoへMNP転入するにあたっていくつか注意点があるので紹介しますね。

MNP予約番号の有効期限が10日以上必要

MNP予約番号には『15日』という有効期限があります

mineoにMNP転入するときは、有効期限が10日以上残っている必要があるので、大手キャリアでMNP予約番号を取得したらできるだけ早くmineoに申し込むようにしましょう。

名義が同一である

mineoにMNP転入する場合、大手キャリアの契約者とmineoの契約者が同一でなければなりません。

例えば、大手キャリアにて親名義で契約してお子さんが使ってる場合、親名義でmineoにMNP転入するならそのままでOKです。

しかし、上記のケースでお子さん名義でmineoを契約するときは、大手キャリアの契約者名義をお子さん名義に変更してからmineoに申し込む必要があるということです。

18歳以上である

mineoを契約できるのは『18歳以上』です。

未成年でも18歳と19歳なら契約できますが、18歳未満の方がmineoを利用するには、保護者の方に契約してもらって「利用者登録」というものをしなければなりません。

【手順3】SIMカードを受け取る

申し込みが完了すると次はSIMカードの受け取りです。

ただ、mineoは配送の日時指定ができないので、確実にいつ届くというのがわからないんですよね。なので、あくまで目安の日数の紹介になりますが、mineoに申し込んでから『1週間程度』でSIMカードが届きます

【手順4】MNP切り替え手続きを行う

SIMカードを受け取ったらMNP切り替え手続きです。(PCでの手続き推奨

これはめっちゃ簡単で、mineoのマイページにPCでログインすると「MNP転入切替/回線切替手続き」という項目があるので、そこから手続きを完了させるだけです。サクッとできますよ。

なお、「ICCID/製造番号」というものを入力する必要があるんですが、送られてきたSIMカードの台紙に記載されています。

回線が切り替わるタイミング

mineoのMNP切り替え手続きができるのは、ドコモプランやauプランは『9:00~21:00(年中無休)』、ソフトバンクプランは『10:00~19:00(年中無休)』になります。

で、手続きしたら回線はいつ切り替わるのか?というと、ドコモプランやauプランは30分程度、ソフトバンクプランは60分程度で切り替えが完了します。

ちなみに、回線の切り替えが完了するまでは大手キャリアのSIMカードが使えます

なので不通期間はないんですよね。大手キャリアのSIMカードが使えなくなったら回線の切り替えが完了したということです。

端末もセットで購入しているならこれでMNP転入完了!

mineoで販売されている端末は、すでにmineoで使えるように初期設定されてるので、MNP回線切り替えした時点でMNP転入が完了です。

【手順5】初期設定を行う

手持ちのスマホ端末をmineoで使う場合、最後にやらないといけないのが『初期設定』です。ネットワーク設定、APN設定、とも呼ばれているもので、これをしないとネットが利用できません。

自分でできるのかな…と心配になってくる部分ではありますが、mineoでは、公式サイトにて画像付きで初期設定方法を解説しているので、見ながらやれば誰でもできるようになっています。

Android端末は数分、iPhoneはプロファイルというものをインストールするだけなので一瞬でできますよ。
⇒ iPhoneのAPN設定方法(mineo公式)
⇒ AndroidのAPN設定方法(mineo公式)

mineoへの乗り換え完了!

これで手持ちのスマホ端末を使う場合においても、mineoへの乗り換え完了です。

5Stepあるんですが、1つ1つは簡単です。まとまってるから難しそうに感じるんですよね。1つずつこなしていくと、確実にmineoに乗り換えることができるので、mineoに乗り換えたいけどわからない…って方はぜひチャレンジしてみてくださいね。

mineoの公式サイトへ

mineo(マイネオ)の解約について


最後に、mineoの解約について紹介します。

mineoは簡単に解約できるのか?最低利用期間はどうなっているのか?mineoを諸事情で解約したい!もしくは契約する前に解約について知っておきたい!って方は読んでいってくださいね。

mineoの解約方法:

mineoの解約は、mineo公式サイトの「解約・他社へのMNP転出をご検討中のお客さまへ」というページから簡単に手続きできます
⇒ 解約・他社へのMNP転出をご検討中のお客さまへ(mineo公式)

当該ページに行くと以下の4択が表示されるのでどれかをクリックします。

そして、遷移したページの最下部にスクロールすると以下の4択が表示されるので、手続きしたい項目を選びます。

解約するなら上から2番目(赤枠)、MNP転出するなら上から3番目(青枠)です。

あとはeoIDでログインして指示に従って手続きを進めていくという流れです。

解約手続きしたらいつまで使える?

解約手続きした日にmineoは使えなくなります。(MNP転出する場合は、他社でのMNP転入手続きが完了した時点)

なお、解約月のmineoの月額基本料金は日割り計算されて請求となります。いつ解約手続きしても損はしないということですね。

SIMカードは返却する必要はある?

mineoのAプランとSプランの場合はSIMカードの返却は不要ですが、Dプランを解約するときはSIMカードを返却する必要があります

解約時に送られてくるメールに返送先の住所が記載されているので、Dプランの方は最後にSIMカードの返却を忘れないようにしましょう。

mineoの最低利用期間や違約金:

上で書いたようにmineoは簡単に解約できるんですが、最低利用期間はどうなっているのか?というと、ないんですよね。ゆえに違約金もありません

データSIMには最低利用期間はない、という格安SIMは多いんですが、mineoは通話SIMにも最低利用期間がないという珍しい格安SIMになります

1年以内のMNP転出手数料は高く設定されている

その代わり、1年以内のMNP転出手数料が高く設定されています。

■mineoのMNP転出手数料
・12ヶ月以内 → 11,500円
・13ヶ月以降 → 2,000円

MNP転出手数料の相場はだいたい2,000円~3,000円ほどなので、1年以内だとかなり高くなるんですよね。ようは、違約金が上乗せされているということです。

そのため、1年以内にmineoからMNP転出する場合は、違約金がないといっても、他社格安SIMを解約するときと同じぐらいの費用が発生することになります。

12ヶ月以内のMNP転出手数料「11,500円」が、MNP転出手数料「2,000円」とMNP転出時契約解除料「9,500円」に分かれました。なお、合計額に変更はなく、名前が変わっただけなので、かかる費用は今までと同じです。

mineoで購入した機種の残債について:

解約時に分割払いの残債が残っている場合は、そのまま分割払いで完済するまで支払いが続きます。解約するから残りは一括払い!とはならないのでご安心くださいね。

ちなみに、希望すれば残りを一括払いで支払うことも可能です。その際の連絡先は以下です。

■mineoサポートダイヤル
・TEL → 0120-977-384
・受付時間 → 9:00~21:00(年中無休)

mineo(マイネオ)の特徴まとめ


以上、人気の格安SIM「mineo」のメリット/デメリットなど特徴についてでした。格安SIM選びで悩んでるけど、特にこれといったこだわりがなければmineoを選んでおけば間違いありませんよ。

個人的にはデータシェアサービスがほんと便利だなと思いました。

mineoの公式サイトへ

格安SIMのおすすめはここ!徹底調査して本音で厳選 - 格安SIMライフ
格安SIMライフについて 格安SIMライフでは、とっつきにくい格安SIMの情報をできる限りわかりやすく解説しています。 毎月のケータ...