【PHP】ワードプレスで特定のページにのみ表示する


ワードプレスで特定のページにのみ表示する方法メモです。

“条件分岐処理”というものですね。

ワードプレスで特定のページにのみ表示する

トップページ:is_front_page()

微妙に挙動が違うけど「is_home()」でもok。

2ページ目以降に表示させたくない場合は、「!is_paged()」とあわせて記載する。

<?php if (is_front_page() ): ?>
ここに記載のものがトップページに表示される
<?php endif; ?>


関連【PHP】論理演算子( || , && , ! )の使い方

投稿ページ:is_single()

<?php if (is_single() ): ?>
ここに記載のものが投稿ページに表示される
<?php endif; ?>

特定のページにのみ表示する

特定のページにのみ表示させたい…!ってときはページIDを記載します。

<?php if (is_single(1) ): ?>
ここに記載のものが投稿ページ(ID:1)に表示される
<?php endif; ?>

複数の特定のページにのみ表示する

表示させたいものが複数の特定のページにあるってときは、以下のように記載します。

<?php if (is_single(array( 1,2,3,4 )) ): ?>
ここに記載のものが投稿ページ(ID:1,2,3,4)に表示される
<?php endif; ?>


なお、複数の固定ページや複数のカテゴリページ、複数のタグページ…といったように、投稿ページじゃない場合は、「is_single」を該当のものに変更すればokです。

固定ページ:is_page()

<?php if (is_page() ): ?>
ここに記載のものが固定ページに表示される
<?php endif; ?>

カテゴリページ:is_category()

<?php if (is_category() ): ?>
ここに記載のものがカテゴリページに表示される
<?php endif; ?>

in_category()について

「is_category()」と似たようなタグに、「in_category()」っていうものがあります。

特定のカテゴリに該当する記事にも表示させることができるので、便利。

<?php if (in_category(1) ): ?>
ここに記載のものがカテゴリページ(ID:1)とカテゴリページ(ID:1)に含まれる投稿ページにも表示される
<?php endif; ?>

タグページ:is_tag()

<?php if (is_tag() ): ?>
ここに記載のものがタグページに表示される
<?php endif; ?>

アーカイブページ:is_archive()

<?php if (is_archive() ): ?>
ここに記載のものがアーカイブページに表示される
<?php endif; ?>

検索結果ページ:is_search()

<?php if (is_search() ): ?>
ここに記載のものが検索結果ページに表示される
<?php endif; ?>

404ページ:is_404()

<?php if (is_404() ): ?>
ここに記載のものが404ページに表示される
<?php endif; ?>