【実録レビュー】通信障害!どんなときもWiFiを10ヶ月使った結末


「人柱になるかも…」と冗談を書きながら、2019年5月に意気揚々とどんなときもWiFiを契約した管理人です。(当時の記事

2019年8月頃に、ちょこっと通信障害はあれど、個人的に許せる範囲で、また、当時は対応もよかったので、今までかなり愛用してたんですけどねー。

結論からいうと、『人柱になりました』

経緯、そして現状を書いていきます。

※怒り気味なのであしからず…。

2020年2月、どんなときもWiFiで通信障害が発生

まず、「ん?」となったのが2020年2月後半。

どんなときもWiFiで通信障害が起こったんですよね。どの程度の通信障害かは、クラウドSIMという性質上、人によって様々だと思います。

私の場合、2月末頃の昼間だけ、少し繋がりにくくなったという程度かな。なので、私はこの時点では大して問題視していませんでした。

補填は「解約の違約金免除」or「1ヶ月の料金無料」

そして、3月に入り補填内容が決定。

「解約の違約金免除」か「1ヶ月の料金無料」のどちらかを選べるというものでした。(このとき解約しておけばよかったとマジで思う。)

私は2月の通信障害の影響をさほど受けていませんでしたし、どんなときもWiFiからきたメールに『3月1日に完全復旧』との記載があったので、「1ヶ月の料金無料」のほうを選択したんですよね。

『通信障害なんてそうそう起きるもんじゃない』

こんなことを思っていた時期が私にもありましたよw

しかし、2度あることは3度あった。しかもソッコーです。

2020年3月、どんなときもWiFiで通信障害が発生

3月半ば以降、もうほんと繋がらない…!完全復旧とは何だったのか。

百歩譲って、繋がらないものはしょうがない。時期が時期ですしね。

ただ、3月の補填内容がひどすぎた。

補填は申請者のみ料金減額。しかも復旧の目途立たず

補填は、回線休止の申請者のみ料金減額。

そして4月1日復旧予定だけど、”間に合わないかもしれません”との文言あり。ようは復旧の目途が立ってないんですよね。

そもそも、必要だからどんなときもWiFiを契約しているわけで。

回線休止したら、他のポケットWiFiを契約するなり、他の契約を検討する必要がある方が多数派だと思うんですけどね。

我慢するにしてもいつまでなのだろうか…。”間に合わないかもしれません”と書かれていたら4月1日復旧するかわかったもんじゃありませんし。

でも、今回は解約違約金の免除なし。

ネットに繋がらないWiFiの機器なんてただの置物です。邪魔なだけ。いらないんですよ。

にもかかわらず解約違約金の免除はないので、送り返せない。ちなみに、私は契約して1年以内なので、違約金は『19,000円』。まさか、使えないWiFiに月3,480円払い続けるはめになるとは思わなかったです。

というか、今の状態で解約違約金とっていいものなのか…。

※案の定、SNSで炎上中。

なお、回線休止の申請は、今んとこまだしないつもり。理由は、”解約についてなにかアナウンスあればすぐ動けるように”です。

その後、2020年4月に復旧

どんなときもWiFiは、予定通り無事4月1日に復旧しました。

補填については変更があり、結局、回線休止の申請していなくても3月分の料金は返金されることに。なので、私も返金されます。

解約違約金については、4月以降も通信障害が継続していれば、免除されることになりましたよ。

ちなみに、解約違約金免除となる通信障害に該当する条件は以下。

・1週間で2回以上、30分以上連続で低速(384kbps以下)になる
・3時間以上の低速(384kbps以下)が一度でも発生する

ということで、不信感は拭い切れていませんが、今んとこ順調に使えてますし、そのままどんなときもWiFiを使い続けるしかないですね。

最低利用期間の2年経過するまであと1年ほどか…。

調べてみると、一部のユーザー(おそらくヘビーユーザー)は今回の騒動後、月の上限が25GBになった模様です。その代わり、25GB制限の対象になった方は、使い続けるなら更新月まで月額料金無料、解約するなら条件なしで違約金0円になっています。

※2020年10月末に、どんなときもWiFiの無制限プランが終了するとのことです。その際、違約金なしで解約できるので、私もついに解約することにします。

どんなときもWiFi公式サイトはこちら

現在、新規受付停止中です。代わりのWiFi

どんなときもWiFiを選んだ理由

どんなときもWiFiが無事到着。内容物を紹介

どんなときもWiFiの通信速度を計測してみた