LINEモバイルは海外で使える!国際電話と国際ローミングを解説


LINEモバイルはじめ格安SIMは「国際電話」と「国際ローミング」というオプションをつければ、日本から海外に電話できるように、海外にいるときも通話やSMSが利用できるようになります。

この記事では、LINEモバイルの国際電話と国際ローミングについてわかりやすく解説していきますね。

LINEモバイルの「国際電話」と「国際ローミング」の詳細

基本料金:

LINEモバイルの国際電話と国際ローミングのオプションは、両方とも『無料』でつけれます。つまり、かかる料金は利用料だけなので、使わなければ料金は発生しなくて、使ったら使った分だけ料金がかかるということです。

それぞれのオプションで何ができる?

それぞれのオプションをつけると、できるようになることは以下です。

[国際電話]
→ 日本から海外への通話が可能に。

[国際ローミング]
→ 海外にいるときに通話とSMSが可能に。

ちなみに、日本から海外へのSMS送信は上記のオプションをつけずとも可能です。

国際電話と国際ローミングの申し込み方法:

国際電話と国際ローミングの申し込み方法については、LINEモバイルを新規契約するときに一緒に申し込むか、あとからマイページの「プラン・オプション」から申し込むか、になります。簡単につけることができるんですよね。

LINEモバイルの国際電話について知っておきたいこと

続いて、LINEモバイルの国際電話について知っておきたいことの紹介です。

通話料が高い

電話する海外にもよりますが、国内通話より圧倒的に通話料が高いんですよね。国内通話の感覚で電話してると、思っている以上の多額の請求がきたりします。

なので、LINEモバイルの国際電話には、ひと月に『20,000円まで』という利用限度額が設定されています。そして、利用限度額に達すると、月が替わるまで国際電話が利用できなくなります。

なお、国際電話の通話料が高いといっても、あくまで国内通話に対してであって、LINEモバイルだから高いというわけではないので、ご安心くださいね。国際電話の通話料はドコモと同じです。
→ 国際電話の通話料(ドコモ公式)

「いつでも電話」は国際電話には使えない

「いつでも電話」とは、LINEモバイルの通話料を半額にできるLINEモバイルユーザー専用の通話アプリなんですが、半額にできるのはあくまで国内通話のみです。国際電話の通話料は半額にはできません。

LINEモバイルの国際ローミングについて知っておきたいこと

基本的には、上で紹介した国際電話について知っておきたいことと同じです。

「通話料が高い」ゆえに「限度額がある」そして「いつでも電話は使えない」です。海外での通話料やSMS送信料もドコモに準拠してきます。
→ 国別の通話料やSMS送信料(ドコモ公式)

利用限度額については国際ローミングのほうが高く設定されていて、ひと月に『50,000円』までとなっています。海外でのSMS送信料もこれに含まれます。

国際ローミングを利用しても海外でネットはできない

LINEモバイルの国際ローミングを利用しても海外でネットはできません。

もし、LINEモバイル利用中の方が海外でネットを使いたい場合は、日本で渡航先でも使えるプリペイドSIMを購入していくか、現地でSIMを購入する、もしくは現地のWi-Fiが繋がる場所に行くかになります。

その際、LINEモバイルのカウントフリーは適用されないのでご注意くださいね。LINEアプリはじめ主要SNSがカウントフリーになるのは、国内でLINEモバイルのSIMカードを使ってネットしたときのみです。

まとめ

以上、LINEモバイルの国際電話と国際ローミングについてでした。

LINEモバイルで海外に電話したり、渡航先で使いたい!って方の参考になればと思います。

▼LINEモバイル公式サイト
LINEモバイル