BIGLOBEモバイルのシェアSIMとは?複数回線契約する3つの方法も紹介

この記事では、BIGLOBEモバイルのデータシェアサービス『シェアSIM』についてわかりやすく解説していきます。家族で利用予定など、BIGLOBEモバイルでデータ容量をシェアしたい!って方はぜひ読んでいってくださいね。

また、BIGLOBEモバイルを複数回線契約する3つの方法も紹介しているので、契約回線を増やそうかな…と検討中の方の参考にもなればと思います。

シェアSIMの詳細
複数回線契約する3つの方法
(クリック or タップで該当の項目へ移動します。)

BIGLOBEモバイルのデータシェアサービスの詳細

BIGLOBEモバイルのデータシェアは、1つの契約にSIMを追加してみんなで分け合うというものです。

そして、追加するSIMは『シェアSIM』と呼ばれています。例えば、3人でデータシェアサービスを利用するときは以下のようになります。

・主SIM(6GB) ×1
・シェアSIM ×2

主SIMが契約しているデータ容量(上記なら6GB)を、シェアSIMの2人も共有して使えるようになるということです。

BIGLOBEモバイルのデータシェアサービスの料金

主SIMの料金は、そのまんまBIGLOBEモバイルのプラン料金です。

シェアSIMが追加できるのは3GB以上のプランなので、BIGLOBEモバイルの3GB以上の料金を紹介しますと以下です。

データ容量 月額料金
データSIM
(SMS無)
データSIM
(SMS有)
通話SIM
3GB 900円 1,020円 1,600円
6GB 1,450円 1,570円 2,150円
12GB 2,700円 2,820円 3,400円
20GB 4,500円 4,620円 5,200円
30GB 6,750円 6,870円 7,450円

関連BIGLOBEモバイルの料金プランを解説。タイプDとタイプAの違いは?

ちなみに、BIGLOBEモバイルにはドコモ回線とau回線がありますが、回線が違ってもシェアSIMは問題なく追加できます。主SIMがドコモ回線、シェアSIMはau回線といった異なる回線でもOK、逆もまた然りです。

BIGLOBEモバイルのシェアSIMの料金

シェアSIMを追加する際の初期費用は、1枚につき『3,394円』になります。これは普通にBIGLOBEモバイルを契約するときと同じです。

関連BIGLOBEモバイルの初期費用は?締め日や引き落とし日はいつなの?

月額料金は?というと、以下です。

・データSIM(SMS無) → 月200円/枚
・データSIM(SMS有) → 月320円/枚
・通話SIM → 月900円/枚

上記の料金が、追加したシェアSIMの枚数に応じて、BIGLOBEモバイルのプラン料金(主SIMの料金)に追加されることになります。

BIGLOBEモバイルのシェアSIMの申し込み方法

シェアSIMの申し込み方法は2パターンあります。

主SIMを契約する際に一緒に申し込む

BIGLOBEモバイルを新規申し込み(主SIMの申し込み)する際、同時にシェアSIMの申し込みができます。

但し、この方法でシェアSIMが追加できるのは、シェアSIMの名義がBIGLOBEモバイルを契約する方(主SIM)の名義と同じ場合に限ります

BIGLOBEモバイル公式サイトはこちら

マイページから申し込む

主SIMと違う名義でシェアSIMを追加したい!って方は、BIGLOBEモバイルのマイページ(モバイル契約情報ページ)から申し込むことになります。もちろん同じ名義でも可ですよ。

BIGLOBEモバイルを複数回線契約する3つの方法

続いて、BIGLOBEモバイルを複数回線契約する方法についてです。

BIGLOBEモバイルを複数回線契約したい!ってとき、上で紹介したシェアSIM以外にも2つ、つまり合計3つの方法があるんですよね。

まとめると以下です。

・普通に個別に契約する
・家族会員としてシェアSIMを利用する
・家族会員として個別に契約する

それぞれの方法で共通して言えることは、名義を統一する必要はないということです。(シェアSIMの場合はマイページから申し込む場合のみ。)

個別に契約する際は、どこの格安SIMでも別名義で契約できるんですが、「家族会員として」といったように、主たる契約にくっつけて回線を追加する場合は、大概は名義が主たる契約者の名義と同じになるんですよね。

しかし、BIGLOBEモバイルは、主たる契約にくっつけて回線を追加する場合においても別名義でもOKという特徴を持った格安SIMになります。

MNP転入する際に、名義を主たる契約者の方に変更する必要はなく、自分名義でシェアSIMにMNP転入できるということです。

では、複数回線契約する3つの方法それぞれのメリット/デメリットを紹介していきますね。どの方法で複数回線契約するか悩んでいる方は参考にしていただければと思います。

普通にBIGLOBEモバイルを個別に契約する

これはそのまんま、改めてBIGLOBEモバイルへ普通に申し込むだけです。

BIGLOBEモバイル公式サイトはこちら

普通に個別に契約するメリット

家族会員として追加する場合、主たる契約者と名義を同じにする必要があるなら、普通に個別に契約する際のメリットはいろいろあります。

しかし、BIGLOBEモバイルは別名義でも同一名義でも家族会員として追加できるので、普通に個別に契約するメリットは特にこれといってありません。

強いてメリットを挙げるとすれば、家族会員は支払いが主たる契約者にまとめられるので、”普通に個別に契約すると支払い方法を主回線と別にできる”というぐらいです。

普通に個別に契約する際の注意点/デメリット

注意点は公式サイトに詳細情報の記載がないことです。

※記載がないのは、BIGLOBEモバイルで複数回線契約するなら、家族会員として追加したほうがお得だからだと思います。

そのため、現在、同一名義や同一住所などで何回線、個別に契約できるかわかりません。

古い情報を調べてみると、5回線まで契約できるみたいなんですが、公式サイトに詳細情報の記載がない以上、いつの間にか変更されている場合もあるのでご注意ください。

家族会員としてシェアSIMを利用する

シェアSIMは、主たる契約者(主SIM)に対して最大4枚追加できます。

家族会員としてシェアSIMを利用するメリット

データ容量をシェアできる

シェアSIMの項目で紹介したとおり、シェアSIMを追加すると、主SIMのデータ容量を共有して消費できるようになります。

個別に契約するより安く複数回線利用できる

シェアSIMを追加することで、1枚あたりのデータ容量は少なくなりますが、その分、個別に契約するより安い月額料金で複数のSIMカードを利用できます。

未成年名義で通話SIMを利用できる

BIGLOBEモバイルの通話SIMを契約できるのは成人の方ですが、シェアSIMなら未成年の方(6歳以上)でも、未成年の方名義で通話SIMを利用することができます。

家族会員としてシェアSIMを利用する際の注意点

契約関連の手続きはできない

シェアSIMの方は、解約からプラン変更まで契約関連の手続きを自分ですることができません。手続きできるのは主SIMの方のみです。

個別にBIGLOBEモバイルを契約できない

シェアSIMの方は、解約しない限り個別にBIGLOBEモバイルを契約することができません。またシェアSIMを独立させて主SIMにすることもできません。

シェアSIMが追加できないケースがある

1つだけあります。それは、通話SIMのシェアSIMは、主SIMが通話SIMじゃないと追加できないというものです。

シェアSIMでも通話SIMには最低利用期間がある

シェアSIMといっても、通話SIMには個別にBIGLOBEモバイルを契約するのと同じように最低利用期間が生じます。

・最低利用期間 → 12ヶ月
・契約解除料 → 1,000円

家族会員として個別に契約する

この方法だとデータシェアはできませんが、家族会員の方でも普通に個別に契約するのと同じように、契約関連において特に制限なくBIGLOBEモバイルを利用することができます。

追加できる最大枚数については、シェアSIMと同じく4枚です。

なお、家族会員として個別に契約する際は、BIGLOBEモバイルに申し込む前にしないといけないことがでてきます。

家族会員として個別に契約する流れ

【1】家族会員を追加
まず、すでにBIGLOBEモバイルを利用している主たる契約者の方が『家族会員サービスページ』にて、家族会員を追加します。

【2】制限を解除
このままだと、家族会員の方は、BIGLOBEモバイルに申し込めませんので、続いて主たる契約者の方は『家族会員の設定』にて、「モバイルオプション申込制限」の項目にある「BIGLOBEモバイル」を解除します。

【3】BIGLOBEモバイルへ申し込む
これで家族会員の方がBIGLOBEモバイルへ申し込むことができるようになったので、公式サイトから申し込む際に、家族会員の方のBIGLOBE IDでログインして申し込みを進めていけば、家族会員として個別に契約できます。

BIGLOBEモバイル公式サイトはこちら

家族会員として個別に契約するメリット

普通に個別に契約するより安く複数回線利用できる

個別に契約するということは、1回線につきBIGLOBEモバイルのプラン料金がそのままかかってくるということなんですが、家族会員として個別に契約した際は、1回線につきプラン料金が200円割引になります。

主たる契約者になれる

「支払い方法を別にしたい…」など、自分か主たる契約者になりたい!ってときは、手数料300円を払えば、家族会員から独立することも可能です。

家族会員として個別に契約する際の注意点

上で紹介したように、BIGLOBEモバイルに申し込む前にやることがあるというぐらいで、デメリットは特になしです。

まとめ

以上、シェアSIMの詳細とBIGLOBEモバイルを複数回線契約する3つの方法についてでした。

BIGLOBEモバイル公式サイトはこちら

BIGLOBEモバイルを複数回線契約する際にお得なのは、「家族会員としてシェアSIMを利用する」か「家族会員として個別に契約する」かのどっちかです。自分の用途/利用スタイルに合った方法で回線を追加してくださいね。