格安SIM「IIJmio(みおふぉん)」の特徴を徹底解説!


毎月のスマホ料金をグッと安くできる…!ということで、今、利用者がどんどん増えているサービス、それが格安SIMです。

IIJmioライフでは、人気の格安SIM「IIJmio」の特徴を徹底解説しているので、格安SIMへの乗り換えを検討しているって方は、ぜひいろんな記事を読んでいっていただければと思います。

\開催中のキャンペーン情報はこちら/

IIJmioの概要

読み方は「アイアイジェイミオ」、通話SIMについては「みおふぉん」とも呼ばれています。

提供している会社は「IIJ(インターネットイニシアティブ)」という上場企業、格安SIMの先駆け的な存在で、まさに格安SIMの老舗中の老舗になるんですよね。

長年にわたって安定した通信品質を提供し続けているという実績から、最も信頼性の高い格安SIMといっても過言ではないのが、IIJmioです。

IIJの光サービスを利用中の方は特典あり

ちなみに、IIJは格安SIMだけでなく光回線サービスも提供しています。

そして、「mio割」という、光回線とのセット割があって、IIJひかりなどIIJの光回線サービスを利用している方は月額料金が割引されるんですよね。

どれくらい割引されるのか?というと、『月600円割引』です。

格安SIMの月額料金からみたら、けっこう大きな割引なので、IIJの光回線サービスを利用中の方で、格安SIMをお探しの方は、IIJmio一択…!というぐらいおすすめになります。

IIJmioはドコモ回線とau回線

IIJmioの回線については、ドコモ回線とau回線を利用しています。

なので、ドコモやauと同じ通話品質・通信エリアで利用することができますし、ドコモやauから乗り換える場合は、基本的に現在使ってるスマホをそのままIIJmioでも利用することができます。

念のため、事前に公式サイトにて対応端末はチェックしておいてくださいね。

2017年7月以前に販売されたauのVoLTE対応端末をそのままIIJmioで使う場合においてはSIMロック解除する必要があります。また、ソフトバンクのスマホについてはSIMロック解除したiPhoneならIIJmioで使えます。

IIJmioの基礎知識

IIJmioの料金プランや通話料、支払い方法といった基礎知識は、個別に解説しているので、気になる記事があればご覧いただければと思います。

■乗り換える方法
参考IIJmioに大手キャリア(ドコモ,au,ソフトバンク)からMNP転入する方法

■初期費用
参考IIJmioの初期費用を解説。初月は日割り?いくらになる?

■支払い方法
参考IIJmioの支払い方法を紹介。デビットカードや口座振替は使える?

■料金プラン
参考IIJmioの料金プランを解説。タイプA/Dの違いは?コミコミセットとは?

■通話料
参考IIJmioの通話料を解説。「みおふぉんダイヤル」や「かけ放題」の詳細は?

■最低利用期間
参考IIJmioの解約方法は?最低利用期間や解約違約金はどんな感じ?

IIJmioのデメリット

IIJmioはみんなにおすすめ!と言いたいところですが、そうではありません。

大手キャリアよりグッとスマホ代が安くなる分、デメリットが存在するんですよね。

言い換えると、デメリットを許容できる方ならIIJmioがおすすめ!ということです。

以下、IIJmioのデメリットをまとめて紹介していきますので、安くなるスマホ代とデメリットを天秤にかけて、契約するかどうか判断してくださいね。(個人的には節約できるスマホ料金を考えると余裕で許容できる範囲内ですが、人によっては不都合に感じるかもです。)

キャリアメールが使えない

IIJmioに乗り換えたら、当然ながら「~@docomo.ne.jp」「~@ezweb.ne.jp」「~@softbank.ne.jp」といったキャリアメールが使えなくなります。

メッセージのやり取りはLINEがあれば大丈夫…!って方なら特に影響ないんですが、IIJmioでメール機能を使いたい場合は、「Gmail」や「Yahoo!メール」などのフリーメールか、IIJmioが提供しているメールサービス(有料:月300円)を利用することになります。

LINEのID検索が使えなくなる

LINEアプリの便利な機能の1つ「ID検索」、この機能を利用できるようにするには、LINEアプリで年齢認証をしないといけないんですよね。

しかし、IIJmioではLINEの年齢認証ができないので、ID検索ができなくなります。(IIJmioに限らず、基本的に格安SIMではLINEの年齢認証ができません。)

すでにLINEアプリの年齢認証済みの端末をIIJmioで使う場合は、そのままID検索が利用できます。IIJmioでLINEのID検索ができなくなるのでは、新規アカウント作成やアカウント引き継ぎなど、IIJmio契約後に年齢認証が求められたとき以降です。

ちなみに、代替の機能は?というと、「ふるふる」や「QRコード」などがあります。

混雑時に通信速度が遅くなる

混雑時、特に平日の昼時は通信速度が大幅に遅くなります。

というのは、IIJmioはじめ格安SIMは大手キャリアから必要な分だけ回線を借りてサービスを提供しているので、回線が混雑したときの影響を受けやすいんですよね。(IIJmioは格安SIMの中では速く、そして安定しているほうです。)

どれだけ通信速度が低下するのか?というと、こればっかりは場所や個々人の体感によるので一概に言えませんが、動画など多くのデータ容量を消費するコンテンツの閲覧は、昼時には避けたほうがストレスフリーで使えることは間違いないです。

もちろん、回線が混雑している時間帯以外は、大手キャリアと同じように快適にネットが使えるのでご安心くださいね。

実店舗が少ない

何かあったら、お近くの店舗へ!とはいかないのが格安SIMです。

IIJmioは、ヨドバシカメラやビックカメラなど多くの家電量販店で店舗契約できるので、格安SIMの中では店舗数が多いほうなんですが、大手キャリアに比べるとまだまだ少ないんですよね。

また、店舗があるとっても、スマホ端末の故障などには対応していません。ようは、何かあったら対面ではなく、基本的に電話やネットから相談/手続きする必要があるということです。

大手キャリア契約中、ほとんど店舗に行っていないって方なら特に影響はないかと思いますが、頻繁に大手キャリアの店舗へ行っている方は、慣れるまで少し苦労するかもしれません。

\開催中のキャンペーン情報はこちら/